クーリングオフ・解約続出!あくび電気の評判・口コミと料金、デメリット!

この記事では『あくび電気』の評判・口コミ、料金プラン、シミュレーション比較、解約違約金などの費用などをまとめています。

調べた結果、あくび電気はおすすめしません。

評判も悪かったり、契約手数料や違約金などデメリットが多く、電気代もお得ではありません。

他の電力会社の方が安心して電気代を安くできます。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

あくび電気をおすすめしない4つの理由とデメリット

あくび電気はまったくおすすめしません。

料金のシミュレーション、初期費用や解約金、評判・口コミなど調べた結果、メリットを見出せませんでした。

デメリットは以下の4つ。

1.評判が悪すぎる
2.他の電力の方が安い
3.申し込み手数料・違約金がかかる
4.更新月が24ヵ月目のみの2年契約の縛り

この後も詳しく見ていきますが、安くておすすめの電力を知りたい方やたくさんの電力と一括シミュレーション比較をしたい方は以下のボタンをタップ/クリックしてください。

サル君
サル君
じゃ詳しく見ていくよ

クーリングオフ続出!あくび電気の評判・口コミ

あくび電気は、利用者の不満やトラブルの口コミ、注意喚起の口コミが多いです。

まったくと言っていいほどポジティブな口コミが見つかりませんでした。

あまりにも評判が悪いので、勧誘や営業を受けた人はクーリングオフなどで申し込みをキャンセルする人が多数います。

請求トラブルもある

あくび電気の都合で支払いが2回になるのなら混乱のないように契約者に連絡するべきですね。

解約を希望する場合、解約金を支払ってでも早めに解約することをおすすめします。

再度トラブルが発生するかもしれませんし、他の電力の方が安く、キャンペーンでギフト券やキャッシュバックでお得に契約できる可能性もあります。

勧誘・営業について

申し込みをしていないのに契約になっていたという口コミは他にもありました。

実際にあくび電気の営業は問題視され、業務停止命令も受けています。

供給地点特定番号や検針票を見せてほしいと言われたら注意しましょう。

その他

その他にも不満や怒りの口コミが多数ありました。

業務停止命令勧告の理由

あくび電気は2019年4月に消費者庁から業務停止命令を勧告されています。

日経新聞の記事を要約すると、理由は詳しい説明もせずに「毎月の電気料金が5%安くなる」などと言い、実際は電気使用量が300kWhを超える部分しか安くならないこと。

※日経新聞では、プランAのことを指していますが、プランBだと料金単価は全段階で少し安くなっています。

また、勧誘中に大手の名称を何度も使うことで関連会社とも思わせていた点も問題視されています。

紹介した口コミの中にも『会社名を名乗らない』『自分の使用量だと料金が変わらないことが後から分かった』とありましたね。

申し込み前に評判・口コミを確認しておくことでトラブルを防げることもあります。

各地の消費生活センターには2017年~2018年度で1022件の相談が寄せられていたようです。

できるだけ利用者の口コミが良い電力をおすすめします。

(参考記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44297510W9A420C1CR8000/)


絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

あくび電気の料金プランとシミュレーション比較

あくび電気にはプランAとプランBの2つがあります。

プランAは従量料金の3段階目以外は大手電力会社と同じ単価になっています。

プランBは基本料金は大手電力会社と同じで、従量料金が少しやすくなっています。

以下は東京電力エリアの料金の例です。

≪東京電力エリアの料金の例≫

 東京電力あくび電気
プランA
あくび電気
プランB
30A842.40円842.40円
40A1123.20円1123.20円
50A1,4304円1,4304円
60A1,684.80円1,684.80円
0~120kWh19.52円19.52円18.54円
120~300kWh26.00円26.00円24.70円
300kWh~30.02円28.52円28.52円

料金比較をする前にあくび電気を申し込んだ場合に電気料金以外に発生する費用をご覧ください。

申し込み手数料と解約違約金など

あくび電気では申し込みや解約、明細も費用がかかるので、結果的にあまり安くなりません。

初期費用

申し込み時の事務手数料3,000円、契約手数料800円の合計3,800円(税別)

違約金

プランA・B共通で解約違約金は以下のように定められています。
24ヵ月目の更新月以外のでも解約は違約金6,000円(税別)が発生。
24ヵ月目に解約の申し出がなかった場合、自動更新になるので注意してください。

明細、請求書など

Web明細使用料が月額250円(税別)
※必ず全員発生します。

以下は希望者のみ有料で対応してくれます。

・検針票の発行を希望する場合、毎月200円(税別)
・請求書を希望する場合、1回につき400円(税別)
・コンビニ払いを希望する場合、1回につき400円(税別)

ほとんどの電力会社が初期費用、Web明細を0円利用できる中、あくび電気は費用が発生します。

さらに、解約金も2,000円が相場ですが、あくび電気は6,000円と高めです。

電気代のシミュレーション比較(プランB)

プランAは大手電力とほとんど変わらないので、今回はプランBのみシミュレーションをしました。

結論をいうと、毎月のWeb明細料金250円を考慮すると使用量が少ない一人暮らしは切り替えると損する可能性が高いです。

また、北海道エリアを除くエリアでは、3~4人家族の平均の電気使用量でも大手電力よりも月に200円~300円ほどしか安くなりません。

安い電力会社だと3~4人家族平均なら毎月1,000円~1,500円も節約できるので、あくび電気はお得とは言えません。

申し込み手数料も考慮するとさらにお得ではなくなります。

≪比較条件≫
▶1人暮らし少なめ 100kWh (仕事で朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし平均  240kWh
▶2人暮らし平均  350kWh
▶3人~4人世帯平均 450kwh

電気使用量北海道電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
3,358円3,240円118円/月
1,416円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
7,395円7,075円320円/月
3,840円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
10,920円10,423円497円/月
5,964円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
14,952円13,928円1,024円/月
12,288円/年

電気使用量東北電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,796円2,705円91円/月
1,092円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,145円5,887円258円/月
3,096円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,074円8,670円404円/月
4,848円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,273円11,725円548円/月
6,576円/年

電気使用量東京電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,794円2,696円96円/月
1176円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,304円6,031円273円/月
3,276円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,365円8,939円429円/月
5,148円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,648円12,072円576円/月
6,912円/年

電気使用量中部電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,910円2,807円103円/月
1,236円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,333円6,060円273円/月
3,276円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,236円8,813円423円/月
5,076円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,414円11,756円658円/月
7,896円/年

電気使用量北陸電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,464円2,376円88円/月
1,056円/円
1人暮らし
平均
30A
240kWh
5,374円5,140円234円/月
2,808円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
7,805円7,449円356円/月
4,272円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
10,345円9,874円471円/月
5,652円/年

電気使用量関西電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,030円1,945円85円/月
1,020円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,469円5,211円258円/月
3,096円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,426円8,021円405円/月
4,860円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,302円10,753円549円/月
6,588円/年

電気使用量四国電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,183円2,094円89円/月
1,068円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,763円5,496円267円/月
3,204円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,851円8,429円422円/月
5,064円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,846円11,274円572円/月
6,864円/年

電気使用量九州電力あくび電気差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,593円2,502円91円/月
1,092円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
5,660円5,406円254円/月
3,048円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
8,303円7,909円394円/月
4,728円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
11,157円10,631円526円/月
6,312円/年

あくび電気よりおすすめの新電力

私のおすすめは『Looopでんき』か『あしたでんき』です。

どちらも申込手数料・解約金、Web明細の費用などは無料になっています。

また、基本料金0円、一律単価なのでシンプルで分かりやすいプランであることも人気の理由。

『Looopでんき』はあしたでんきより0.4円ほど単価が高いですが、あしたでんきが登場する前からユーザー満足度が高く、信頼されている電力です。

Amazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができたり、関東圏ならガスとのセット割であしたでんきとまったく同じ料金になるなどの特典もあります。

『あしたでんき』の方が単価が若干安いですが、特典が一切ないこととLooopでんきより対応エリアが狭いことがデメリット。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

あくび電気は大手電力と比較しても大幅に安くはなりません。

また、申込手数料やweb明細使用料、解約金を含めると結果的に損する可能性も十分にあります。

業務停止勧告を受けるほどサービスや評判も悪いので、おすすめしません。

もっと安くなって口コミが良く、満足できる電力会社と契約しましょう。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

超優秀電力!Looopでんき

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くできます!

お試しでLooopでんきに切り替えるのも全然ありです!

電気料金のシミュレーション、申し込みは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*