あしたでんきと関西電力を料金比較!電気代が1番安いとの口コミが続出!

この記事は、あしたでんきと関西電力の比較しているページです。

料金プランや使用量ごとのシミュレーション比較、あしたでんきに切り替えた人の口コミや評判、申し込みと解約手続き方法、切り替え時の注意点などなど。

結論、関西電力よりあしたでんきの方が圧倒的に安いです。早めに申し込みして切り替えた方が損しません。

電気使用量が多い家庭ほど大幅に固定費削減、節約になります。

しかし、極端に少ない家庭でなければ、一人暮らしでもあしたでんきの方が安くなります。

まだ検討中の方は、あしたでんきへの切り替えを強くお勧めします。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




とにかく安い!期間限定キャンペーン中!
『あしたでんき』


親会社は東京電力で解約金も0円!トップクラスの安さがウリです!

あしたでんきにはポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、たくさんのサービスがあるからといって電気代が安いとは限りません。

ポイントを貯めたりやセット割で割引されるより、特典なしで安い『あしたでんき』の方がトータルで安くなります。

電気を多く使う冬季シーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

関電からあしたでんきに切り替えた人の口コミ・評判

関西電力エリアでのあしたでんきの評判はかなり良いので安心して申し込みできます。

シミュレーションしてもあしたでんきが1番安くなる家庭も多ようです。

最安料金になる

1番多い口コミは安さに関すること。

あしたでんきの最大のメリットで、ユーザー支持を得ている理由でしょう。

たっぷりプランも安い

解約金無料もメリット

あしたでんきはいつ解約しても費用はかかりません。

新しく参入する電力会社もあるので、いつ解約しても違約金が無料であることは大きなメリットです。

また縛りがないと気軽に申し込みできるのでいいですね。

キャンペーンで申し込みもお得

あしたでんきでは期間限定で申し込みキャンペーンを実施しています。

金額は2,000円~3,000円で高額キャッシュバックではありませんが、少しでもお得にした人にはメリットでしょう。

支払い方法がクレジットカードのみがデメリット

あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみです。

多くはないですが、カード払いに不安がある人やカードが持てない人にとってはデメリットかもしれません。

あしたでんきと関西電力の最低月額料金・従量料金を比較

あしたでんきには2種類の料金プランがあります。

標準プラン
⇒666kWh以下の家庭におすすめ

たっぷりプラン
⇒667kWh以上の家庭はお得になる

プランの変更は無料で、月1やシーズンごとに変えることもできます。

標準プランは基本料金無料で、たっぷりプランは基本料金が3,000円かかる代わりに単価が安くなっています。

かなり多くの電力を使う家庭でない限り、『標準プラン』がおすすめです。

以下は関西電力とあしたでんきの料金表です。

 関西電力あしたでんき
標準プラン
あしたでんき
たっぷりプラン
最低料金334.82円0円3,000円
従量料金19.95円
(15~120kWh)
21.5円17円
25.33円
(120~300kWh)
28.76円
(300kWh~)

シンプルで分かりやすい料金体となっています。

では家庭ごとの電気使用量でシミュレーションをしてみましょう。

あしたでんきと関西電力のシミュレーション比較

2018年に関西電力は値下げをしていますが、あしたでんきの方が安くなる家庭がほとんどです。

ただし、一人暮らしでも残業が多くてほとんど家にいないような方だと高くなってしまう可能性があります。

比較したプラン
▶関西電力『従量電灯A』
▶あしたでんき
『標準プラン』、『たっぷりプラン』

比較条件
▶1人暮らし かなり少なめ 100kWh (ほとんど家にいない人)
▶1人暮らし 少なめ 180kWh
▶1人暮らし 平均  240kWh
▶2人暮らし 平均  350kWh
▶3人~4人世帯 平均 450kWh
▶5人世帯 平均 530kWh
▶6人世帯 平均 650kWh

 関西電力あしたでんき
標準プラン
差額
1人
少なめ
100kWh
2,030円2,150円
120円/月
1,440円/年
1人
やや少なめ
180kWh
3,949円3,870円79円/月
948円/年
1人
平均
240kWh
5,469円5,160円309円/月
3,708円/年
2人
平均
350kWh
8,426円7,525円901円/月
10,812円/年
3人~4人
平均
450kWh
11,302円9,675円1,627円/月
19,524円/年
5人
平均
530kWh
13,603円 11,395円2,208円/月
26,496円/年
6 人
平均
650kWh
17,054円13,975円3,079円/月
36,948円/年
7人以上
750kWh
19,930円15,750円
(たっぷりプラン)
4,180円/月
50,160円/年

電気使用量がかなり少ない家庭だとあしたでんきでは割高になる可能性もありますが、2人世帯の平均の電気使用量以上の家庭では圧倒的にあしたでんきが安くなります。

3~4人家族平均だと1ヵ月で1,600円、年間2万円も大幅な節約になります。

他の新電力と比較してもあしたでんきはトップクラスの安さです。


とにかく安い!期間限定キャンペーン中!
『あしたでんき』


親会社は東京電力で解約金も0円!トップクラスの安さがウリです!

あしたでんきにはポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、たくさんのサービスがあるからといって電気代が安いとは限りません。

ポイントを貯めたりやセット割で割引されるより、特典なしで安い『あしたでんき』の方がトータルで安くなります。

電気を多く使う冬季シーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

あしたでんきは関電「なっトクパック」のセット割より安い

「なっトクパック」とは、関西電力の電気プラン「なっトクでんき」と関西電力のガスプラン「なっトクプラン」を組み合わせたパックプランで電気料金が割引されています。

あしたでんきは元の料金がかなり安いので、セット割がある電力よりも安くなるケースが多いです。

「なっトクパック」と比較しても断然あしたでんきが安くなりました。

電気使用量関西電力
なっトクパック
あしたでんき
1人
少なめ
100kWh
1,974円2,150円
1人
やや少なめ
180kWh
3,793円3,870円
1人
平均
240kWh
5,212円5,160円
2人
平均
350kWh
7,996円7,525円
3人~4人
平均
450kWh
10,725円9,675円
5人世帯
平均530kWh
12,909円11,395円
6人世帯
平均650kWh
16,183円13,975円
7人以上
750kWh
18,912円15,750円
(たっぷりプラン)

あしたでんきに乗り換えた場合のデメリットと関西電力との違い

支払い方法が1通りになる

支払い方法はクレジットカード払いのみです。

関西電力にはクレジットカード払いの他にも口座振替や振込用紙があったので、支払い方法を選びたい人にとってはデメリットですね。

ちなみに、他の新電力によっては口座振替も可能だったりしますが、振込用紙での支払いができるとこはあまりありません。

料金明細の確認はWEBかアプリのみ

検針票や領収書、明細の発行はなく、有料でやってくれるサービスもないので、人によってはデメリットかもしれません。

webのマイページかスマホのアプリで請求や電気使用量などを確認する必要があります。

不満の口コミもないので、デメリットというほどではないかもしれません。

ポイントサービスがない

関西電力には電気・ガスの利用で貯まる「はぴeポイント」というものがあり、電気・ガス料金の支払いや商品、他のポイントに交換することができます。

一方、あしたでんきにはセット割や毎月ポイントが貯まるようなサービスがありません。

オール電化向けのプランがない

関西電力の方がプランは豊富で、オール電化向けのプランなどもあります。

あしたでんきにはオール電化向けプランはないので、オール電化の家庭は関西電力で契約中のプランを継続をおすすめします。

あしたでんき申し込み方法と関西電力の解約手続き

関西電力からあしたでんきに切り替える時の大なかなステップは3つです。

1.あしたでんき申し込み
2.スマートメーターの設置
3.供給開始

関西電力の解約違約金は0円

関西電力の解約時の違約金はありません。

あしたでんきに切り替える際は初期費用もないので、関西電力の解約から利用まで無料です。

あしたでんきに申し込みをすれば、あしたでんきが関電の解約手続きをしてくれます。

あしたでんきの申し込み手続き

検針票とクレジットカードを用意して、あしたでんき公式サイトで以下の情報を入力します。
(⇒あしたでんき公式サイト)

▶お客様番号
▶供給地点特定番号(22桁の番号)
▶クレジットカード(支払い登録のため)

マンションやアパートなど集合住宅の申し込みについて

建物単位で一括管理しているマンションなど集合住宅の場合は、個別に電力の契約することはできません。

住んでいる建物がどちらか分からない場合は不動産屋さんなど管理会社に確認しましょう。

引っ越しと同時の申し込みについて

引っ越し先が「新築」だとあしたでんきは申し込みでんきません。

最初に従来電力や新築の申し込みに対応している電力会社との契約をしてから、あしたでんきに切り替えましょう。

スマートメーターの設置工事

スマートメーターは電力使用量が遠隔でもわかる高機能の通信機能を持ったメーターです。

基本的には、スマートメーターの設置工事は立ち合は不要で、費用もかかりません。

停電になることもありませんが、まれに20分ほどの停電工事になったり、立ち合いをお願いされることもあります。

まとめ

極端に使う電気が少ない家庭でなければ、あしたでんきをおすすめします。

解約金0円でキャンペーンも実施してくれて、ここまで安くなる電力会社も他にはないと思います。

ぜひ検討してみてください。

No.1の安さでおすすめ!『あしたでんき』

『あしたでんき』は評判・口コミを見ても、料金比較をしてもデメリットが見つからない超おすすめの新電力です!

3~4人家族なら関東エリアで平均で1,000円以上、関西エリアなら1,500円以上も安くできます。

電気使用量が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

★トップクラスの安さ
▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし

2019年9月30日まで期間限定で2,000円分のAmazonギフト券プレゼントキャンペーン実施中!

電気料金のシミュレーション、申し込みは以下の公式窓口からどうぞ。


あしたでんき公式サイト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*