あしたでんきは一人暮らしだって安い!高くなる可能性があるのはこんな人です

『あしたでんき』は一人暮らしの方にもおすすめの電力会社です。

安くて、30Aでも60Aでも基本料金0円、解約金もない。

電気使用量が多い家族にとっては、大幅は節約になるのは事実ですが、個人的には一人暮らしにこそ『あしたでんき』をおすすめしたいくらいです。

この後詳しく『あしたでんき』の魅力を解説していくので、ぜひ参考にしてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2020!




キャンペーン実施中!1円でも安さを求めるなら
『あしたでんき』


親会社は東京電力で解約金も0円!電気の質は変わらずトップクラスの安さがウリです!

5,000円分のAmazonギフトコードのプレゼントキャンペーン実施中!!

あしたでんきにはポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、たくさんのサービスがあるからといって電気代が安いとは限りません。

ポイントを貯めたりやセット割で割引されるより、特典なしで安い『あしたでんき』の方がトータルで安くなります。

電気をたくさん使うシーズンなので早めの申し込みがおすすめです!

一人暮らしにもあしたでんきはおすすめです!

最初に結論を言うと、30アンペア以上の一人暮らしは『あしたでんき』がおすすめです。

ただし、関西・中国電力エリアは使用量によっては割高になるので注意が必要です。

この後詳しく見ていきますが、ざっくりまとめると以下の通りです。

≪あしたでんきがおすすめの人≫
▶ペットを飼っている単身者
▶電気使用量が多い一人暮らし
▶契約アンペアが30A以上の人、ブレーカーが落ちるのを気にしたくない人
▶コンロがIHの人
▶在宅ワークをする人

≪あしたでんきだと高くなる可能性がある人≫
▶契約が20A以下のアンペア数で間に合う人
▶関西電力・中国電力エリアで電気使用量が少ない人

じゃ詳しくシミュレーション比較していくよ
ネコさん
ネコさん

あしたでんきの一人暮らしの電気料金シミュレーション比較

詳しい比較の前に、一人暮らしの電気使用量に関してお話させてください。

そもそも一人暮らしの平均の電気代は?

有限会社ひのでやエコライフ研究所さんが公表している、一人暮らしの平均使用量は240kWh。(2014年値)

しかし、総務省の統計(2017年)が公表している電気代の平均は、年齢やライフスタイル、地域で変わってきます。

≪単身者の平均電気料金≫

  電気料金/月
全国平均全体5,320円
~34歳3,208円
35~60歳5,036円
60歳~6,156円

年代によって電気代に差がありますね。

公表されている調査結果には使用電気量の記載はありませんでしたが、ライフスタイルの違いによる使用量の差でしょう。

34歳以下の世帯は、学校や仕事で家を空けることが多く、電気使用量も少なくなる人が多いはずです。

とはいえ、在宅ワークがメインの人、コンロがIHの家、ペットがいる家庭など、様々だと思うので、
今回は240kWhを平均電気使用量として、5つのパターンで電気使用量を比較しました。

使用量別シミュレーション比較の結果

比較プラン
▶各エリアの従来電力
┗ 従量電灯

▶あしたでんき
┗ 標準プラン

20A 120kWhの場合

 電気使用量従来電力あしたでんき
東北電力エリア20A
120kWh
2,889円3,120円
東京電力エリア2,957円3,120円
中部電力エリア3,100円3,120円
関西電力エリア2,474円2,640円
中国電力エリア2,520円2,880円
九州電力エリア2,689円2,760円

20Aだとすべてのエリアで従来電力の方が安くなりました。

ただ20Aだとブレーカーが落ちるという口コミも結構あるので、30Aあった方が生活としては便利だと思います。

30A 120kWhの場合

30Aにして使用量は1つ前の比較と同じ120kWhに設定しました。

 電気使用量従来電力あしたでんき
東北電力エリア30A
120kWh
3,219円3,120円
東京電力エリア3,243円3,120円
中部電力エリア3,386円3,120円
関西電力エリア2,474円2,640円
中国電力エリア2,520円2,880円
九州電力エリア2,986円2,760円

アンペアを30Aに上げただけで、関西・中国電力エリア以外は『あしたでんき』の方が安くなりました。

『あしたでんき』は電気使用量が多いほどお得になりやすい料金システムですが、一人暮らしの家庭にもおすすめできる電力です。

30A 180kWhの場合

 電気使用量従来電力あしたでんき
東北電力エリア30A
180kWh
4,739円4,680円
東京電力エリア4,832円4,680円
中部電力エリア4,918円4,680円
関西電力エリア4,022円3,960円
中国電力エリア4,168円4,320円
九州電力エリア4,369円4,140円

中国電力エリアのみ、まだ従来電力の方が安い結果となっています。

中国電力エリアの方は電気使用量をよく比較した方が良さそうですね。

30A 240kWhの場合

※この電気使用量の平均は、全年代の一人暮らしの使用量なので通勤する単身者の使用量としては多めかもしれません。

 電気使用量従来電力あしたでんき
東北電力エリア30A
240kWh
6,259円6,240円
東京電力エリア6,421円6,240円
中部電力エリア6,451円6,240円
関西電力エリア5,570円5,280円
中国電力エリア5,816円5,760円
九州電力エリア5,753円5,520円

この使用量ならすべての提供エリアで『あしたでんき』が安くなりました。

40A 350kWhの場合

 電気使用量従来電力あしたでんき
東北電力エリア40A
350kWh
9,573円9,100円
東京電力エリア9,824円9,100円
中部電力エリア9,694円9,100円
関西電力エリア8,583円7,700円
中国電力エリア8,944円8,400円
九州電力エリア8,737円8,050円

一人暮らしにしては、かなり多めの電気使用量です。

たくさん使うなら文句なしで『あしたでんき』をおすすめします。

解約金や契約期間の縛りもないので安心

あしたでんきはいつ解約しても違約金などは発生しません。

なので、お引越しの可能性がある人も安心してください。

また、電力会社の変更で電気の質が変わることもなく、単純に電気代が安くなるだけなのでおすすめの節約法です。

支払い方法はクレジットカードのみ

支払方法がクレジットカードの一択です。

口座振替やコンビニ決済できないので注意してください。


キャンペーン実施中!1円でも安さを求めるなら
『あしたでんき』


親会社は東京電力で解約金も0円!電気の質は変わらずトップクラスの安さがウリです!

5,000円分のAmazonギフトコードのプレゼントキャンペーン実施中!!

あしたでんきにはポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、たくさんのサービスがあるからといって電気代が安いとは限りません。

ポイントを貯めたりやセット割で割引されるより、特典なしで安い『あしたでんき』の方がトータルで安くなります。

電気をたくさん使うシーズンなので早めの申し込みがおすすめです!

あしたでんき一人暮らし評判と口コミ

一人暮らしに限定した評判や口コミはあまり多くありませんでしたが、参考になりそうなものをピックアップしました。

以下はアンペアについてです。

あしたでんきのメリットは契約アンペア関係なく基本料金が0円なこと。

一人暮らしでも50Aにしている方もいるようです。

ちなみに、あしたでんきに切り替える前に契約アンペアを上げると、基本料金が高くなる分を契約中の電力に請求されてしまうのであしたでんきに乗り換えてから対応してもいましょう。

一人暮らしの使用量だと、大幅な節約が見られないかもしれませんが、積み重なれば額としてはかなり広がってきます。

アパートやマンションが建物単位で一括受電契約していなければ、一人暮らしの方も電力を切り替えることをおすすめします。

同時に電気をたくさん使うタイミングがあるのなら、基本料金無料の電力の方がブレーカーが落ちるのを気にせず、安心して電気を使えますね。

まとめ

あしたでんきに申し込む決め手としてポイントになるのは『アンペア』と『エリア』です。

解約金や契約期間に縛りもないので一人暮らしで引っ越しする可能性がある人にもおすすめできます。

難しい手続きもないので、ぜひ検討してみてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2020!

コメントを残す

*