あしたでんきと東京ガスを比較!料金やキャンペーン特典、おすすめの家庭など

この記事では『あしたでんき』と『東京ガスの電気』の料金、キャンペーン、特典、評判・口コミなどを徹底比較しています。

あしたでんきは基本料金0円、最安の従量料金一律で評判・口コミも良く致命的なデメリットがない電力。

一方、東京ガスは誰もが知る知名度で関東エリア販売量1位も記録している実績もあります。

どちらも人気の新電力ですが、どちらがおすすめなのかは電気使用量によって変わります。

結論、二人暮らし平均までの電気使用量なら『東京ガスの電気』、3人以上の世帯なら『あしたでんき』をおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




とにかく安い!期間限定キャンペーン中!
『あしたでんき』


親会社は東京電力で解約金も0円!トップクラスの安さがウリです!

あしたでんきにはポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、たくさんのサービスがあるからといって電気代が安いとは限りません。

ポイントを貯めたりやセット割で割引されるより、特典なしで安い『あしたでんき』の方がトータルで安くなります。

電気を多く使う冬季シーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

あしたでんきと東京ガスの電気の料金プランの比較

あしたでんきと東京ガスの電気は両方とも、料金プランが2通りあります。

電気使用量あしたでんき東京ガス
少なめ~平均標準プランずっとも電気1S
(スマートセレクト)
多めたっぷりプランずっとも電気1
(ファミリーセレクト)

あしたでんきの『たっぷりプラン』は電気使用量が約700kWh以上の世帯、東京ガスの『ずっとも電気1』も約600kWh以上の世帯におすすめです。

≪あしたでんきと東京ガス電気の料金プラン≫

  東京ガスの電気あしたでんき



使用量ずっとも
電気1S
ずっとも
電気1
標準プランたっぷりプラン
10A280.80円対象外0円3,000円
15A421.20円対象外
20A561.60円対象外
30A842.40円842.40円
40A1123.20円1123.20円
50A1404.00円1404.00円
60A1684.80円1684.80円



140kWhまで
(1kWhあたり)
19.49円23.24円25.5円21.00円
140~350kWh24.89円23.45円
350kWh~26.99円25.93円

あしたでんきの料金プランは、アンペア数に関係なく最大60アンペアまで使えるのでブレーカーが落ちにくくなっています。

標準プランでは基本料金0円、たっぷりプランは基本料金が3,000円ですが単価が安くなっています。

標準プランの場合、基本料金がないのでまったく電気を使わなかった月は電気代0円になります。空き家や別荘ではかなり安くできます。

東京ガスの電気はどちらのプランも契約アンペア数によって基本料金が変わります。

電気単価は3段階制になっていて、電気使用量が多くなるほど単価は上がっていきます。

世帯・使用量別シミュレーション比較

実際にあしたでんきと東京ガスどちらが安くなるのかシミュレーション比較をしました。

結果を先にいうと、2人家庭までは東京ガスで電気とガスをセット割を適用した電気代が最安になりました。

3~4人以上の世帯では、あしたでんきの方が安い結果となりました。

一人暮らしは『東京ガスの電気』、電気使用量が多い家庭は『あしたでんき』をおすすめします。

電気使用量
▶1人暮らし少なめ 20A 100kWh
▶1人暮らし平均  30A  240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人世帯平均 40A 430kWh
▶4人世帯平均 40A 450kWh
▶5人世帯平均 50A 530kWh
▶6人世帯平均 50A 650kWh
▶6人世帯多め 60A 800kWh

※()内は東京ガスでガスと電気のセット割を適用した料金です

電気使用量あしたでんき東京ガス
プラン標準プランたっぷりプラン少なめ家庭向け
ずっとも1S
(セット割)
多め家庭向け
ずっとも1
(セット割)
1人暮らし
少なめ
20A100kWh
2,550円5,100円2,510円
(2,498円)
対象外
1人暮らし
平均
30A 240kWh
6,120円8,040円6,060円
(6,030円)
6,441円
(6,171円)
2人世帯
平均
30A 350kWh
8,925円10,350円8,797円
(8,754円)
9,020円
(8,750円)
3~4人世帯
平均
40A 450kWh
11,475円12,450円11,777円
(11,719円)
11,894円
(11,624円)
3~4人世帯
多め
40A 500kWh
12,750円13,500円13,127円
(13,062円)
13,190円
(12,920円)
5人世帯
平均
50A 530kWh
13,515円14,130円14,217円
(14,146円)
14,249円
(13,979円)
6人世帯
平均
50A 650kWh
16,575円16,650円17,456円
(17,382円)
17,361円
(17,091円)
6人世帯
多め
60A 800kWh
20,400円19,800円21,785円
(21,677円)
21,531円
(21,261円)

電気使用量が少ない家庭は、東京ガスの電気がいいかもしれません。

ただし、ブレーカーを気にしなくない人はあしたでんきの方がストレスなく電気を使えます。

また、あしたでんきの『たっぷりプラン』は700kWh以上の電気を使う世帯向けです。

電気を多めに使う夏や冬などシーズンごとにプランを変えることもできるので、相当電気を使う家庭でなければ『標準プラン』をおすすめします。

ぜひ、ご自宅の電気使用量で公式サイトのシミュレーションをしてみてください。

あしたでんきと東京ガス電気の6つの違いを比較

申し込みキャンペーンの内容

あしたでんきも東京ガスの電気も定期的に申し込みキャンペーンを実施しますが、特典内容が違う傾向にあります。

あしたでんき:ギフト券プレゼント(2,000円~3,000円)
東京ガス:電気代の割引(2ヵ月間15%オフなど)

東京ガスの電気の方がお得感がありますね。

あしたでんきは2,000円など上限が決まっていますが、東京ガスの電気なら電気使用量が多めの家庭でも2ヵ月間15%オフなら割引期間中はあしたでんきよりも安くなりる可能性大です。

面倒くさいと思わない人は、キャンペーン目的で東京ガスに申し込みをして、その後あしたでんきに切り替えることもあるようです。

東京ガスのキャンペーンは割引率や期間が毎回違うので公式サイトのキャンペーンページで確認してみてください。

契約中の特典

あしたでんきは料金の安さに力を入れている分、特典はありません。

一方、東京ガスの電気はガスとのセット割以外にも特典がいくつかあります。

パッチョポイントが貯まる

東京ガスは毎月の電気代とガス代でパッチョポイントを貯めることができます。

▶ずっとも電気:1,000円=15pt
▶ずっともガス:1,000円=5pt

貯まったポイントは、東京ガスのキャラクター『パッチョ』のグッズと交換したり、Tポイント・楽天ポイントなどと交換ができます。

グッズ目当てで東京ガスに申し込みを決めるパッチョファンの方もいるようです。

無料のかけつけサポート

東京ガスの無料かけつけサポートは2種類あり、サポート内容と特典利用の条件が違います。

利用頻度はあまり多くなさそうですが、あったら安心かもしれません。

1.電気に関するトラブルサポート
条件:ずっとも電気を契約していること

≪サポート内容≫
▶電気に関するトラブルサポート
▶24時間365日受付
▶60分以内の出張費・調査費が無料
※作業には別途費用が発生します

電気のトラブルサポートがある新電力は他にもありますが、電力会社によってサポート範囲が異なります。

例えば、Looopでんきは60分以内の作業も無料になります。

作業も含めて無料が良い方はLooopでんきをおすすめします。

2.水回り、鍵、窓ガラスなど生活まわりに関するトラブルサポート
条件:『ずっとも電気』と『ずっともガス』をセットで契約していること

≪サポート内容≫
▶水まわり、玄関の鍵、窓ガラスのトラブル
▶24時間365日受付
▶出張費・30分以内の作業
※部品代、特殊作業代、30分超えの作業費など別料金が発生する場合もあります。

≪トラブルの例≫
▶水漏れしている
▶トイレの水がつまっている
▶玄関の鍵を紛失した
▶窓ガラスにヒビが入った

評判・口コミからみた満足度はあしたでんきが高い

東京ガスもあしたでんきも評判・口コミは良いのですが、東京ガスは『思ったよりお得じゃない』などの口コミもありました。

比較的あしたでんきの方が満足度が高い口コミが多かったです。

あしたでんきの口コミ

あしたでんきは不満の口コミが見つからなかったよ
ネコさん
ネコさん

東京ガス電気の口コミ

サル君
サル君
東京ガスはキャンペーン目当ての人も多いみたい。セット割なしであしたでんきと安いガス会社で契約した方が安いという口コミも多かったよ

電気使用量によってどちらが安いか変わる

電気代のシミュレーション比較の結果でも述べましたが、電気使用量が多い家庭は『あしたでんき』が安く、一人暮らしなど電気をあまり使わないと『東京ガス』が安くなります。

そのような口コミもあったので紹介します。

仮想通貨のマイニングには消費電力が大きいので、節約額も4,000円と高額になったようです。

120kWhで計算しているのでおそらく一人暮らしの方でしょう。数十円の差ですが、東京ガスの方が安い試算になったようです。

支払い方法の豊富さ

あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみ。

一方、東京ガスは『クレジットカード』『口座振替』『振込票』の3種類あります。

口座振替や振込票を希望する人は東京ガスが良いでしょう。

個人的にはカード付帯のポイントを貯めることもできるのでクレジットカードがおすすめです。

検針票を発行してもらえるのは東京ガス

あしたでんき以外にも新電力の多くが紙での検針票の発行はありません。

どの電力会社もWEBのマイページにログインして請求や電気使用量を確認することになります。

東京ガスの場合、電気とガスをセットで契約していれば1枚の検針票になって送られてきます。

電気のみの場合はWEBか振込票ハガキで確認することになります。

解約金はどちらも無料

あしたでんきも東京ガスの電気も最低利用期間や解約金はありません。

どちらもリスクなく乗り換えできるのは良いですね。


とにかく安い!期間限定キャンペーン中!
『あしたでんき』


親会社は東京電力で解約金も0円!トップクラスの安さがウリです!

あしたでんきにはポイントサービスやガスとのセット割などはありませんが、たくさんのサービスがあるからといって電気代が安いとは限りません。

ポイントを貯めたりやセット割で割引されるより、特典なしで安い『あしたでんき』の方がトータルで安くなります。

電気を多く使う冬季シーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

まとめ

東京ガスの電気は不満の口コミがちらほらありましたが、全体的に見ると悪くはありません。

ただし、よりユーザーの満足度が高いのはあしたでんきです。

料金的には、電気使用量が少ない家庭は『東京ガスの電気』、多めの家庭は『あしたでんき』をおすすめします。

ぜひシミュレーションして切り替え先を検討してみてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

【まとめて比較】新電力・プランが決まらない方へ!

迷っている方に1番おすすめなのは『Looopでんき』です。
理由は、『安い』『いつ解約しても解約金無料』『評判・満足度が高い』から。
(公式サイト:https://looopdenki.com)

しかし、いくつもの電力会社を同時に比較したいという方におすすめなのがネット代理店で比較もできる『エネチェンジ』です。

エネチェンジのサイトではお住いの地域と電気の使用状況を入力すると料金のシミュレーションを行い、電力会社の料金プランや節約額を比較し、ランキング形式でみることができます。

【エネチェンジでできること】
▶エネチェンジ限定キャンペーンでお得になるチャンス!
▶知識が豊富な専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心!

じっくり電力会社を検討したい方は、以下の窓口からシミュレーションをして最適な新電力を決めるのもおすすめです。


安いプランを探す

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*