CDエナジーの一人暮らしにおすすめのプランと注意点!その他安い新電力との比較


この記事では『CDエナジーダイレクト』の電気は、一人暮らしにおすすめか?をまとめています。

電気を朝晩しか使わないような一人暮らしなら定額割引の『シングルでんき』がお得ですが、20以下の一人暮らしは『シングルでんき』は契約できないので『ベーシックでんき』がおすすめです。

ただし、CDエナジーは電気料金は最安ではないケースも多いので注意しましょう。

CDエナジーの大きなメリットは『キャッシュバックキャンペーン』や『ポイント』など、料金以外にもお得さがあるという点です。

それでも人気が高い電力なので、サービス全体を確認して魅力を感じる方にはおすすめです。




どんな家庭も安く、マイルも貯まる!
『シン・エナジー』


【お得ポイント!】
◎全家庭が大手電力より確実に安くなる!
◎毎月JALマイルが貯まる!
◎初期費用・解約金0円!縛りもなし!
◎時間帯に合わせて安いプランもある!
◎利用者の口コミや満足度も高い!


他の新電力で高くなりやすい一人暮らし、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなります!

また、お昼に電気を使う家庭は『昼生活フィットプラン』、夜中心なら『夜生活フィットプラン』にすると、さらにお得な料金になります。

さらに電気代200円ごとにJALマイルが貯まります!

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、安心して契約できる点もメリットです。

電気は毎日使うものなので、1日でも早い申し込みがお得です!

CDエナジーはキャンペーンでお得にすることがポイント

CDエナジーダイレクト

CDエナジーは20アンペア以下の一人暮らしにおすすめの電力会社です。

そして、注意して欲しいのはおすすめのプランは『シングルでんき』ではなく、『ベーシックでんき』であるということ。

30アンペア以上の家庭なら、他の電力の方が節約になります。

東京電力よりはCDエナジーが安いですが、CDエナジーより安い新電力は結構あります。

また、CDエナジーの良い所は、お得なキャンペーンをゲットして、東電より電気代も安くなるという点です。

初めて新電力を利用する人にとっては、アリだと思います。

安さ重視だったり、固定費削減を徹底したい人にはおすすめしません。

キャンペーン目的で申し込みしたとしても、その後は安い電力をおすすめします。

CDエナジーのキャンペーンの例

過去のキャンペーンを紹介するよ
ネコさん
ネコさん

CDエナジーがおすすめの一人暮らしと料金比較

CDエナジーがおすすめの一人暮らしには2つのパターンがあります。

一つずつ理由をご紹介しますね。

1. 電気+ガスをセットにしたい人に特におすすめ

CDエナジーの口コミを見ると電気+ガスをセットでまとめる人がとても多いです。

東京ガスよりも基本料金・単価ともに安いだけでなく、電気+ガスのセット割もあるのでさらにお得です。

つまり電気・ガスともに確実に安くすることが出来ます。

HISでんき(HTBエナジー)と比較してもお得な料金

一人暮らしに安くて人気のHISでんき(HTBエナジー)と比較すると、CDエナジーの方が基本料金は安いですが単価はHISでんきの方が安くなっています。

ただし、HISでんきは1年以内の解約で2,200円(税込)の解約金が発生するので、CDエナジーの方が気軽にお申し込みしやすいですね。

CDエナジーとHISでんきの料金比較

※HISでんきは15A以下は契約できません

 電気使用量CDエナジー
ベーシックでんき
HTBエナジー
ウルトラ20
基本料金20A535.32円560.56円
従量料金0~120kWh19.78円19.48円
120~300kWh25.47円25.95円
300kWh~26.38円29.96円

20Aで100kWhの場合の電気代
CDエナジー:2,513円
HISでんき:2,508円

2.電気単独の契約なら20アンペア以下の家庭におすすめ

新電力の中には30A以上が契約対象にしている電力も多く、20Aだと東電と変わらない料金の電力もあります。

しかし、CDエナジーの『ベーシックでんき』は10Aから申し込みができます。

さらに基本料金も1kWhあたりの単価も、東電より割安になっている点が他の電力にはないメリット。

また、電気代100円=1ptのカテエネポイントが貯まります。

CDエナジーの『シングルでんき』のデメリット

シングルでんきの料金は東京電力とまったく同じ。30アンペア以上が申し込み対象になっています。

しかし、その料金から毎月100円の定額割引になっているのが特徴です。

東電より必ず100円は安いという約束がメリットですが、実はもっと安い電力もあります。

そうすると、100円しか安くならないというデメリットにもなります。

関東エリア1人暮らし
やや少なめ
30A 100kWh
東京電力2,846円
CDエナジー
シングルでんき
2,746円
あしたでんき
(標準プラン)
2,600円
Looopでんき
(おうちプラン)

2,640円
リミックスでんき
(割引プラン)
2,703円
シン・エナジー
(きほんプラン)
2,735円

\料金の試算・詳細はこちら/

30アンペア以上でCDエナジーより安い一人暮らしにおすすめの電気

まとめたい一人暮らしは『CDエナジー』がおすすめですが、電気ガスはそれぞれ最安の会社と契約する方が実はお得です。

電気ガスをまとめない場合、2つのパターンでおすすめがあるので、好みや家の電気の使い方で選んでみてください。

アンペア制限ナシなら『あしたでんき』

家がIHコンロの家庭やペットがいる一人暮らし、ブレーカーが落ちることを気にしたくない人におすすめなのが『あしたでんき』です。

最大60アンペアまで基本料金0円なので同時にたくさんの電気を使うことができます。

一律料金になっている単価はトップクラスの安さで、親会社が東京電力なのも安心感があります。

30A以上でアンペア契約なら『シン・エナジー』

一人暮らしで40Aや60Aなど大きな容量で契約しなくていいなら『シン・エナジー』がおすすめです。

評判も良く、基本料金も単価も東電やCDエナジーより安く、毎月の電気代でJALマイルも貯まります。

私も利用していますが毎月1万円引きの利用者向けの抽選イベントもあるので、運が良ければお得になります。

また、電気を使う時間帯が昼か夜に偏っているなら『生活フィットプラン』で、より節約することもできます。

時間帯によって単価が安くなるので、電気を集中的に使う家庭に向いています。

まとめ

CDエナジーは20A以下の一人暮らしに安い電気です。

20アンペア以下は『シングルでんき』は対象外になるので注意しましょう。

ポイントや特典が好きな人は満足できると思いますが、30A以上になると他の電力が安いので、安さ重視の人は他社をおすすめします。

コメントを残す

*