ENEOSでんきが一人暮らしにおすすめの理由!口コミの節約額とポイントのメリット

この記事では、一人暮らしがENEOSでんきを利用する場合でもお得なのか?について、まとめています。

ENEOSでんきは利用者満足度の高い新電力です。

結論、一人暮らしにもENEOSでんきはおすすめです。

口コミや評判を見ても年間で1,000円~多い人で1万円の節約になっています。

実際に料金比較したところ、最安ではありませんが割高になることもありません。

また、豊富な特典はENEOSでんきの強みと言えます。

実際にENEOSでんきを契約している一人暮らしの口コミも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


どんな家庭も安く、マイルも貯まる!
『シン・エナジー』


【お得ポイント!】
◎全家庭が大手電力より確実に安くなる!
◎毎月JALマイルが貯まる!
◎初期費用・解約金0円!縛りもなし!
◎時間帯に合わせて安いプランもある!
◎利用者の口コミや満足度も高い!


他の新電力で高くなりやすい一人暮らし、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなります!

また、お昼に電気を使う家庭は『昼生活フィットプラン』、夜中心なら『夜生活フィットプラン』にすると、さらにお得な料金になります。

さらに電気代200円ごとにJALマイルが貯まります!

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、安心して契約できる点もメリットです。

電気は毎日使うものなので、1日でも早い申し込みがお得です!

ENEOSでんきが一人暮らしにもおすすめの3つの理由

結論をいうと、ENEOSでんきは一人暮らしもおすすめの新電力です。

それには3つの理由があります。それぞれ説明していきますね。

1.一人暮らしが割高や損することはない

一人暮らしは新電力に切り替えると高くなると言われることも多いですが、ENEOSでんきなら割高にならない料金設定になっています。

今回は3つのパターンで料金シミュレーション比較しました

▶朝晩しか電気を使わない場合(通勤・通学がメイン)
▶在宅ワークなど家にいることも多い場合
▶ペットがいる家庭、使用量が多い家庭

使用量:30A 100kWh

 電気使用量従来電力ENEOSでんき
北海道電力エリア30A
100kWh
3,421円3,349円
東北電力エリア2,848円2,828円
東京電力エリア2,846円2,846円
中部電力エリア2,965円2,943円
北陸電力エリア2,511円2,493円
関西電力エリア2,068円2,011円
中国電力エリア2,104円2,086円
四国電力エリア2,224円2,223円
九州電力エリア2,086円2,613円

使用量:30A 240kWh

 電気使用量従来電力ENEOSでんき
北海道電力エリア30A
240kWh
7,533円7,533円
東北電力エリア6,259円6,127円
東京電力エリア6,421円6,188円
中部電力エリア6,451円6,332円
北陸電力エリア5,476円5,361円
関西電力エリア5,570円5,296円
中国電力エリア5,816円5,816円
四国電力エリア5,870円5,741円
九州電力エリア5,753円5,634円

使用量:40A 350kWh

 電気使用量従来電力ENEOSでんき
北海道電力エリア40A
350kWh
11,464円10,889円
東北電力エリア9,573円9,284円
東京電力エリア9,824円9,257円
中部電力エリア9,694円9,429円
北陸電力エリア8,195円7,945円
関西電力エリア8,583円5,296円
中国電力エリア8,944円8,643円
四国電力エリア9,014円8,691円
九州電力エリア8,737円8,465円

  
使用量が少ないと、エリアによっては従来の電力と同じ料金になるケースもありますが、料金以外にもお得なサービスがあるので損にはなりません。

一人暮らしでももっと安い電力なら『シン・エナジー』がおすすめです。

ENEOSでんきのように貯めたいポイントは選べませんが、JALマイルを貯めることもできます。

\自宅使用量でのシミュレーションはこちら!/

2.ポイントや割引など電気代以外の付加価値でお得になる

ENEOSでんきは貯められるポイントが豊富です。

Tポイントがメインとなっていますが、提携カードが10種類近くあり、通常より高い還元率でポイントを貯めることができます。

口コミを見ても、楽天ポイントやdポイント、ANAマイルは人気なようです。

また、ENEOSカードならガソリン代の割引きもあります。ENEOSカードでも種類によっては電気代が毎月100円引きの特典もあります。

特典にここまで力を入れている電力はENEOSでんき位でしょう。

\詳細はこちら!/

3.セット割はないけどENEOS都市ガスはトップクラスの安さ

ENEOS都市ガスは最安水準です。

関東の対象エリアにお住いの一人暮らしには強くおすすめします。

ENEOSでんきとENEOS都市ガスをセットで契約しても割引がないのはデメリットですが、それなりに安くて特典もあるでOKという人には問題ないと思います。

1円でも安くしたい単身の方には電気を『シン・エナジー』、ガスを『ENEOS都市ガス』の安い組み合わせがベストでしょう。

まとめることにこだわりがない人は検討してみてね
ネコさん
ネコさん
一人暮らしガス
10㎥
ENEOS都市ガス2,123円
レモンガス2,139円
東電ガス2,145円
東京ガス2,212円
エルピオ都市ガス2,226円

ENEOSでんきの一人暮らしの評判と節約額

ENEOSでんきを利用している一人暮らしの口コミをご紹介します。

▶『安くなった』という口コミが多め
▶『あまりメリットはない』という意見もある
▶『高くなった』というレビューや不満は見られない
▶ポイント特典も魅力

では、twitterの実際の口コミものせるので参考にしてください。

ENEOSでんきの一人暮らしの電気代と節約額

節約額は使用量によって差が出るようです。

年間1,000円の人もいれば、使用量多めの人だと10,000円を超える大幅な電気代削減の方もいるようです。

ポイント特典が魅力

ENEOSでんきに切り替えて、節約できるのは少しでもポイント加算はメリットという口コミもありました。

一人暮らしにはメリットがないという意見もある

一人暮らしの使用量ではメリットにならないという意見もありましたが、単身でも電気の使い方には差があります。

ご自宅の使用量でシミュレーションしてから判断することをおすすめします。

その他

暑い時期、寒い時期などエアコンをつけっぱなしの方も多くいますが、使用量をこまめに確認できる点も安心して電気を使えるメリットになっています。

ENEOSでんきを一人暮らしが契約する時の注意点

ENEOSでんきでは2年契約すると1kWhあたりの単価が0.20円割引になる『にねんとく2割』(とくとく割)というオプションサービスがあります。

3年目以降は0.30円割引きになるお得なオプションですが、2年契約の定められた更新月以外での解約には1,080円(税込)の違約金が発生します。

そこまで高額の違約金ではないですし、使用量多めの人が長期的にENEOSでんきを使うならお得です。

試したい人や引っ越しが確実の人は解約金のない通常の契約をおすすめします。

まとめ

ENEOSでんきは特典もお得な一人暮らしにもおすすめの電力です。

ただし、最安ではないので、少しでも安くしたい人は『シン・エナジー』をおすすめします。

また、ENEOS都市ガスは一人暮らしには強くおすすめしたい安さです。

どんな家庭にも安くなる『シン・エナジー』

電気代が割高になりやすい1人暮らしや2人暮らしなど、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなるのが『シン・エナジー』!

電気をたくさん使う時間に合わせて単価が安くなる『昼生活フィットプラン』『夜生活フィットプラン』もあります。

さらに毎月、電気代200円ごとにJALマイルが貯まる嬉しいサービス付きです。

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、信頼して契約できる点もメリット。

しかも解約金も0円なので、損するリスクもありません。


公式サイト

コメントを残す

*