ENEOSでんきの評判と料金比較!キャンペーンや注意すべきポイントとは?

この記事では、『ENEOSでんき』の電気料金、評判・口コミ、ポイント特典についてまとめています。

電気料金も安く、Tポイントやマイルなどの特典の他にも無料のトラブルサポートや料金の割引もあって消費者にはかなり魅力的な要素がいっぱいです。

ENEOSでんきのメリット・デメリットを確認し、どの新電力に申し込みを決めるか参考になれば幸いです。




キャッシュバック増額中!
格安料金と高額キャンペーン!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
9月30日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)

電気も安いですが、都市ガスもトップクラスの安さ!
さらにセット割で毎月100円引きになります。光熱費をまとめるには最適です!

大きな広告を掲げずに、料金や還元を徹底的に追及し、お得な基本料金値引きキャンペーンやキャッシュバックも実施する超優良電力です。

料金をどこまでも安くしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

ENEOSでんきがおすすめな家庭とは?

ENEOSでんきは他の新電力と比べると、提携しているクレジットカードが多く、Tポイントやマイルなど好みに合ったポイントを貯められるだけでなく、通常よりも2倍~4倍と還元率が高いポイントがあるのも消費者には魅力的です。

【ENEOSでんきがおすすめの家庭】
▶東京電力エリア
▶一人暮らし

ENEOSでんきで特に安くなるのは『東京電力エリア』

ただし、ENEOSでんきが最安ということではありません。特典があれば最安でなくてもOKという方なら満足できるでしょう。

関東以外のエリアではあまり安くはありませんでした。

また、ENEOSでんきのメリットは20アンペア以下の家庭も申し込みできること。

30アンペア以上が契約対象となる新電力も多いので、その点はメリット。従来電力よりは確実に安いので、一人暮らしにはおすすめできます。

ポイントやガソリン代の値引きなどの特典を考慮しても他の電力の方が家計費の節約になるでしょう。

電気使用量増えると他の新電力の方が安い

ENEOSでんきは安いですが、電気使用量が多くなると他の新電力の方がお得です。

4人以上の家庭には以下の新電力がおすすめです。

人気が途絶えず信頼が厚いのが『Looopでんき』、キャンペーンがお得なのは『エルピオでんき』、とにかく安いのが『あしたでんき』。

どれも間違いなしの電力会社です。

どんなポイントがあるのか後で紹介するよ
ネコさん
ネコさん

ENEOSでんきの利用者の評判・口コミ

ENEOSでんきは契約者も多く、評判・口コミもたくさんありました。

ENEOSでんきは『ウーマンリサーチ』の関東女性が選ぶ新電力ランキングの総合満足度1位、価格満足度2位を獲得したこともあるので評判は良好です。

実際に見つけた口コミを紹介していきます。

電気代が安くなる

料金が安くなるのはもちろん嬉しいですが、Tポイントまで貯まってかなり満足しています。

添付されている画像のように年間の節約額を教えてくれると達成感もありますね。

節電の努力をしなくても年間で2万円も安くなるのはかなりうれしいでしょう。

料金に関する満足度は高いと言えます。

一人暮らしでも満足の節約額

1人暮らしの方も安くなって満足している様子です。

商品券でのキャッシュバックが嬉しい

タイミングによっては申し込みキャンペーンでギフト券や基本料金無料などの特典があります。

ENEOSのガソリンスタンドにあるチラシの申込みコードでお得にすることもできるので、チェックしてみてください。

新規申し込み者だけでなく、契約者向けのお得なキャンペーンも実施されることもあります。

1万円の臨時収入だと思うとありがたいですね。

ポイントやマイルなどの特典も申し込みの決め手

やはりENEOSでんきのお得な特典は大きなメリット。マイルも人気でマイル目的のような口コミもありました。

料金が安くなるだけじゃ物足りない方には嬉しいですね。

ガソリンの値引きも嬉しい

車をよく使う方、ガソリンの消費が多い方は値引き特典はお得です。

しかし、一方でENEOSのガソリンスタンドよりも安いガソリンスタンドに行ってしまうのであまり関係なかったという口コミもありました。

ガソリン代の割引にメリットはないようですが、電気代は安くなって不満はないようですね。

ENEOSでんきと都市ガスをまとめるかは賛否両論

ガス料金をENEOSでまとめるかは賛否両論でした。

私はガス会社についてはあまり詳しくありませんが、もっと安くなるガス会社もあるようです。

つかんだ情報があればまとめて更新するようにしたいと思います。

対応に不満の口コミもある

契約者数も多いせいか、対応が間に合っていないのでしょうか?

せっかく日程を調整して予定を入れないようにしていても、当日キャンセルされてしまうのは悲しいですね。

顧客対応の良さは大切だと思います。長く契約したいと思えるよう、改善して欲しいですね。

ENEOSでんきの料金シミュレーションとデメリット

どんな家庭でも従来電力よりENEOSでんきの方が安いです。

ただし、電気代を少しでも安くするなら『あしたでんき』や『エルピオでんき』の方が安くなります。

最安水準ではないのがデメリット。また、このあと詳しくまとめていますが、プランによっては解約金が発生することもデメリットです。

電気料金の比較条件は以下の通り。

≪電気使用量≫
▶1人暮らし少なめ 30A 100kWh (朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし平均  30A  240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kWh

使用量北海道電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
3,421円3,349円72円/月
862円/年
1人暮らし
30A
240kWh
7,533円7,241円292円/月
3,504円/年
2人世帯
30A
350kWh
11,123円10,548円575円/月
6,900円/年
3~4人世帯
40A
450kWh
14,863円13,982円881円/月
10,572円/年

電気使用量東北電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A 100kWh
2,848円2,828円20円/月
240円/年
1人暮らし
平均
30A 240kWh
6,259円6,127円132円/月
1,584円/年
2人世帯
平均
30A 350kWh
9,243円8,954円289円/月
3,468円/年
3~4人世帯
平均
40A 450kWh
12,501円12,007円494円/月
5,928円/年

電気使用量東京電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A100kWh
2,846円2,846円0円/月
0円/年
1人暮らし
平均
30A 240kWh
6,421円6,188円233円/月
2,796円/年
2人世帯
平均
30A 350kWh
9,538円8,971円597円/月
7,164円/年
3~4人世帯
平均
40A 450kWh
12,881円11,879円1,002円/月
12,024円/年

電気使用量が120kWh以下の家庭は東京電力と同じ料金ですが、さらにポイント還元もあるのでその分お得です。

どの家庭でも東電よりは電気代が安く、特典もあるので口コミのように満足できる人が多いと思います。

 中部電力ENEOSでんき差額
1人
少なめ
30A 100kWh
2,965円2,943円22円/月
264円/年
1人平均
30A 240kWh
6,451円6,332円119円/月
1,428円/年
2人平均
30A 350kWh
9,408円9,143円265円/月
3,180円/年
3~4人平均
40A 450kWh
12,543円12,078円465円/月
5,580円/年

電気使用量に関係なくENEOSでんきの方が安くなっています。

しかし、最安とは言えません。ポイント還元やガソリンの割引よりも電気代を安くしたい人は『あしたでんき』や『Looopでんき』ともシミュレーション比較をしてみてください。

電気使用量北陸電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A100kWh
2,511円2,493円18円/月
216円/年
1人暮らし
平均
30A 240kWh
5,476円5,361円115円/月
1,380円/年
2人世帯
平均
30A 350kWh
7,953円7,703円250円/月
3,000円/年
3~4人世帯
平均
40A 450kWh
10,540円10,114円426円/月
5,112円/年

電気使用量関西電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,068円2,011円57円/月
684円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,570円5,296円274円/月
3,288円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,583円8,075円508円/月
6,096円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,512円10,755円757円/月
9,084円/年

関西エリアは電気使用量関係なくどの家庭でもENEOSでんきが安い結果となりました。

さらにポイント還元もあるので大分お得になります。

電気使用量四国電力ENEOSでんき差額
1人
少なめ
100kWh
2,224円2,223円1円/月
12円/年
1人
平均
240kWh
5,870円5,741円129円/月
1,548円/年
2人
平均
350kWh
9,014円8,691円323円/月
3,876円/年
3~4人
平均
450kWh
12,064円11,482円582円/月
6,984円/年

電気使用量中国電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,104円2,086円18円/月
216円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,816円5,677円139円/月
1,668円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,944円8,643円301円/月
3,612円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,903円11,394円509円/月
6,108円/年

電気使用量九州電力ENEOSでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A100kWh
2,637円2,613円24円/月
288円/年
1人暮らし
平均
30A 240kWh
5,753円5,634円119円/月
1,428円/年
2人世帯
平均
30A 350kWh
8,440円8,168円272円/月
3,264円/年
3~4人世帯
平均
40A 450kWh
11,343円10,862円481円/月
5,772円/年

\自宅の使用量・電気代でシミュレーションする方はこちら/

解約金について:2年契約で割引する場合としない場合

ENEOSでんきでは2年間の継続申し込みで、24ヵ月間1kWhにつき0.20円が割引になる『にねんとく2割(とくとく割)』があります。

さらに3年目以降は1kWhにつき0.30円割引になります。

例:関東エリアで40A、450kWh(3~4人世帯平均)の場合
通常:11,879円
にねんとく2割:11,813円
3年目以降:11,780円

注意事項:必ず読んでください

2年間の継続することが条件なので、途中で解約すると違約金1,080円(税込み)が発生します。

2年契約は自動更新となっているので、2年以上契約していても定められている更新月以外での解約だと同様に違約金が発生します。

また、引っ越しの場合、転居先でもENEOSでんきを継続する場合は違約金の発生はありませんが、エリア外を含む解約の場合は違約金を支払いが必要です。

例:2019年3月が最初の請求月だった場合
更新月は2021年1月と2月

次の更新月は2023年1月と2月
※更新月以外の期間は違約金が発生

違約金が発生すると言ってもそんなに高額ではないので、すぐに解約する可能性がなければ気にしなくて大丈夫だと思いますが、契約前には必ず知っておきたい情報です。

新規契約で『にねんとく2割』の申し込み方法
▶WEBでの申し込み
▶申込書

ENEOSでんきを契約後に『にねんとく2割』を申し込む場合
▶ENEOSでんきお客様ページ
▶ENEOSでんきのカスタマーセンターへの電話

『にねんとく2割』を申し込みしない場合

『にねんとく2割』の割引を受けない場合は、基本的には1年契約となりますが、いつ解約しても違約金の発生はありません。

ENEOSでんきとENEOS都市ガスのセット割は?

ENEOSは都市ガスもありますが、電気とガスを契約してもセット割で安くなる割引はありません。

しかし、ENEOS都市ガスはトップクラスの安さで強くおすすめしたいサービスです。

ENEOSでんきなしで都市ガス単独で契約する人も多くいます。

東京ガスの電気や東京電力はガスとのセット割がありますが、セット割のないケースよりもお得になるとは限りません。

ENEOSでんきで電気と都市ガスをまとめると、セット割なしでもお得になります。

3~4人家族
平均
電気
40A450kwh
ガス
30㎥
割引合計
エルピオでんき
エルピオ都市ガス
11,360円4,735円-100円15,995円
Looopでんき
Looopガス
11,700円4,840円電気単価が
26.4円⇒26円
16,540円
HTBエナジー
(ウルトラ30)
まじめなガス
11,840円4,820円-102円16,558円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
11,879円4,770円0円16,649円
東京ガス電気
東京ガス
12,112円4,969円0.5%引き17,081円
東電
東電ガス
12,877円4,820円-100円17,597円

エルピオでんきの方が安くなりますが、ENEOSでんき特有のポイントや割引が欲しい人はENEOSでんきでまとめるのもいいでしょう。


キャッシュバック増額中!
格安料金と高額キャンペーン!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
9月30日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)

電気も安いですが、都市ガスもトップクラスの安さ!
さらにセット割で毎月100円引きになります。光熱費をまとめるには最適です!

大きな広告を掲げずに、料金や還元を徹底的に追及し、お得な基本料金値引きキャンペーンやキャッシュバックも実施する超優良電力です。

料金をどこまでも安くしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

ENEOSでんきで貯まるポイントと割引特典

ENEOSでんきでは7種類のポイントの中から1つ、ポイントを貯めることができます。

Tポイントは電気代200円ごと

電気料金200円=Tポイント1ptが貯まります。

Tポイントカードは持っている人も多く、口コミでも喜ぶ声が多かったです。

ポイントを貯めるには、ENEOSでんき契約後にマイページから『Tポイントご利用のお手続き』から手続きをしましょう。

提携時にはYahoo!JAPANのアカウントが必要になります。

ENEOSカード・シナジーカードでの支払いで割引

ENEOSでんきの料金の支払いでガソリン代が安くなるクレジットカードは全部で6種類あります。

 通常のカード特典電気代の
支払いによる特典
カードの種類ガソリンスタンド
での支払い
ガソリンスタンド以外
での支払い
-
ENEOSカードSガソリンが
2円引き/ℓ、
灯油が
1円引き/ℓ
1,000円ごとに
6pt還元
ガソリン・灯油などが1円引き/ℓ
※最大150ℓ/月
ENEOSカードP1,000円ごとに
30pt還元
ENEOSカードC
/NICOS
毎月のカード料金に応じてガソリン代が最大7円引き/ℓ
※本会員・家族会員含めて月間150ℓまで
ENEOSカードCB
/シナジーカード
毎月のカード料金に応じてガソリン代が最大7円引き/ℓ
※本会員・家族会員含めて月間300ℓまで
毎月の電気代
100円割引

※2019年6月30日でシナジーカードの新規受付は終了します

カードによって年会費や特典が違います。上記以外にも特徴が違うので詳細は公式サイトよりご確認お願いします。

また、ENEOSカードで支払いをする場合はガソリン代の割引とTポイントの付与が可能ですが、他の貯めたい場合はENEOSカード以外のカードで電気代を支払うことなるので、ガソリン代の値引きはできなくなります。

その他特別提携カードで各ポイントが貯まる

ENEOSでんきではENEOSカードやシナジーカード以外にも提携しているクレジットカードで電気料金の支払いをするとそのカードのポイントをお得にためることができます。

ただしTポイントは貯まりません。

「Tポイントではなくマイルを貯めたい」などユーザーのニーズに合ったポイントを貯めることが出来るのは嬉しいですね。

ANAカード
200円=1マイル

エポスカード
2倍

dカード
最大1.5倍

楽天カード
最大1.5倍

セゾンカード、セゾンカード・プラス
2倍

ビューカード
2倍

TS CUBICカード
1.5倍

レクサスカード
1.5倍

※ゴールド・プラチナカードなら通常の4倍です

エムアイカード
2倍
ゴールドカードは通常通り、100円=1ポイント

無料のトラブルかけつけサービス

電気に関するトラブルに24時間365日電話対応し、スタッフが無料でかけつけます。

通常なら10,000円~18,000円のサービスが無料になるので、あると安心なサービスです。

条件
特殊作業を必要としない30分程度の軽作業に限る


・ブレーカーがよく落ちる
・電気がつかない
・コンセントが破損している
・電球を交換して欲しい(無料は年3回まで)

別途料金が発生する場合
▶特殊作業が必要となり、60分を超える場合
▶部品交換が発生する場合の部品代や作業代
▶床から2.5m以上での管球交換作業
など

ENEOSでんきのキャンペーン情報と申し込み方法など

ENEOSでんき公式サイトでは2021年6月13日までキャンペーンが実施されています。

【特典】
Amazonギフト券5,000円分

【期間】
~2021年6月13日

【方法】
申し込みから6ヶ月後にメールで案内が届きます

必要なもの
▶お客様番号
▶契約種別
▶供給地点特定番号(22桁の番号)
※契約中の電力会社の検針票などで確認できます。
▶登録するクレジットカードや金融機関のキャッシュカード
▶あれば申込みコードも

利用開始までの流れ

流れ
申し込み ⇒ スマートメーターの設置 ⇒ 利用開始

ENEOSでんきに申し込むことを決めたら、解約手続きはENEOSでんき行うので契約中の電力会社には連絡しなくて大丈夫です。

スマートメーターも初期費用はかかりません。また基本的には立ち合い不要で停電も起こりません。

※建物を一括受電契約しているマンションでは個人で申し込みすることはできないので、オーナーの方に確認しましょう。

支払い方法

電気料金の支払い方法は2種類あります。

▶クレジットカード
▶口座振替

口座振替の場合、引き落とし日は3通りあります。

検針日引き落とし日
前月10日~21日5日または6日
前月22日~30日23日
当月1日~9日27日

検針日によって自動で引き落とし日は決定されるので、契約者の方で日にちを指定することはできません。

電気料金はマイページか請求書を発行してもらう

電気料金や使用量はマイページにログインすれば確認できます。

紙で領収書や領収書の発行も出来ますが、有料なのでおすすめしません。

▶請求書(明細内訳):108円(税込み)
▶領収書:162円(税込み)
▶支払証明書:756円(税込み)

まとめ

ENEOSでんきはおすすめできる新電力です。特に特典は他の新電力と比較して手厚く、大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、関東以外のエリアや電気料金をとにかく安くしたいという家庭は『エルピオでんき』『あしたでんき』などがおすすめです。

格安料金とキャンペーンが超お得『エルピオでんき』

3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなるのが『エルピオでんき』。

当サイトでも大人気です。
最大2万円超お得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

ガスの申し込みでさらに1万円キャッシュバックにガスの基本料金3ヵ月無料も追加!!

【エルピオでんきの人気の理由】
▶超格安料金!
▶高額キャンペーンがダントツでお得!
▶格安ガスもセットで毎月100円割引
▶初期費用無料
▶解約金も0円で縛りなし
▶利用者の満足度も高い

電気料金のシミュレーションや開催中のキャンペーン詳細は以下のボタンからご確認いただけます。


公式サイト

コメントを残す

*