ハルエネでんきの評判・口コミ!料金は安くないのに違約金,申込手数料で高い

この記事では『ハルエネでんき』の評判・口コミ、電気料金、事務手数料、解約金などを徹底調査しました。

結果、ハルエネでんきはおすすめしません。

切り替えるメリットがゼロどころか、マイナスです。

不満の口コミが多く、料金もほとんど安くならないのに初期費用やキツイ縛りと解約金で高くなってしまいます。

ハルエネでんきよりも、Looopでんきやあしたでんきなど安くて信頼できる新電力をおすすめします。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

ハルエネでんきの評判と口コミが悪い

利用者の口コミを見ると、正直、ハルエネでんきはおすすめできません。

不満がかなり多く、ハルエネでんきを契約しても後悔するリスクもあります。

この後料金のシミュレーションをしますが、評判が良く、信頼できる電力かつ、ハルエネでんきよりも安い電力は他にもあるので、以下の記事をおすすめします。

電気代・料金について

ハルエネでんきの電気代についての口コミをみると、あまり変わらないようです。

『安くなった』という満足している様子の口コミが残念ながらほとんどありませんでした。

利用者の満足度は低いといえるでしょう。

さらに、契約事務手数料が発生し、解約すると違約金もかかるのでトータルでは高くなります。

ほとんど安くならない

ハルエネでんきは従量料金は従来電力と同じで、基本料金が少し安くなるだけです。口コミの方は40円と言っていますが、私が計算したところ、16.74円しか変わりません。

なので関西電力では年間で200円しか安くなりません。

契約事務手数料がかかる

解約違約金もかかる

ハルエネでんきでは解約するときに解約金が税込み3,780円かかります。

電気代も安くならず違約金を取られてしまうので『違約金詐欺』と言われてしまっています。

料金プラン的には電気代が高くなることはありませんが、違約金や契約手数料を含めると高くなるのは確かですね。

サポートの対応について

ハルエネでんきは対応についても不満の口コミがいくつもありました。

対応してくれた人にもよるので、賛否両論あるのは一般的です。

しかし、『対応が良かった!』という口コミは見当たらなかったので良くないのかもしれません。

営業について

ハルエネでんきの勧誘の営業についても不信感が募る口コミが多くありました。

こういった信頼できない電力がしつこく勧誘してきても断り続けましょう。


絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

ハルエネでんきの料金を従来電力と比較

ハルエネでんきは全国エリアが対象になっています。

▶北海道エリア
▶東北エリア
▶関東エリア
▶中部エリア
▶北陸エリア
▶関西エリア
▶四国エリア
▶中国エリア
▶九州エリア
▶沖縄エリア
沖縄エリアは対象外の電力も多いけどすごいね!
ネコさん
ネコさん
サル君
サル君
でも肝心なのは安さだよね!

高くはならないけど基本料金が数十円安いだけ

今回は各世帯ごとにシミュレーション比較はしません。

というのも、どのエリアでも従来電力との違いは基本料金が従来電力と40円ほど違うだけだからです。

なので、エリアにもよりますが現在の料金から15円~80円くらい安くなるとイメージした頂いた方が分かりやすいと思います。

ハルエネでんきに切り替えるメリットはありません。

東京電力エリアの料金表の例

 使用量東京電力ハルエネでんき



30A842.40円800.28円
(-42.12円)
40A1,123.20円1,067.04円
(-56.16円)
50A1,404.00円1,333.80円
(-70.2円)
60A1,684.80円1,600.56円
(-84.24円)



0~120kWh19.52円19.52円
120~300kWh26.00円26.00円
300kWh~30.02円30.02円

関西電力エリアの料金表の例

 電気使用量関西電力ハルエネでんき
最低料金0~15kWh
334.82円318.08円
(-16.74円)
従量料金15~120kWh
19.95円19.95円
120~300kWh
25.33円25.33円
300kWh~28.76円28.76円

支払い方法

支払い方法はクレジットカードと口座振替の2種類に対応しています。

請求の確認方法

ハルエネでんきのマイページから請求額や電気使用量の確認ができます。

ハルエネでんきの3つのデメリット

契約事務手数料がかかる

契約時の事務手数料3,780円(税込み)が初回請求月に請求されます。

初期費用0円で利用できる新電力がほとんどです。

サル君
サル君
いらない出費だね!

3年契約の縛りと解約違約金

ハルエネでんきは3年契約になっており、解約金が0円になるのは36ヵ月目と37ヵ月目だけ。

それ以外のタイミングだと3年以上利用していたとしても違約金3,780円(税込み)が発生します。

利用者の満足度が低い

口コミ・評判で紹介した通り、不満を持つ人が多く満足度が低いことが分かります。

ハルエネでんきよりも安くて、評判も良い安心して電気を使える新電力がおすすめです。

ハルエネでんきを申し込み・契約してしまった場合の解約方法

電気の供給開始前

ハルエネでんきにキャンセルの電話をしましょう。繋がらなくても根気よくかけ続けてください。

ハルエネでんき
受付時間:AM10:00-PM6:00(平日)
電話番号:0570-001-296

8日以内はクーリングオフする

もしも電気の供給が開始されてしまってもニチデンに申し込みして8日以内ならクーリングオフしましょう。

クーリングオフの場合はニチデンに電話がつながらなくても書面で手続きができます。

詳細は消費生活センターのホームページで確認できます。

9日以上は他の新電力に解約手続きを任せる

解約金を払ってでも他の安い新電力と契約することをおすすめします。

その際は、契約先がハルエネでんきの解約手続きをしてくれます。

まとめ

ハルエネでんきに切り替えるメリットはありません。

それどころか、契約事務手数料と解約金でマイナスになってしまいます。

Looopでんきやあしたでんきなど安くて信頼できる新電力がおすすめです。

しつこい勧誘や紛らわしい営業でグーグルや大手電力と勘違い切り替えてしまう人もいるようですが、もしも契約してしまった場合はクーリングオフをおすすめします。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

超優秀電力!Looopでんき

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くできます!

お試しでLooopでんきに切り替えるのも全然ありです!

電気料金のシミュレーション、申し込みは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*