Looopでんきと北海道電力の料金を比較!一人暮らしもどんな家庭も安くなる

今回は北海道電力とLooopでんきの比較をしてみました。

『ほくでんは電気代が高い』という口コミが多かったのですが、『Looopでんきに切り替えたら安くなった』と満足度の高い評価が数多くありました。

実際に、1人暮らしから6人以上の家庭を想定して料金のシミュレーション比較をしましたが、どんな家庭でもLooopでんきの方が電気料金が安くなりました。

特に電気を多く使う家庭では、大幅な節約が見込めます。3~4人家族なら年間約18,000円の削減になります。

ほくでん契約中の方は電気を多く使うシーズンが到来する前に早めにLooopでんきへの切り替えをおすすめします。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

Looopでんきは北海道電力エリアで1番おすすめ

先に結論をいうと北海道電力エリアならLooopでんきはNo.1のおすすめ度です。

Looopでんきのメリットとおすすめする理由は3つあります。

電気料金が安い

これから電気代のシミュレーション比較をしますが、どんなシチュエーションでも電気代が安くなります。

3~4人家族なら毎月の料金が平均で約1,500円、年間約18,000円の節約ができます。

1番大事なポイントだね
ネコさん
ネコさん
サル君
サル君
あとで計算するけど先に自宅の電気代が気になる人はシミュレーションしてみてね

シミュレーションページはこちら
Looopでんき公式サイト

評判・口コミがよく絶大な人気

Twitterなどの評判もいいですが、過去に「価格.com」が実施した電力会社人気ランキングでLooopでんきはNo.1を獲得しています。

例えば関東エリアは新電力の数がかなり多く、Looopでんきよりも安い電力も出てきていますが、それでも知名度や評判の良さ・信頼の高さからLooopでんきが選ばれます。

北海道エリアではLooopでんきよりも安くて評判の良い電力はなかなかありません。

今後、もっとお得な電力が出てくるまではLooopでんきが圧倒的におすすめです。

「見える化」が分かりやすい

Looopでんきのマイページ・アプリでは電気使用量や電気代を表やグラフで確認できます。

機能はとてもシンプルで、1日ごと、月間、年間単位にチェックできるので分かりやすくなっています。

ブレーカーが落ちにくい

北海道電力は契約アンペアによって基本料金があって、30A以上なら1,000円はしますが、Looopでんき最大60アンペアでも基本料金が0円です。

大きいアンペア数で契約しておけば同時に電気を使ってもブレーカーが落ちる心配がありません。

Looopでんきに切り替えた元北海道電力ユーザーの評判と口コミ

北海道電力からLooopでんきに切り替えた人たちの口コミやレビューを見ていきましょう。

まずはほくでんの利用者の口コミを紹介しますね。

北海道電力の電気料金は全国の中で高いですからね。節約を意識して頑張っても、なかなか安くならないことも多いようです。

Looopでんきの公式サイトのシミュレーションをしてみると、ほとんどの家庭でかなり安くなるのではないでしょうか。

料金自体が安いので節電を意識しなくても、節約できます。

また、新電力切り替えには初期費用もかからず、スマートメーターの設置工事も立ち合いはいらないので簡単に切り替えができます。

電気料金が安くなった

1番よく目にした口コミが「電気代が安くなった」という口コミです。

かなり満足度が高い様子です。

電気代が安くなり安から節電のモチベーションもアップするみたいです。

ますます電気代を安くできそうです。

一人暮らしなど電気使用量が少ないと節約額的にお得感があまり感じられないようですね。

使用量が多い家庭ほど節約額は大きくなります。

1ヵ月1,000円くらいだと、年間だと12,000円くらい安くなりそうですね。

長い目でみればかなり大きな節約になりますね。

アンペアにリミッターがないのがうれしい

時間帯によっては電気の使用が集中しますが、ブレーカーが落ちることを気にしないで電気を使えるのは大きなメリットですよね。

しかも、料金が上がることもないのも嬉しいですね。

安いだけじゃなくて使用量の内訳が分かりやすい

Looopでんきは電気代の明細や電気使用量をWebやアプリで確認します。

新電力では一般的な機能ですが、分かりやすくて節約にも繋がると評判です。

口コミを見てみると、どのくらい節電できているかチェックするのが日課になったり、ちょっとしたやりがいになっているようです。

楽しみながら節約できるのはいいですね。

では、実際に電気使用量や家庭ごとにいくら安くなるのか算出してみましょう。


絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

Looopでんきと北海道電力のプランと料金を比較

Looopでんきの料金体系は北海道電力とは全く異なり、基本料金0円、従量料金も一律単価となっていてシンプルで分かりやすくなっています。

使用量が多いほど料金が安いことがLooopでんきの特徴です。

 電気量北海道電力Looopでんき



10A341円0円
15A511円
20A682円
30A1,023円
40A1,364円
50A1,705円
60A2,046円



0~120kWh23.98円29.5円
120~280kWh30.27円
280kWh~33.99円

「基本料金0円」Looopでんきが発案ですが、現在では他の新電力でも同じ基本料金0円、一律単価の革新的アイディアで消費者にもウケもよく、何より安いので大きなメリットになっています。


▶あしたでんき(北海道エリアは対象外)
▶楽天エナジー
▶親指でんき
▶ピタでん
など

Looopでんきは最低月額料金も発生しない

最低月額料金とは、まったく電気を使わなかった場合でも必ず発生する月額料金です。

北海道電力(従量電灯B)の最低月額料金は246.24円ですが、Looopでんきは最低月額料金の設定はないので、1ヵ月まったく電気を使わなかった場合は0円です。

別荘や空き家など、1ヵ月まったく電気を使わない月があるような物件にもLooopでんきは最適です。

Looopでんきと北海道電力のシミュレーション比較

結論、Looopでんきは一人暮らしなど電気使用量が少ないに関わらず、どんな家庭でも安くなります。

比較したプラン
▶北海道電力「従量電灯B」
▶Looopでんき「おうちプラン」

比較条件
▶1人暮らし少なめ 20A 80kWh
▶1人暮らし平均  30A 240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kWh
▶5人世帯平均 50A 530kWh
▶6人世帯平均 60A 650kWh

比較結果

 Looopでんき北海道電力差額
1人
少なめ
20A 80kWh
2,360円2,600円240円/月
2,880円/年
1人平均
30A 240kWh
7,080円7,533円453円/月
5,436円/年
2人平均
30A 350kWh
10,325円11,123円798円/月
9,576円/年
3~4人平均
40A 450kWh
13,275円14,863円1,588円/月
19,056円/年
5人平均
50A 530kWh
15,635円 17,923円2,288円/月
26,712円/年
6人平均
60A 650kwh
19,175円22,343円3,168円/月
38,016円/年

電気使用量が少ないと差額は小さいですが、電気使用量が多くなるほどLooopでんきに切り替えた方が大幅に節約できます。

ちなみに、20Aだとワット数の高い電子レンジやケトル、ドライヤーなどを同時に使うとブレーカーが落ちる可能性もあるので、電気を多く使うシーズンのことも考慮すると30Aあった方が便利です。

2人暮らしの平均くらいの電気使用量の場合、年間で9,000円、三人世帯ならLooopでんきが1万円お得です。

4人家族だと、平均の電気使用量だと年間で2万円近い差でLooopでんきが安い電気代になります。

6人以上の家族やおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に住んでいる場合など人数が多い場合もほくでんに圧倒的な差をつけています。

ほくでん契約中の方にはLooopでんきに切り替えることをおすすめします。

これだけ節約できたら乗り換えがいがあるね!
ネコさん
ネコさん

Looopでんきの電気料金シミュレーションページはこちら
Looopでんき公式サイト

北海道電力からLooopでんきに乗り換えた場合のデメリットと違い

申し込み前には、北海道電力からLooopでんきに切り替えた際のかわることやデメリットも知っておきましょう。

デメリットといっても電気を利用する上ではまったく問題ないようなことも念のため挙げています。

支払い方法が1通り

Looopでんきでは料金の支払いがクレジットカード払いのみです。

北海道電力では『クレジットカード』『口座振替』『振込票』の3つの方法から選べたので、選択肢がないことはデメリット。

※電気料金の引き落とし日は各クレジットカード会社ごとに違います

検針票が発行されない

Looopでんきでは検針票が郵送してくれるサービスはなく、請求や電気使用量はWEBやアプリで確認することになります。

Looopでんきだからというデメリットではなく新電力には珍しくないことですが、北海道電力と比較すると支払い方法の少なさや紙での内訳明細の発行がないのは不便かもしれません。

グラフや表で1ヵ月単位、1日単位など細かく電気使用量を確認できるので分かりやすいと評判ですが、紙の検針票の方が親しみがあるとは思いますが慣れてしまえばあまりデメリットではないでしょう。

領収書の発行もないので、必要な方は請求ページをコピーして代用しましょう。

セット割やポイントサービスなどの特典がない

Looopでんきにはセット割やポイントサービスがありません。

ガスやネットとのセット割引などがあるとよりお得に感じると思いますが、セット割なしでもLooopでんきの方が安いです。

ポイントや割引がなくても安いことがLooopでんきのいいところ。ただ、人によっては物足りないと感じるかもしれません。

料金プランがほくでんより少ない

Looopでんきには、『動力プラン』や仮想通貨マイナー向けの『マイニングフラット』プランもありますが、一般家庭向けのプランは『おうちプラン』のみ。

一方、北海道電力はLooopでんきと比較するとプランが6つもあって充実しています。

しかし、実際に料金を比較するとLooopでんきの方が安いケースがほとんどです。

つまり、Looopでんきはプランはどんな家庭でも安くなるということがいえます。

これから北海道電力の料金プランとLooopでんきをざっくり比較したいと思います。

従量電灯

おうちプランと電気料金の比較してきた、以前からある基本的な一般家庭向けのプランです。

シミュレーションの通り、Looopでんきの方が圧倒的に安くなります。

エネとくLプラン

毎月の電気料金が14,000円以上、毎月の電気使用量が400kWh以上といった電気使用量が多い家庭向けのプランです。

従来の「従量電灯」と比べてお得なのか、Looopでんきに切り替えるよりプランを変更する方がお得なのかシミュレーションしますね。

40A、450kWhの電気使用量の場合
Looopでんき=13,275円
▶従量電灯=14,183円
▶エネとくLプラン=14,150円

「エネとくLプラン」よりもLooopでんきが1番安い結果となりました。

エネとくMプラン

「エネとくMプラン」は「エネとくLプラン」よりも電気使用量が少ない家庭向けのプランです。

毎月の電気料金が8,000円~14,000円、電気使用量が250kWh~400kWhが目安です。

こちらもシミュレーションしてみると以下のようになります。

40A、300kWhの電気使用量の場合
Looopでんき=8,850円
▶従量電灯=9,764円
▶エネとくMプラン=9,315円

こちらの場合もLooopでんきが1番安い結果です。

「エネとくMプラン」は従量電灯よりもお得ですが、Looopでんきに乗り換える方が電気代は安くなりますね。

Web・eプラス

毎月の電気使用量、電気代をwebで確認する「Web料金お知らせサービス」に加入することで毎月-300円値引きが受けられます。

「従量電灯B」と基本料金、従量料金は同じですが、契約アンペア数は30A~です。

また、支払い方法はクレジットカード払いか口座振替に限ります。

毎月300円の値引きがあっても、二人暮らし平均以上の電気使用量ならLooopでんきの方が安くなります。

プランを切り替えるよりもLooopでんきに乗り換える方が電気代はお得です。

エネとくシーズンプラス

エアコンを持っているか、これから設置予定の場合、11月~2月末の冬期間以外の電力量料金が割安になります。

エアコン割引としてエアコンの台数・容量に関わらず毎月-300円割引になります。

eタイム3プラス

オール電化向けのプランで、1日の時間帯を3つに分けて料金が設定されています。

また、ヒートポンプ式給湯機や家庭用の電気式ロードヒーティングを使う場合には、「暖房融雪割引」で12月~3月の冬期間の電力量料金が10%割引です。

プランの対象者:以下の電化機器を持っていること

▶ヒートポンプ式給湯機(エコキュートなど)
▶ヒートポンプ式暖房機(温水暖房・エアコンなど)
▶家庭用の電気式ロードヒーティング

これらがデメリットだったとしても、総じてLooopでんきはおすすめできる新電力です。

サル君
サル君
北海道エリアの人には本当にLooopでんきがおすすめだよ!

絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

Looopでんきへ切り替える方法と北海道電力の解約手続き

北海道電力の解約金と解約方法

北海道電力を解約しても違約金は発生しません。

また、Looopでんきに申し込みをするとLooopでんきが解約手続きをしてくれるので、そのままLooopでんきの申し込みをして大丈夫です。

※Looopでんきだけでなく、他の新電力へ切り替える場合でも解約の連絡はいりません。

ちなみに、Looopでんきもいつ解約しても違約金は0円です。また、切り替え時も初期費用はかかりません。

Looopでんき申し込みの流れ

Looopでんきの申し込みはwebからしか対応していません。

パソコンを触るのが苦手な方には億劫かもしれませんが、申し込み手続きは5分もあれば完了するとても簡単なので心配ありません。

1.Looopでんき公式サイトから申し込みをする (契約者の情報、支払い方法の入力など)
>>Looopでんき申し込みページはこちら   

2.マイページ・ハガキで供給開始日の連絡が来る(申し込みから約1週間後)

3.スマートメーターの設置工事(申し込みから約2週間後)

4.電気供給開始

実際にLooopでんきを利用開始するまで、申し込みから2週間もかからない場合もあるようです。

申し込み時に必要なもの

検針票とクレジットカードを用意してください。

▶お客様番号
▶供給地点特定番号(22桁の番号)
※検針票にお客様番号、供給地特定番号が書いてあります

▶クレジットカード(支払い登録のため)
※Looopでんきの支払い方法はクレジットカードのみです

キャンペーンコードやプロモーションコード、紹介事業者コードなどを持っている場合は、申し込み時に入力が必要です。

Looopでんきの支払いできるクレジットカード

▶ VISA
▶ Mastercard
▶ American Express
▶ DinersClub
▶ JCB

※デビットカードは登録できません

スマートメーターの設置工事について

スマートメーターは電力使用量が遠隔でもわかる高機能の通信機能を持ったメーターです。

スマートメーターの設置工事は基本的には停電にならず、立ち合いもいりません。

状況によっては20分ほどの停電工事になったり、立ち合いをお願いされることもあります。

マンションやアパートなど集合住宅の申し込み

マンションやアパートなど集合住宅の場合でもLooopでんきとの契約はできます。

しかし、建物全体で一括受電契約しているマンションなどの場合は個人で契約はできません。

マンションの電力の管理について確認の上、Looopでんきを申し込みしてください。

引っ越しと同時にLooopでんきに申し込みする場合

引っ越し先で初めてLooopでんきを利用したい場合、引っ越し先が戸建てでも集合住宅でも新築だと申し込みはできません。

従来電力や新築の申し込みに対応している新電力と契約後、Looopでんきに切り替え・申し込みしてください。

※供給地点特定番号が分からない場合はコンタクトセンターに電話してください。

Looopでんきを申し込み後のキャンセルもOK

Looopでんきに申し込み後にキャンセルしたいといった場合でもキャンセル可能です。

Looopでんきコンタクトセンターに連絡してください。

Looopでんきコンタクトセンター
受付時間:AM9:00-PM20:00(年中無休)
TEL:0120-707-454

アンペア数の変更は申し込み前に完了してください

Looopでんきでは契約開始後に契約アンペアの変更ができません。

契約後に屋内にあるアンペアブレーカーの撤去して、容量を最大限にまで変更することはできます。

しかし、実際に上限値まで利用できる保証はできないそうです。

Looopでんき申し込み前に契約アンペアを変更しておくことをおすすめします。

まとめ

北海道電力とLooopでんきではどの世帯でも電気使用量でもLooopでんきの電気代の方が安くなります。

二人世帯の平均の電気使用量くらいから年間で1万円近くの節約になります。

Looopでんきを契約して、もし解約したくなっても費用はかからないので、安心してください。

ほくでんを契約中で電気料金が高いと感じている方はLooopでんきに切り替えてみてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

Looopでんきについてまとめた記事を見たい方はこちら
>>>Looopでんきの評判や料金、申し込みキャンペーン、他社と比較したデメリットは?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*