Looopでんきの評判・口コミから分かる料金と満足度の高いサービスの質を解説

Looopでんきの評判・口コミ、悪評価・不満を元にサービスの質と電気料金、ガスセット割、などの安さを徹底調査しました。

結論、Looopでんきは1番おすすめの電力会社です。

電気代も安いですが、それ以上の価値を利用者が感じていることが評判・口コミから伝わってくるからです。

一方で、電気代が高いという不満も見つかったので、高くなるケースやデメリット・注意点も解説しています。

ぜひ参考してください。

※燃料費調整額は毎月変動するため、電気料金の試算結果には含まれていません。
詳細は各社ホームページでご確認お願いいたします。

Looopでんきは顧客満足度の高いサービスの質が特徴

Looopでんきは色んなのサイトでもおすすめされる電力会社です。

当サイトがLooopでんきを強くおすすめ理由は、利用者の満足が高いから。

電力会社によっては後悔する口コミも多く見られます。

Looopでんきの1番の強みは、ランキング1位を獲得するなどサービス開始からずっと顧客満足度が高いこと。

電気代が安くなるだけでなく、ユーザーがお得になるイベントやアンケートに参加するとAmazonギフト券がもらえるなどの還元もあります。

トップのお得さと言えることは間違いありません。

Looopでんきの評判・口コミが良い5つのメリット

Looopでんき利用者の評判・口コミから満足度が高いサービス内容と選ばれる理由を見てきましょう。

1.電気代が安い

安くなったという口コミはとても多いです。

電気の使い方を変えずに、切り替えだけで電気代が安くなるのは嬉しいですね。

そして、1番気になるのは実際に契約している人が本当に安くなったのか?いくら変わったのか?

世帯別に節約額が分かる口コミを集めたので参考にしてください。

一人暮らしに新電力は高いと言われることも多いですが、実際には安くなる人も多くいます。

『二人暮らし』と明記された口コミは少なかったのですが、節約できたようです。

ただし、一口に二人暮らしと言っても2人とも通勤なのか、在宅ワークなのか、ペットもいるのか、など使用量は大きく異なります。

使用量が多いほど安くなるのがLooopでんきの特徴ですが、少ない場合でも大きめのアンペアがいい家庭はLooopでんきがおすすめです。

毎月1,500円~2,000円、年間で約18,000円もの電気代の削減になったようです。

口コミの通り、環境にもよりますが電気の使い方を変えずにそこまで安くなるのなら満足でしょう。

世帯人数は不明でしたが、大家族ということで、節約額がかなり大きいです。

電気代だけで年間で40,000円近く浮いたようです。

エリア・世帯別!電気料金の比較結果

Looopでんきの一般家庭向けプランは『おうちプラン』の1種類のみです。

使用量が多いほどお得になります。

一人暮らしなど使用量が少ない場合、東北・関西・中国・四国エリアは高くなりやすいので注意してください。

それでは、いくら安くなるのかエリアごとのシミュレーション結果をみていきましょう。

電気使用量
▶1人暮らし少なめ 30A 100kWh
▶1人暮らし多め~2人暮らし共働き 30A  240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kwh

使用量北海道電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
3,421円2,950円421円/月
5,652円/年
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
7,533円7,080円453円/月
5,436円/年
2人世帯
30A
350kWh
11,123円10,325円798円/月
9,576円/年
3~4人世帯
40A
450kWh
14,863円13,275円1,588円/月
19,056円/年

北海道エリアではLooopでんきが1番おすすめです。

これほど安くなる電力はあまりありませんので、早めの切り替えをおすすめします。

北海道限定プラン『再エネどんどん割』もおすすめ!メリットとデメリット

『再エネどんどん割』は北海道限定プランでLooopでんきを使い続けるほど、毎年単価が安くなるプランです。

12ヶ月ごとに0.5円ずつ割引され、20年後には10円も単価が安くなります。

12ヶ月間連続で請求後は、途中でお引越しして再契約した際や、他のプランに変更して再エネどんどん割に戻した際も過去のどんどん割を引き継いでくれます。

どんどん割S
(家庭用プラン)
基本料金単価
初年度0円32円/kWh
2年目31.5円/kWh
3年目31円/kWh
5年目30円/kWh
10年目27.5円/kWh
20年以降22円/kWh

デメリットは初年度は『おうちプラン』よりも単価が高いこと。

『おうちプラン』より安くなるのは3年目から。3年目の単価も『おうちプラン』の方が安いですが、燃料調整額などが『おうちプラン』の方が高いためだそうです。

長期的に使わなければお得にならないので注意してください。

とはいえ、北海道電力と比較すれば安いので長期的に使う家庭におすすめです。

例:4人家族で40A 450kWh使用した場合
初年度:14,400円
3年後:13,950円
10年後:12,375円
20年後:9,900円

使用量東北電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,848円2,640円208円/月
2,496円/年
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
6,259円6,336円77円/月
924円/年
2人暮らし
30A
350kWh
9,243円9,240円3円/月
36円/年

3~4人家族
40A
450kWh
12,501円11,880円621円/月
7,452円/年

使用量が多いとお得ですが、少ないと高くなってしまう場合もあるようなので注意しましょう。

使用量東京電力Looopでんき差額
1人暮らし
在宅少なめ
30A
100kWh
2,846円2,640円
2,472円/年
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
6,421円6,336円1,020円/年
2人暮らし
30A
350kWh
9,538円9,240円3,576円/年
3~4人家族
40A
450kWh
12,881円11,880円12,012円/年

電気使用量中部電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,965円2,640円325円/月
3,900円/年
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
6,451円6,336円115円/月
1,380円/年
2人暮らし
30A
350kWh
9,408円9,240円168円/月
2,016円/年
3~4人家族
40A
450kWh
12,543円11,880円663円/月
7,956円/年

使用量北陸電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,511円2,130円381円/月
4,572円/年
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
5,476円5,112円364円/月
4,368円/年
2人暮らし
30A
350kWh
7,953円7,455円498円/月
5,976円/年
3~4人家族
40A
450kWh
10,540円9,585円955円/月
11,460円/年

使用量関西電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,068円2,240円172円/月
2,064円/年
1人暮らし
在宅多め
240kWh
5,570円5,376円194円/月
2,328円/年
2人暮らし
350kWh
8,583円7,840円743円/月
8,916円/年
3~4人家族
450kWh
11,512円10,080円1,432円/月
17,184円/年

使用量中国電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,104円2,440円336円/月
4,032円/年
1人暮らし
在宅多め
240kWh
5,816円5,856円40円/月
480円/年
2人暮らし
350kWh
8,944円8,540円440円/月
4,848円/年
3~4人家族
450kWh
11,903円10,980円923円/月
11,076円/年

使用量四国電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,224円2,440円216円/月
2,592円/年
1人暮らし
在宅多め
240kWh
5,870円5,856円14円/月
168円/年
2人暮らし
350kWh
9,014円8,540円474円/月
5,688円/年
3~4人家族
450kWh
12,064円10,980円1,084円/月
13,008円/年

電気使用量九州電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A 100kWh
2,637円2,340円297円/月
3,564円/年
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
5,753円5,616円137円/月
1,644円/年
2人暮らし
30A
350kWh
8,440円8,190円250円/月
3,000円/年
3~4人暮らし
40A
450kWh
11,343円10,530円813円/月
9,756円/年

使用量沖縄電力Looopでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,467円2,700円233円/月
2,796円/年

1人暮らし
在宅多め
240kWh
6,345円6,480円135円/月
1,620円/年
2人世帯
350kWh
9,578円9,450円128円/月
1,536円/年
3~4人世帯
450kWh
12,625円12,150円475円/月
5,700円/年

使用量が多い家庭はLooopでんきが安いですが、少なめだと必ず安くなる『シン・エナジー』がお得です。

\自宅使用量での試算はこちら/

オール電化も満足の安さ

オール電化の『スマートタイムプラン』もユーザーからの評判が良かったです。

オール電化のプランがある他社新電力と比較してもLooopでんきは料金への満足度が高いといえます。

2.基本料金が0円、一律単価の分かりやすい料金プラン

Looopでんきの『おうちプラン』はシンプルで分かりやすい料金になっています。

それが良いという口コミも多くありました。

【Looopでんき『おうちプラン』の料金一覧】

Looopでんき基本料金従量料金
北海道0円29.5円
東北26.4円
関東26.4円
中部26.4円
北陸21.3円
関西22.4円
中国24.4円
四国24.4円
九州23.4円
沖縄27.0円

ブレーカーを気にせず電気が使える

基本料金0円のメリットの一つは、どれだけ一度にたくさんの電気を使ってもブレーカーが落ちないことです。

家を空ける方や別荘にも最適

また、基本料金や最低料金がなく、使った分だけが請求されるので自宅にあまりいない人や別荘、空き家にも最適です。

3.電気+ガスセットだとさらに安い

関東エリアのみ対象ですが、電気とガスをLooopでんきでセットにすることができます。

さらに嬉しいのはセット割で電気単価が安くなるメリットがあります。

26.4円/kWh ⇒ 26円

Looopでんき+Looopガスでまとめた場合の料金

Looopでんきでの都市ガスは、128円/㎥と安めですが、基本料金が1,000円になっています。

以下の比較では一人暮らしの方もトータルで安くなっていますが、ガス代だけで見ると少し高めなので注意してください。

 Looopでんき東京ガス
1人暮らし
電気
(割引適用)
2,600円2,821円
ガス
2,280円2,212円
合計4,880円5,033円
2人暮らし電気
(割引適用)
9,100円9,106円
ガス
3,560円3,665円
合計12,660円12,771円
3~4人暮らし電気
(割引適用)
11,700円12,112円
ガス
4,840円4,969円
合計16,540円17,081円
≪電気使用量≫
▶1人暮らし(朝晩しか家にいない人) 30A 100kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A450kWh

≪ガス使用量≫
▶1人暮らし平均 10㎥
▶2人暮らし平均 20㎥
▶3人~4人世帯平均 30㎥

さらに他の新電力と比較してみましょう。

以下は3~4人家族の平均使用量で他の電力のガスセットと比較した結果です。

3~4人家族
平均
電気
40A450kwh
ガス
30㎥
割引合計
Looopでんき
Looopガス
11,700円4,840円電気単価が
26.4円⇒26円
16,540円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
11,879円4,770円0円16,649円
CDエナジー
ベーシックでんき
ベーシックガス
11,985円4,818円電気ガス
0.5%割引
16,718円
東京ガス電気
東京ガス
12,112円4,969円電気
0.5%引き
17,081円
東電
東電ガス
12,877円4,820円-100円17,597円

表ではエルピオでんきが1番安いですが50Aや60AにするとLooopでんきの方が安くなります。

4.契約後は簡単にお得になるキャンペーンイベントがある

Looopでんきは、電気代が安いだけでなくさらにお得になるチャンスが年に数回あります。

しかも簡単でお得になりやすいという点がポイントです。

シン・エナジーも利用者イベントがありますが、抽選なので参加しやすいですが実際にもらえる確率は小さいのがデメリット。

Looopでんきは口コミを見ると、少額だけど多くの人がお得になって喜んでいます。

契約ユーザーのみんなが『契約して良かった』と思えるチャンスが多いのはLooopでんき位だと思います。


契約後にもユーザーが喜ぶイベントを用意してくれるのは『使ってて良かったな』と思いますよね。

5.解約金0円で費用がかかるリスクもない

Looopでんきは解約手数料や違約金はありません。

縛りもないので気軽に切り替えられることもメリット。

おまけ:無料電気のトラブルサポート

関東限定で無料の電気のトラブルサポートがあります。

いざという時に便利なサービスです。

あまり使う機会もないのか、それについての口コミは見つかりませんでした。

Looopでんきの悪評から分かるデメリットと注意点

Looopでんきで評価の悪かった口コミや不満についてです。

不満を防ぐための解決策や注意点もご紹介するので、参考にしてくださいね。

1.一人暮らしには高いという意見もある

一人暮らしでも安くなったという口コミは多いですが、高いという人もいます。

特に20Aなど低い契約アンペアで間に合う人は従来電力の方が安くなりやすい傾向があります。

また、東北・関西・中国・四国エリアは高くなりやすいので、合わないなと思ったら確実に安い『シン・エナジー』をおすすめします。

2.ポイントサービスや特典がない

Looopでんきでは毎月ポイントが貯まるなどのサービスはありません。

毎月の電気代のカード払いによるポイント獲得はできますが、通常よりもたくさんポイントを貯めたい人には物足りないかもしれません。

3.ブレーカーが落ちた!最大60アンペアまで使えるはずでは?

Looopでんきはブレーカーを気にせずに一度にたくさんの電気を使えるということ大きなメリットの1つです。

しかし、実際に利用開始してみたらブレーカーが落ちてしまうという不満の口コミがいくつか見られました。

その場合、ブレーカーの最大アンペアを変更する必要があります。

申し込み後にLooopでんきに対応をお願いしましょう。

4.支払い方法がクレジットカードのみ

Looopでんきは支払い方法に口座振替がありません。

カードが持てない人や口座振替希望を人にはデメリットとなっています。

Looopでんきのキャンペーン情報

Looopでんき公式サイトでは定期的にAmazonギフト券やQUOカード等がもらえるキャンペーンを実施しています。

2021年12月1日現在は、キャンペーンお休みになっています。

前回は引っ越し者を対象にキャンペーンを実施していました。参考までにのせておきますね。

【特典内容】
Amazonギフト券3,000円

【キャンペーン期間】
~2021年11月17日

【条件】
▶引っ越し後の新居で2021年12月31日までLooopでんきの供給を開始すること
▶マイページから手続きすること

【特典受け取り方法】
2022年3月末までに登録メールアドレスにコードタイプのAmazonギフト券が送付されます。

Looopでんきのキャンペーンコード

申し込みの際にキャンペーンコードの入力欄がありますが、キャンペーンコードの発行はしていません。

度々Looopでんきに確認しているので、発行が確認できた場合にはお知らせしますね。

公式サイト以外のキャンペーンと注意点

キャンペーンで気を付けてほしいのはキャンペーン適用の条件や注意事項をよく確認すること。

では、代理店や比較サイトのキャンペーンは公式サイトと何が違うのか。

主な違いは2つ。

▶特典内容
▶受け取り条件

お得な特典である代わりに条件の難易度が少しあがることが注意事項。

『価格コム』と『エネチェンジ』『ポイントサイト』のキャンペーンの特徴を簡単に表にしました。

提供元キャンペーン内容受け取り手続き
エネチェンジ6,100円分
Amazonギフト券
8ヶ月後に自分で手続き
価格コム4,000円~6,000円分
Amazonギフト券
※エリアで違う
特になし
ポイントサイトサイトによって
1,000~3,500円分
特になし

口コミでもよく見る『価格コム』と『エネチェンジ』の注意点を詳しく見ていきましょう。

『価格コム』のキャンペーンの注意点

『6,000円だと思ったのに4,000円だった』『エネチェンジから申し込めばよかった』という口コミもありました。

キャンペーン内容にはよく注意して下さいね。

≪Amazonギフト券の内容≫
Amazonギフト券
関東エリア:6,000円分
沖縄エリア:対象外
上記以外のエリア:4,000円分

≪条件≫
・価格コムから申し込みして3ヵ月以内に供給開始すること

≪受け取りまでの流れ≫
初回の電気代を支払いしてから1ヵ月~2ヵ月後にLooopでんきからメールでギフト券が届きます。

『エネチェンジ』のキャンペーンの注意点

『エネチェンジ』のキャンペーンの注意点は2つ。

1.縛りが長くなる
2.特典の受け取りが遅い&手続きが必要

公式サイトや価格コムでもキャンペーンを利用する条件には『1ヵ月以内に解約しないこと』などがありますが、エネチェンジ経由だと縛りが1番長くなります。

また、Looopでんきは沖縄県も対象ですが、沖縄エリアの方がエネチェンジから申し込みをしても特典は受け取れません。

特典の案内が来るのは約9ヵ月後。

きちんと覚えている人ならいいですが、忘れてしまったり、メールを見逃してしまった場合はキャンペーンはなくなります。

そういったリスクにも注意が必要です。

Looopでんきの申し込み方法

申し込みから電気の利用開始までの流れは以下のようになっています。

利用までの流れ
申し込み ⇒ スマートメーターの設置 ⇒ 利用開始

契約中の電力会社への解約手続きはLooopでんきが行ってくれるので、このまま申し込みして大丈夫です。

また、スマートメーターの設置は基本的には立ち合い不要ですが、メーターの設置場所によっては立ち合いをお願いされることもあります。

申し込み手続きは検針票があれば簡単に手続きは終わります。

必要なもの
▶供給地点特定番号(22ケタ)
▶契約中の電力会社の名義・お客様番号
▶契約種別
▶クレジットカード

まとめ

Looopでんきは、強くおすすめできる新電力です。

電気料金も安いのでちゃんと節約もできますし、信頼も厚いので安心して利用できます。

Looopでんきは契約期間に縛りもなく解約金も発生しないので、試してみることをおすすめします。

\口コミで話題の新電力/
『CDエナジー』

1.豊富なプラン!
電気をたくさん使う家族向けの「ファミリーでんき」、一人暮らし向けの「シングルでんき」!
大人気の新電力◎

2.ガスもセットでお得!
セットで割引になります。
毎月貯まるポイントは、電気代の支払いや他のポイントとの交換も可能!

初期費用0円!解約金は原則なし。(一部プランを除く)

電力切り替えは次回検針日です!
早めの申し込みをおすすめします!

コメントを残す

*