Looopガスの評判と料金比較!Looopでんきセット割のまとめる注意点

この記事ではLooopでんきが販売しているLooopガスについてまとめています。

サービス対象のエリアならLooopでんき+ガスも一緒に切り替えるとセット割で1番お得になります。

電気料金だけでなくガス料金も安いので、固定費削減にはピッタリ。

電気の単価が安くなる割引なので、電気使用量が多い家庭におすすめです。


Looopガスとのセット割のメリットは電気単価の割引

Looopガスとセットで契約することで、電気の単価が安くなるということが大きなメリットです。

【割引内容】
26.4円⇒26.0円

あしたでんきに並ぶ最安水準の単価になります。

ガス料金が高かったら意味がないですが、Looopでんきは電気とガスの両方が安いことが大きな強みです。

Looopでんき+ガスの提供エリア

Looopガスを契約できるのは以下の家庭です。

▶Looopでんきもセットで契約すること
▶関東エリアであること
(ご自宅がエリア内かこちらから確認できます)

2021年現在、Looopガスの提供エリアは関東エリアのみです。

また、Looopガスのみの契約はできません。

Looopでんき+ガスセットはまとめたい人にはおすすめ

Looopでんき+ガスがおすすめの家庭は、ガス使用量が10㎥以上の世帯です。

まずはLooopガスの料金を確認しましょう。

Looopガスでは分かりにくいので、東京ガスの都市ガス料金を比較で見ていきますね。

 使用量東京ガス
(基準料金)
Looopガス
基本料金~10㎥759円1,000円
10~80㎥1,056円
従量料金~10㎥145.31円128円
10~80㎥130.46円

比較してみると、10㎥までの基本料金だけ東京ガスより高くなっています。

一人暮らしや10㎥以下の使用量が少ない家庭は注意しましょう。

ちなみに一人暮らしの方の都市ガスの使用量は10㎥位と言われているので微妙なラインです。

二人暮らしの場合は10~15㎥、冬場だと20㎥以上に家庭もあるようです。

2人以上の家庭なら東京ガスよりもLooopガスの方がお得と言えるでしょう。

さらに他の電力と電気+ガスの料金比較をしてみましょう。

電気+ガスセットの料金比較

今回の比較は以下の2つのケースで比較しています。

▶一人暮らし(在宅少なめ)
電気:30A 100kwh
ガス:10㎥

▶3~4人家族
電気:40A 450kwh
ガス:30㎥

一人暮らし
在宅少なめ
電気
30A100kwh
ガス
10㎥
割引合計
CDエナジー
シングルでんき
ベーシックガス
2,746円2,143円0.5%割引き4,864円
Looopでんき
Looopガス
2,600円2,280円電気単価
26.4円⇒26円
4,880円
東電
東電ガス
2,848円2,145円-102円引き4,891円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
2,846円2,123円0円4,969円
東京ガス電気
東京ガス
2,821円2,212円電気代
0.5%オフ済み
5,033円
エルピオでんき
エルピオ都市ガス
2,972円2,226円-100円引き5,098円

3~4人家族
平均
電気
40A450kwh
ガス
30㎥
割引合計
エルピオでんき
エルピオ都市ガス
11,360円4,735円-100円15,995円
Looopでんき
Looopガス
11,700円4,840円電気単価が
26.4円⇒26円
16,540円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
11,879円4,770円0円16,649円
CDエナジー
ベーシックでんき
ベーシックガス
11,985円4,818円0.5%割引16,718円
東京ガス電気
東京ガス
12,112円4,969円0.5%引き17,081円
東電
東電ガス
12,877円4,820円-100円17,597円

   

Looopでんき+ガスのセット割の特徴は単価割引。一方、他の電力+ガスのセット割は割引額が固定です。

つまり、Looopでんきは電気使用量が多い家庭ほど割引が多くなる特徴があります。

電気とガスのトータルで見るとどちらも2番目に安いですが、ガス代や電気代など単独で見ると、Looopでんきでまとめるよりそれぞれ安い会社と契約する方が安くできます。

まとめない方が安くなることも覚えておきましょう。

ただし、電気の使用量が多めの家庭は表の結果以上にお得になる可能性もあります。


圧倒的ブランド力と安さが人気!
『Looopでんき』


満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多めの家庭は、年間3万円以上も節約できる可能性も...!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなくトップです。

関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!
また、いざという時の電気のトラブルも無料で対応してくれます。(関東限定)

電気もガスも両方安いのがLooopでんきの強みです!

少しでも損したくない人はお早めに!

Loooガス利用者の評判・口コミ

実際にある契約者の口コミを見ていくよ!
ネコさん
ネコさん

安いという口コミが多い

一人暮らしには高い可能性もある

一人暮らしではガスとセットでLooopでんきを契約するのは高いとの意見もあります。

理由は基本料金が1,000円だからです。

東京ガスの基本料金は10㎥~が1,056円なので10㎥以下の家庭は要注意しましょう。

Looopガスのキャンペーン情報

2021年9月はLooopでんきとLooopガスのキャンペーンはありません。

過去のキャンペーンでは、Looopでんきをすでに契約している人が、Looopガス単体を申し込みした場合は対象外でした。

実施されているキャンペーンはLooopでんき単体もしくは電気とガスのセット申し込み者対象の特典となっています。

比較サイト『エネチェンジ』からLooopでんき契約中の人がLooopガス単体を申し込みした場合、何か特典はあるのか?を問い合わせました。

しかし、キャンペーンコードの特典対象にはならないということでした。

理由はLooopでんきのマイページ上での申し込みになるから。他の代理店も同じでしょう。

おすすめの申し込みする窓口は公式サイト

Looopでんきの申し込みは公式サイトが1番おすすめです。

電力比較サイト『エネチェンジ』は料金を比較するツールとしては、非常に便利でおすすめですが、1つデメリットがあります。

それは、キャンペーンの条件です。

最低利用期間が公式サイトのキャンペーンよりも長く、縛られている感が若干あるかもしれません。

『使ってみて良かったら続けたい かつ お得に申し込みしたい 』という人は特に公式サイトが安心して申し込みできると思います。

Looopでんき・Looopガスを申し込む前に覚えておくこと

電気もガスも品質が落ちることはないので、安心して節約できる会社に切り替えてください。

Looopでんき・ガスを申し込み前には覚えておくと便利なことが2つあるので確認しましょう。

違約金や解約の発生はない

契約期間は1年間とされていますが、電気もガスもいつ解約しても違約金は0円です。

初期費用や手間はかからない

切り替えにあたって費用は無料です。

また、基本的には工事や立ち合いはありませんが、ガスの新規の申し込みの場合は立ち合いの開栓をお願いされます。

まとめ

Looopガスは一人暮らしなど使用量が少ないと割高になってしまいますが、2人以上の家庭なら東京ガスよりもお得になります。

Looopでんきを検討中の場合、ガスも一緒に切り替える方がお得に申し込みできます。

Looopでんき利用者の評判は高いですが、万が一、解約しても違約金は0円なので安心して契約をしてくださいね。

格安料金とキャンペーンが超お得『エルピオでんき』

3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなるのが『エルピオでんき』。

当サイトでも大人気です。
最大2万円超お得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

ガスの申し込みでさらに1万円キャッシュバックにガスの基本料金3ヵ月無料も追加!!

【エルピオでんきの人気の理由】
▶超格安料金!
▶高額キャンペーンがダントツでお得!
▶格安ガスもセットで毎月100円割引
▶初期費用無料
▶解約金も0円で縛りなし
▶利用者の満足度も高い

電気料金のシミュレーションや開催中のキャンペーン詳細は以下のボタンからご確認いただけます。


公式サイト

コメントを残す

*