エルピオ都市ガスとENEOS都市ガスを比較!料金やサービスの違いは?


エルピオ都市ガスもENEOS都市ガスも最安水準だけど、どっちと契約するのがお得なの?

と気になる人も多いでしょう。

どちらも評判や満足度が高く、人気なのでおすすめできるガス会社です。

エルピオは申し込みキャンペーンや料金に力を入れていますが、ENEOSは安さだけでなく、ポイントやガソリン値引きなど契約中の特典が強みです。

この記事では、そんなエルピオ都市ガスとENEOS都市ガスのサービスの違いを比較しています。

特に詳しく比較したのは以下の2つ。

・ガス料金の比較
・電気+ガスの合計料金の比較

迷っている方はぜひ参考にしてください。

エルピオ都市ガスとENEOS都市ガスの特徴を比較

エルピオ都市ガスとENEOS都市ガスの主な特徴を比較しました↓

 エルピオ都市ガスENEOS都市ガス
供給エリア東京地区
+東邦(株)
東京地区
初期費用0円0円
解約金0円0円
支払方法クレジットカード
/ 口座振替
クレジットカード
/ 口座振替
公式サイトの
申込キャンペーン
常時開催
期間限定
電気とのセット割毎月100円割引なし
ポイントの付与なしあり

どちらも初期費用なしです。無料で申し込みできます。

また、解約時も違約金の発生はないので、リスクなく契約できるのも嬉しいですね。

2021年8月31日まではENEOS都市ガスもキャンペーン実施しているので、どちらもお得に申し込みできます。

内容は1ヵ月最大1,000円の値引きを3ヵ月間で、最大3,000円割引のキャンペーン。

一方、エルピオ都市ガスは1万円キャッシュバック+基本料金無料のダブル特典なので、高額キャンペーンなのはエルピオ都市ガスと言えます。



格安料金と高額キャンペーンで人気!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
10月31日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

【エルピオでんきのお得ポイント】
1.最安水準の料金の安さ
2.いつでもお得な高額キャンペーン
3.解約金がないのでリスクなく申し込みできる
4.全エリア対応!無料の駆け付けサービス付き
業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)
関東圏では電気・ガスのセット契約が新電力の中でも1番安くなります。
利用者の口コミでも『キャンペーン』と『安さ』については高く評価されています。

料金を最安にしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

エルピオ都市ガスとENEOS都市ガス、おすすめはどっち?

どちらをおすすめするかはガスの利用状況によって違います。

使用量だけでなく、電気・ガスをセットでまとめるのかどうかも影響します。

2つのパターンから、どちらを選ぶか参考にしてくださいね。

ガス単独で契約する場合

一人暮らし~二人暮らしは『ENEOS都市ガス』、3人以上の家族世帯は『エルピオ都市ガス』が安くなります。

その場合の電気の組み合わせは『シン・エナジー』がおすすめです。

『エルピオ都市ガス』を選択する場合、せっかくなら『エルピオでんき』も申し込みした方がお得です。

電気代も最安水準ですし、セット割あるからです。

サル君
サル君
この後、電気+ガスの料金の比較もするので、チェックしてみてね!

電気+ガスをセットにしてまとめる場合

一人暮らしは『ENEOS都市ガス』+『ENEOSでんき』がおすすめです。

二人暮らし、家族世帯は『エルピオ都市ガス』+『エルピオでんき』をおすすめします。

二人暮らしの場合、どちらも在宅時間が短い共働きもENEOSでまとめる方がお安くなるかもしれません。

エルピオ都市ガス、ENEOS都市ガスの料金比較

エルピオ都市ガスとレモンガスの料金を比較してみましょう。

※今回は200㎥までにしています。
それ以上の料金については公式サイトをご覧ください。

ガス使用量料金エルピオガス
スタンダード
ENEOSガス
標準プラン
~20㎥基本975円728.64円
1㎥につき125.11円139.49円
20.1~80㎥基本1,015円1,013.76円
1㎥につき124円125.23円
80.1㎥~200㎥基本1,234円1,182.72円
1㎥につき123円123.12円

全体的に1㎥あたりの単価はエルピオ都市ガスの方が安くなっています。

しかし、基本料金が安いのはENEOS都市ガスです。

特に、二人暮らしの平均のガス使用量と言われている20㎥までの基本料金は、エルピオ都市ガスが高めになっています。

この差がどうなるのかシミュレーション比較をしてみましょう。

実際に計算してみるよ
ネコさん
ネコさん

世帯別にガス代を比較

以下の条件でガス代のシュミレーションをしました。

【ガス使用量】
▶一人暮らし 10㎥
▶二人暮らし 20㎥
▶3人~4人家族 30㎥

結果:ガス代のみ

 エルピオガス
スタンダード
ENEOSガス
標準プラン
1人暮らし
10㎥
2,226円2,123円
2人暮らし
20㎥
3,518円3,477円
3~4人暮らし
30㎥
4,735円4,770円

1番差が大きいのは一人暮らしの場合です。

二人暮らしや家族世帯では、数十円の差ですが、期間が長くなると金額が大きくなります。

少しでも節約したい人は安い方を選択しましょう。

電気・ガスをセットでまとめる場合の合計料金

電気とガスを一緒に契約する場合の合計も計算しました。

エルピオは電気+ガスでまとめるとセット割で毎月の電気代から100円割引になるメリットがあります。

算出した電気代は割引を適用した料金になっています。

比較条件は以下の通りです。

【ガス使用量】
▶一人暮らし 10㎥
▶二人暮らし 20㎥
▶3人~4人家族 30㎥

【電気使用量】
▶1人暮らし(在宅少なめ) 30A 100kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kwh

結果:電気+ガス代

 エルピオENEOS
1人暮らし
電気
(割引適用)
2,872円2,846円
ガス
2,226円2,123円
合計5,098円4,969円
2人暮らし電気
(割引適用)
8,729円8,971円
ガス
3,518円3,477円
合計12,247円12,448円
3~4人暮らし電気
(割引適用)
11,260円11,879円
ガス
4,735円4,770円
合計15,995円16,649円

ガス単独で見れば大きな差はありませんでしたが、電気も一緒にすると金額に差が出ます。

一般家庭ではガスより電気を使う割合の方が多いため、使用量が多い家庭ほど電気代が安い方が節約に繋がります。

ポイントを貯めたい人は、エルピオ都市ガスよりENEOS都市ガス!

ENEOSの大きな魅力は特典が豊富なこと。

ガソリン代の値引きなどもあります。

また、提携カードは非常に多く、通常より多くポイントを貯めることができます。

最安じゃなくても良いから比較的節約できて、ポイントも貯めたいという人は、ENEOSの方をおすすめします。

ご自身の満足度が高そうなガス会社と契約しましょう。

以下は、貯められるポイントです。

▶Tポイント
200円=1pt

▶ANAカード
200円=1マイル

▶エポスカード
2倍

▶dカード
最大1.5倍

▶楽天カード
最大1.5倍

▶セゾンカード、セゾンカード・プラス
2倍

▶ビューカード
2倍

▶TS CUBICカード
1.5倍

▶レクサスカード
1.5倍
※ゴールド・プラチナカードなら通常の4倍です

▶エムアイカード
2倍
ゴールドカードは通常通り、100円=1ポイント

まとめ

ガス単独なら2人暮らしまではENEOS都市ガスが安く、家族世帯はエルピオ都市ガスが安くなります。

せっかくなら電気・ガスでお得にまとめたいという人は、2人暮らし以上はエルピオでんき+エルピオ都市ガスがおすすめです。

ENEOSでまとめてもセット割引きはありませんが、ポイントがたくさん貯まるメリットはあります。

最安まで求めない人はENEOSでまとめても十分お得になります。

コメントを残す

*