myでんきの評判・口コミは?おすすめするほど安い料金ではありません


この記事では『myでんき』の評判・口コミ、電気代のシミュレーション比較、料金プラン、解約金、デメリットなどをまとめています。

結論をいうと、myでんきはおすすめしません。

従来電力よりは安くなりますが、もっと安くてお得な新電力は他にもあります。

また、超魅力的な特典やキャンペーンがあるわけでもありません。

ぜひ参考にしてみてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

myでんき利用者の評判と口コミ

サル君
サル君
myでんき利用者は料金やサービスについて、どんなことを感じているのか見てみよう

料金について

myでんきの電気代が『安くなった』という口コミがある一方で、『他のもっと安い電力に切り替えた』という人もいます。

エルピオでんきは格安でんきと言われるほど安く、利用者の評判や満足度も高いのでかなりおすすめです。

さらに新電力の中でも超お得な申し込みキャンペーンも実施しているので、ぜひ公式サイトでシミュレーションしてみてください。

使用量、料金の『見える化』について

キャンペーンについて

myでんきではキャンペーンは実施されていません。

キャンペーンがないことは他の電力にもあることで特に珍しいことではありませんが、キャッシュバックなどの特典がある方が魅力的ですね。

ちなみに、ENEOSでんきを運営しているJXTGエネルギーとmyでんきの東燃ゼネラル石油が合併したことで、二つは同じ系列の電力会社となりました。

なので、ENEOSでんきとmyでんきを比較して考える人も多いようです。

とはいえ、電力のサービスはまったく違います。


▶対応エリア
▶料金プラン
▶セット割やポイントなどの利用特典
▶解約金
など

myでんきは高い!料金プランとシミュレーション比較

myでんきの供給エリアは以下の3つ。

▶東京電力エリア
▶関西電力エリア
▶中部電力エリア

関西・中部エリアは標準プランの1種類だけですが、東京電力エリア標準プランを含め3つのプランがあります。

⇓ 確認したい方は以下のボタンをクリックしたら見れます。⇓

▶標準プラン
スタンダードなプラン

▶たっぷりプラン
電気使用量多めの家庭向けのプラン。使用量が増えるごと1kWhごとの従量料金が割安になります。

▶まとめてプラン
電気使用量多めの家庭向けのプラン。たっぷりプランと違うのは、定額制であること。
300kWh・400kWh・500kWhの3つのプランがあり、それぞれの決まった量を超えた場合は、さらに1kWhにつき従量料金が発生します。
使用量によっては割高になる可能性もあるため、注意しましょう。

myでんきと従来電力との料金比較

myでんきは既存の大手電力会社と比較すれば安いのですが、myでんきを推すほどの安さではありません。

では実際に比較してみましょう。

≪比較条件≫
▶1人暮らし少なめ 100kWh(朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし平均  240kWh
▶2人暮らし平均  350kWh
▶3人~4人世帯平均 450kWh

⇓ 比較結果を見たいエリアをクリックすると見られるようになっています。⇓

使用量myでんき東京電力差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
標準プラン2,702円2,794円92円/月
1,104円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
標準プラン6,094円6,304円210円/月
2,520円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
標準プラン9,054円9,365円311円/月
3,732円/年
たっぷりプラン9,095円270円/月
3,240円/年
まとめてプラン8,670円695円/月
8,340円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
標準プラン11,976円12,648円672円/月
8,064円/年
たっぷりプラン11,838円810円/月
9,720円/年
まとめてプラン11,863円785円/月
9,420円/年

使用量関西電力myでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,030円2,010円20円/月
240円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,469円5,292円177円/月
2,124円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,426円8,073円353円/月
4,236円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,302円10,748円554円/月
6,648円/年

使用量中部電力myでんき差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,910円2,889円21円/月
252円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,333円6,217円116円/月
1,392円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,236円9,018円218円/月
2,616円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,414円11,914円500円/月
6,000円/年

myでんきよりも安いおすすめ新電力の例

myでんきは従来電力よりも確かに安いですが、他の電力の方がもっと大幅に節約できます。

例えば『Looopでんき』『あしたでんき』。

3~4人家族で関東エリアならmyでんきよりもさらに年間で5,000円~8,000円、中部エリアなら5,000円、関西エリアなら約14,000円も大幅に家計費削減になります。

myでんきはおすすめするほど安いとは言えません。

以下の記事も参考にしてみてください。


絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

myでんきの申し込み方法と基本情報

myでんき申し込みから利用開始までは以下のような流れになります。

申し込み

スマートメーターの設置工事
(すでに設置済みの方は不要)

電気の供給開始

申し込みをすると、myでんきが契約中の電力への解約手続きを行ってくれるのでご自身での手続きはしなくて大丈夫です。

申し込み方法

WEBの申し込みフォームから申し込みします。

必要なもの
▶支払い用のカードまた、振替口座のわかるもの
▶検針票
お客様番号、契約種別、供給地点特定番号(22桁の番号)など

※支払い方法はクレジットカード払いあるいは口座振替の2通りです。

マンションやアパートの場合

マンションやアパートでも申し込みは可能です。

ただし、一括受電契約をしている建物は個人での契約はできません。

スマートメーターの設置工事について

基本的には立ち合い不要の無停電工事になりますが、エリアなどのよっては15分ほどの停電を伴うこともあります。

請求・料金の確認方法

myでんきのマイページから電気使用量や請求を確認します。

紙での領収書・請求書の発行には対応していません。

解約金は0円

myでんきは1年契約としていますが、いつ解約しても違約金は発生しません。

myでんきの問い合わせ先

分からない点や確認しておきたいことがあれば以下の窓口に問い合わせましょう。

TEL:0120-505-607
時間:月~土 AM9:00-PM5:20

まとめ

myでんきはおすすめするほどの安さや特典はありません。

Looopでんきやあしたでんきの方が圧倒的に安くなりますし、利用者の満足度も高いのでおすすめです。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

【まとめて比較】新電力・プランが決まらない方へ!

迷っている方に1番おすすめなのは『Looopでんき』です。
理由は、『安い』『いつ解約しても解約金無料』『評判・満足度が高い』から。
(公式サイト:https://looopdenki.com)

しかし、いくつもの電力会社を同時に比較したいという方におすすめなのがネット代理店で比較もできる『エネチェンジ』です。

エネチェンジのサイトではお住いの地域と電気の使用状況を入力すると料金のシミュレーションを行い、電力会社の料金プランや節約額を比較し、ランキング形式でみることができます。

【エネチェンジでできること】
▶エネチェンジ限定キャンペーンでお得になるチャンス!
▶知識が豊富な専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心!

じっくり電力会社を検討したい方は、以下の窓口からシミュレーションをして最適な新電力を決めるのもおすすめです。


安いプランを探す

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*