@niftyでんき評判・口コミで判明した2つのデメリットと解約時の注意点

ニフティ電気の評判・口コミ、料金のシミュレーション比較、解約手続きの注意点、光回線やスマホとのセット割引などをまとめています。

結論、ニフティでんきはおすすめしません。

電気代はあまり安くならず、毎月電気料金とは別途で@nifty基本料金も(250円)かかるので結果的には高いです。

しかも他の電力に切り替えても会員IDの解約申請をしなければ、@nifty基本料金は請求され続けるので損するリスクもあります。

おすすめの新電力も紹介しているので、ぜひ参考してくださいね。

@nifthyでんきをおすすめしない2つのデメリット

ニフティでんきをおすすめしない2つの理由は以下の通り。

1.他の新電力の方が安い
2.解約時にも支払いが発生するリスクがが多く口コミも悪い

ネット上の評判・口コミを見ると、安いとの口コミもありますが、私が実際に試算して他の新電力と比較すると安くはありませんでした。

料金の口コミ以上に多いのが解約後も支払い続けていたことへの不満や怒りのコメントでした。

優良な電力に切り替えれば、初期費用・解約金・手数料もありませんし、純粋に電気代が安くなります。

このサイトの記事を読んでくれている皆様には、簡単でリスクなく節約できる電力会社をおすすめしているので、ニフティでんきはおすすめしません。

@niftyでんきの評判・口コミ

[word_balloon id=”unset” position=”L” size=”S” balloon=”talk” name_position=”under_avatar” name=”サル君” radius=”false” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”false” src=”http://lamp-genie.com/wp-content/uploads/2019/04/abusan.png” avatar_hide=”false” box_center=”false”]実際の口コミを紹介していくよ!
[/word_balloon]

安いという口コミもあるが、他社に切り替えるとさらに安くなった

ニフティでんきが安いという口コミもチラホラありました。

しかし、ニフティでんきから切り替えたらかなり安くなったとの口コミもありました。

解約後もID料金の支払いが続いていたことへの不満

電力の切り替えの際は、新しく契約する電力に申し込みすると切り替え先が解約手続きなどを行ってくれます。

その際、ニフティでんきでは会員IDの解約手続きを同時に行ってくれず、解約の翌月以降に自身でIDの解約申請をする必要があります。

人によっては知らなかったり、忘れていて解約後も請求されてしまうケースも多く、不満の口コミが非常に多かったです。

電話で伝えたのに支払いがあった人もいるので、明確な確認をおすすめします。

セット割引きが終了して料金が高くなった

2019年3月以降はネット回線や格安スマホ、ガスなどとのセット割がなくなったのでニフティでサービスをまとめても安くなりません。

請求をまとめることが目的の方は問題ありませんが、料金重視の方にはメリットがなくなったので注意してください。

@niftyでんきの料金シミュレーション比較

ニフティでんきの料金プランは1種類です。

120kWhまでの使用量では大手電力と同じ料金になっているので電気使用量が少ない一人暮らしだとお得ではありません。

電気使用量が多いほど大手電力より安いですが、他の新電力と比較するとあまり安くはありません。

しかもニフティでんきは会員IDに@nifty基本料金250円が毎月かかります。

安さを求めるならニフティでんきはおすすめしません。

≪比較条件≫
▶1人暮らし少なめ 100kWh (仕事で朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし平均  240kWh
▶2人暮らし平均  350kWh
▶3人~4人世帯平均 450kwh

 北海道電力niftyでんき差額
1人少なめ
30A
100kWh
3,421円3,421円0円/月
0円/年
1人平均
30A
240kWh
7,533円7,335円198円/月
2,376円/年
2人平均
30A
350kWh
11,123円10,604円519円/月
6,228円/年
3~4人平均
40A
450kWh
14,863円13,980円883円/月
10,596円/年

使用量東北電力niftyでんき差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,848円2,848円0円/月
0円/年
1人
平均
30A
240kWh
6,259円6,229円30円/月
360円/年
2人
平均
30A
350kWh
9,243円9,164円79円/月
948円/年
3~4人
平均
40A
450kWh
12,501円12,354円147円/月
1,764円/年

 東京電力niftyでんき差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,846円2,846円0円/月
0円/年
1人平均
30A
240kWh
6,421円6,292円
129円/月
1,548円/年
2人平均
30A
350kWh
9,538円9,137円401円/月
4,812円/年
3~4人平均
40A
450kWh
12,881円12,063円818円/月
9,816円/年

 中部電力niftyでんき差額
1人少なめ
30A
100kWh
2,965円2,965円0円/月
0円/年
1人平均
30A
240kWh
6,451円6,356円95円/月
1,140円/年
2人平均
30A
350kWh
9,408円9,100円308円/月
3,696円/年
3~4人平均
40A
450kWh
12,543円11,905円638円/月
7,656円/年

使用量北陸電力niftyでんき差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,511円2,511円0円/月
0円/年
1人
平均
30A
240kWh
5,476円5,416円60円/月
720円/年
2人
平均
30A
350kWh
7,953円7,755円198円/月
2,376円/年
3~4人
平均
40A
450kWh
10,540円10,126円414円/月
4,968円/年

 関西電力niftyでんき差額
1人
少なめ
100kWh
2,068円2,068円0円/月
0円/年
1人平均
240kWh
5,570円5,407円163円/月
1,956円/年
2人平均
350kWh
8,583円8,172円411円/月
4,932円/年
3人~4人
平均
450kWh
11,512円10,769円743円/月
8,916円/年

電気使用量四国電力niftyでんき差額
1人
少なめ
100kWh
2,224円2,224円0円/月
0円/年
1人
平均
240kWh
5,870円5,809円61円/月
732円/年
2人
平均
350kWh
9,014円8,824円190円/月
2,280円/年
3~4人
平均
450kWh
12,064円11,676円388円/月
4,656円/年

電気使用量中国電力niftyでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,104円2,104円0円/月
0円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,816円5,754円62円/月
744円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,944円8,768円178円/月
2,112円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,903円11,562円341円/月
4,092円/年

電気使用量九州電力niftyでんき差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,637円2,637円0円/月
0円/年
1人
平均
30A
240kWh
5,753円5,692円61円/月
732円/年
2人
平均
30A
350kWh
8,440円8,211円229円/月
2,748円/年
3~4人
平均
40A
450kWh
11,343円10,840円503円/月
6,036円/年

ニフティでんき解約時の注意事項

ニフティでんきを解約しても違約金は発生しません。

ただし、『電気のみ契約する場合は@nifty基本料金250円/月(税別)をセットで契約する必要があります』と公式サイトには書かれています。

つまり、@niftyのIDの費用になります。

インターネット回線など電気以外にもニフティのサービスをすでに利用している人は、すでにIDがあるはずなので新しく取得する必要はありません。

ニフティでんきが、初めてニフティのサービスになる人は電気料金の他にIDの費用が毎月かかってしまうデメリットがあります。

また、口コミによると、ニフティでんきから他の電力会社に切り替えた際、放っておくと月額250円は支払い続けていたとの不満も多く、注意を呼びかける口コミもありました。

これを防ぐためには@nifty IDの解約手続きが必要です。

ただし、手続きが可能になるのは、niftyでんきの廃止した日の翌月1日13時以降。

IDの解約手続きが必要になることを覚えておきましょう。

@niftyでんきよりも安くておすすめの電力会社

ニフティでんき以外のおすすめの電力会社もいくつかご紹介します。

評判や口コミ、料金などサービス全体をみて決めているので安心して、ご自身の生活状況と重要視しているポイントで決めてくださいね。

【安さと信頼】料金・サービス満足度なら『Looopでんき』

『Looopでんき』は安いだけでなく、利用者へのサービスが高く評価されている点がおすすめポイントです。

定期的にAmazonギフト券がもらえるイベントやアンケートで利用者を喜ぶ口コミが多く、『選んで良かった』と満足度の高さが特徴。

関西・中国・四国エリアの一人暮らしは高くなるケースがあるので注意が必要ですが、強くおすすめできる新電力です。

また、関東圏なら電気のトラブルサポート付きで、ガスとのセット契約でさらに安くすることも可能です。

【安さ重視】一人暮らしなら『シン・エナジー』or『あしたでんき』

『あしたでんき』のメリットは基本料金0円で電気代は使った分だけであること。

最大アンペアまでブレーカーを気にせず電気を使えることも長所です。

デメリットは対象エリアが、東北・関東・中部・関西・中国・九州電力エリアのみという点。

『シン・エナジー』の場合は北海道以外が対象エリアで、従来電力より確実に安い料金設定であること。

また、毎月の電気代でJALマイルも貯まります。

私は『あしたでんき』は対象外なこともあって、確実に安くポイントも貯まる『シン・エナジー』を契約中です。

北陸・九州電力エリアに限っては『エルピオでんき』が最安でおすすめです。

一人暮らしで電気・ガスまとめるなら『CDエナジーダイレクト』

一人暮らしでまとめるなら『CDエナジー』が1番おすすめです。

電気は東京電力より安く、ガスは東京ガスより安いので必ず安くできます。

さらに、毎月の電気代でポイントが貯まりますし、違約金もないので気軽に切替できます。

キャンペーンの開催も多いのでお得に申し込みもできます。

まとめ

ニフティでんきは他の電力と比べて安くありません。

また、ニフティの他のサービスとのセット割もなく、他の電力に切り替えてもIDの解約申請を忘れると支払い続けるリスクもあります。

あえてニフティでんきと契約するメリットはないでしょう。


\口コミで話題の新電力/
『CDエナジー』

1.新電力トップクラスの安さ!
電気を使うほどお得な「ファミリーでんき」、一人暮らしも確実に安い「シングルでんき」など大人気の新電力◎

2.ガス料金も安い!
東京ガスより安いガス料金+セット割でさらにお得!!
毎月貯まるポイントは、電気代の支払いや他のポイントとの交換も可能!

初期費用0円!いつでも無料で解約できます!

電力切り替えは次回検針日です!
早めの申し込みをおすすめします!

コメントを残す

*