楽天でんきは一人暮らしには高い!改悪後は他の電力をおすすめする理由

この記事では『一人暮らしで楽天でんきはお得なるのか』についてまとめています。

楽天でんきは2021年5月31日でSPU(スーパーポイントアップ)キャンペーンが終了し、6月1日以降よりの対象外となります。

以前までは、『ポイント還元率』が大きくなることも楽天でんきのメリットでしたが、2021年6月以降は『ポイント払い』することのみが楽天でんきのメリットです。

楽天でんきの一人暮らしに関する口コミ、使用量別の料金のシミュレーション、ポイント還元分も算出しています。

※楽天ポイントの還元率の高さは、楽天モバイル、楽天市場をよく利用するヘビーユーザーなのかやカードランクの高さで変わってきます。

料金面で考慮すると他の電力の方がメリットがありそうですが、評判や料金シミュレーションを参考にしてみてください。



どんな家庭も安く、マイルも貯まる!
『シン・エナジー』


【お得ポイント!】
◎全家庭が大手電力より確実に安くなる!
◎毎月JALマイルが貯まる!
◎初期費用・解約金0円!縛りもなし!
◎時間帯に合わせて安いプランもある!
◎利用者の口コミや満足度も高い!


他の新電力で高くなりやすい一人暮らし、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなります!

また、お昼に電気を使う家庭は『昼生活フィットプラン』、夜中心なら『夜生活フィットプラン』にすると、さらにお得な料金になります。

さらに電気代200円ごとにJALマイルが貯まります!

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、安心して契約できる点もメリットです。

電気は毎日使うものなので、1日でも早い申し込みがお得です!

楽天でんきが一人暮らしでお得になる人、損する人とは?

そもそも楽天でんきのメリットは何なのかということを考えてみましょう。

楽天でんきは電気使用量が多いほどお得になる料金プランになっています。

また、楽天ポイントは電気代200円ごとに1ポイントと楽天カードによる支払い100円ごとに1ポイントのダブルで貯めることができます。

しかし、楽天でんきは、改悪によってSPU(スーパーポイントアップ)対象外になってことで、ポイントが通常より貯まる要素が減ってしまいました。

そうなると、電気代ごとにもらえるポイント分を考慮しても他の電力の方が安くなります。

残ったメリットは電気代をポイント払いできるということのみ。

楽天ポイントの消費が追いつかない人には楽天でんきでお得ですが、そうでない人は他の電力をおすすめします。

ちなみに、楽天でんきは30A以上が対象なので、20A以下は契約できません。

20Aで間に合う人が楽天でんきにすると損してしまうので注意しましょう。

具体的に料金比較していくよ
ネコさん
ネコさん

一人暮らしの電気料金シミュレーション比較

今回は240kWhを平均電気使用量として、5つのパターンで電気使用量を比較しました。

従来電力で20Aで間に合っていた人は楽天でんきに切り替えると高くなってしまう可能性が高いです。

楽天でんきで契約できるアンペアは30A以上で、電気使用量が増えるほどお得になります。

電気使用量がかなり少ない一人暮らし、ブレーカーも落ちたりしない人は切り替えない方がいいでしょう。

電気使用量:20A 120kWhの場合

※取得ポイントは電気料金200円=1ptとクレジットカード払い100円=1ptの両方を合算しています

 電気使用量従来電力楽天でんき
(取得ポイント)
北海道電力エリア20A
120kWh
3,559円3,600円
(54pt)
東北電力エリア2,889円3,180円
(46pt)
東京電力エリア2,957円3,180円
(46pt)
中部電力エリア3,100円3,180円
(46pt)
北陸電力エリア2,626円2,640円
(39pt)
関西電力エリア2,474円2,700円
(40pt)
中国電力エリア2,520円2,940円
(43pt)
四国電力エリア2,631円2,940円
(43pt)
九州電力エリア2,689円2,820円
(42pt)
沖縄電力エリア2,926円3,240円
(48pt)

≪楽天でんきの方が安いエリア≫
なし

≪楽天でんきだと高いエリア≫
全エリア

電気使用量:30A 120kWhの場合

半分以上のエリアで楽天でんきが安くなりますが、割高なエリアもあります。

※取得ポイントは電気料金200円=1ptとクレジットカード払い100円=1ptの両方を合算しています

 電気使用量従来電力楽天でんき
(取得ポイント)
北海道電力エリア30A
120kWh
3,900円3,600円
(54pt)
東北電力エリア3,219円3,180円
(46pt)
東京電力エリア3,243円3,180円
(46pt)
中部電力エリア3,386円3,180円
(46pt)
北陸電力エリア2,868円2,640円
(39pt)
関西電力エリア2,474円2,700円
(40pt)
中国電力エリア2,520円2,880円
(42pt)
四国電力エリア2,631円2,940円

(43pt)
九州電力エリア2,986円2,820円
(42pt)
沖縄電力エリア2,926円3,240円
(48pt)

≪楽天でんきの方が安いエリア≫
▶北海道電力エリア
▶東北電力エリア
▶東京電力エリア
▶中部電力エリア
▶北陸電力エリア
▶九州電力エリア

≪楽天でんきだと高いエリア≫
▶関西電力エリア
▶中国電力エリア
▶四国電力エリア
▶沖縄電力エリア

電気使用量:30A 180kWhの場合

ポイント還元分を考慮すれば楽天でんきの方がお得になるエリアもありますが、それでも高いエリアもあります。

※取得ポイントは電気料金200円=1ptとクレジットカード払い100円=1ptの両方を合算しています

 電気使用量従来電力楽天でんき
(取得ポイント)
北海道電力エリア30A
180kWh
5,716円5,400円
(81pt)
東北電力エリア4,739円4,770円
(70pt)
東京電力エリア4,832円4,770円
(70pt)
中部電力エリア4,918円4,770円
(70pt)
北陸電力エリア4,172円3,960円
(58pt)
関西電力エリア4,022円4,050円
(60pt)
中国電力エリア4,168円4,410円
(66pt)
四国電力エリア4,251円4,410円
(66pt)
九州電力エリア4,369円4,140円
(64pt)
沖縄電力エリア4,921円4,860円
(72pt)

≪楽天でんきの方が安いエリア≫
▶北海道電力エリア
▶東京電力エリア
▶中部電力エリア
▶北陸電力エリア
▶関西電力エリア
▶九州電力エリア

≪楽天でんきだと高いエリア≫
▶東北電力エリア
▶中国電力エリア
▶四国電力エリア
▶沖縄電力エリア

電気使用量:30A 240kWhの場合

ほとんどエリアで楽天でんきの方が安いですが、東北エリアと沖縄エリアのみポイント還元分を含めてもわずかに従来電力の方が安い結果となりました。

数円~数十円の差なら気にしない人ならいいですが、1円でも安くしたい人は注意しましょう。

※取得ポイントは電気料金200円=1ptとクレジットカード払い100円=1ptの両方を合算しています

 電気使用量従来電力楽天でんき
(取得ポイント)
北海道電力エリア30A
240kWh
7,533円7,200円
(108pt)
東北電力エリア6,259円6,360円
(94pt)
東京電力エリア6,421円6,360円
(94pt)
中部電力エリア6,451円6,360円
(94pt)
北陸電力エリア5,476円5,280円
(78pt)
関西電力エリア5,570円5,400円
(81pt)
中国電力エリア5,816円5,880円
(87pt)
四国電力エリア5,870円5,880円
(87pt)
九州電力エリア5,753円5,640円
(84pt)
沖縄電力エリア6,345円6,480円
(96pt)

≪楽天でんきの方が安いエリア≫
▶北海道電力エリア
▶東京電力エリア
▶中部電力エリア
▶北陸電力エリア
▶関西電力エリア
▶中国電力エリア
▶九州電力エリア

≪楽天でんきだと高いエリア≫
▶東北電力エリア
▶四国電力エリア
▶沖縄電力エリア

電気使用量:40A 350kWhの場合

楽天でんきは電気使用量が多いほどお得になる特徴があります。

今回の比較では全エリアで楽天でんきが安い結果となっています。

※取得ポイントは電気料金200円=1ptとクレジットカード払い100円=1ptの両方を合算しています

 電気使用量従来電力楽天でんき
(取得ポイント)
北海道電力エリア40A
350kWh
11,464円10,500円
(157pt)
東北電力エリア9,573円9,275円
(138pt)
東京電力エリア9,824円9,275円
(138pt)
中部電力エリア9,694円9,275円
(138pt)
北陸電力エリア8,195円7,700円
(115pt)
関西電力エリア8,583円7,875円
(117pt)
中国電力エリア8,944円8,575円
(127pt)
四国電力エリア9,014円8,575円
(127pt)
九州電力エリア8,737円8,225円
(123pt)
沖縄電力エリア9,578円9,450円
(141pt)

≪楽天でんきの方が安いエリア≫
全てのエリア

≪楽天でんきだと高いエリア≫
なし

Sponsored Links

楽天でんきで一人暮らしに関する評判・口コミ

楽天でんきの大きな魅力は楽天ポイントです。

楽天でんきユーザーの評判・口コミを早速見ていきましょう。

電気料金は安くはない

楽天でんきの料金そのものは安くありません。

それでもポイントサービスが大きな魅力でした。

SPU対象外で解約する人も多い

改悪によって2021年6月1日以降はSPUの対象外になったことで乗り換えるユーザーも多いようでした。

ポイント払いできるのがメリット

SPUが対象外になってもポイント払いと電気使用量分のポイントはもらえるようです。

ただし、200円=1ポイントなのでポイントなしでも他の電力の方が安くなります。

つまりメリットはポイント払いできるということのみです。


利用者の口コミが超優秀!
『あしたでんき』


60アンペアまで基本料金0円、従量料金は一律!トップクラスの安さがウリです!

初期費用や解約金・縛りもなく、使う電気の質も変わりません。
5分の手続きだけで電気代が安くなります!

【利用者の口コミ】
★安い(1番多い)
★特典やポイント付与がなくても安いから満足
★基本料金無料だから最大の60Aにしたらブレーカーの心配がない
★ネット手続きだけなので面倒ではない
★シンプルで分かりやすい
★東電の子会社なので安心感、信頼感がある
★解約金がない点も申し込みやすい
他の新電力を契約後、やっぱり安さを取って『あしたでんき』を選ぶ人も多くいますが、最初から『あしたでんき』を契約することをおすすめします。

電気をたくさん使うシーズンなので早めに!

楽天でんきよりおすすめ!一人暮らし向きの安い電力会社

楽天ヘビーユーザー以外には、楽天でんきはおすすめしません

楽天のヘビーユーザーや楽天カードのランクが高い人など、還元率が通常より高い人ならポイント分でお得になる可能性があります。

しかし、通常の還元率ならポイント還元分を考慮しても他の電力の方がお得になります。

楽天でんきよりも安い電力は結構たくさんあります。

『あしたでんき』か『Looopでんき』は、どちらも楽天でんきのように基本料金0円で一律料金になっていますが、楽天でんきよりも単価が安くなっています。

評判や口コミの良さを重視する人には『Looopでんき』、1円でも安い方が良ければ『あしたでんき』がおすすめです。

私の場合は、電気使用量が少なめでも必ず安い『シン・エナジー』を利用しています。JALマイルも貯まるのでおすすめです。

まずはご自身の楽天ポイント還元率を確認の上、『楽天でんき』かその他の電力かを判断してみてください。

【一人暮らしにおすすめの安い電力】
シン・エナジー
あしたでんき
Looopでんき
HTBエナジー
リミックスでんき

まとめ

電気代だけで言えば楽天でんきは一人暮らしには高いです。

楽天ポイントで料金の支払いができるという点では喜ぶユーザーもいますが、家計費そのものを安くするなら他の電力がおすすめです。

どんな家庭にも安くなる『シン・エナジー』

電気代が割高になりやすい1人暮らしや2人暮らしなど、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなるのが『シン・エナジー』!

電気をたくさん使う時間に合わせて単価が安くなる『昼生活フィットプラン』『夜生活フィットプラン』もあります。

さらに毎月、電気代200円ごとにJALマイルが貯まる嬉しいサービス付きです。

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、信頼して契約できる点もメリット。

しかも解約金も0円なので、損するリスクもありません。


公式サイト

コメントを残す

*