サニックスでんきの評判は?料金シミュレーションで分かったデメリットなど

この記事ではサニックスでんきの料金プランとシミュレーション比較、評判・口コミ、キャンペーン情報、デメリットなどをまとめています。

サニックスでんきの料金は一部のエリアでは他の電力の方が安いですが、その他のエリアではかなり安いといえます。

ただし、セット契約による割引やポイントサービスなどの特典はなく、評判・口コミも少ないです。

安くなれば気にしないという方にはおすすめします。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




窓口限定キャンペーンでお得に申し込み!
『エネチェンジ』


『エネチェンジは』は代理店で、サイトではお住いの地域と電気の使用状況をもとに料金のシミュレーションをすると、自動で電力会社の料金プランや節約額を一括見積比較し、ランキング形式で安い電力を教えてくれます。

また、知識が豊富な専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心して電力切り替えができます。

そして、大きなメリットは、エネチェンジ限定のキャンペーンで通常よりもお得に申し込みできること!

キャンペーンコードを問い合わせてゲットすればさらに、特典が上乗せのチャンス!!
使用量が増える冬前の切替完了がおすすめです!

\お得なキャンペーン実施中/

サニックスでんきはエリアによっては安い

サニックスでんきはシロアリなどの害虫や害獣の駆除・防除の事業を展開する『サニックス』(旧:三洋消毒)が運営する電力です。

サニックスでんきはかなり安くなるエリアもある一方で、他の電力の方が安いエリアもあります。

≪おすすめのエリア≫
▶東京電力エリア
▶中国電力エリア
▶四国電力エリア
▶九州電力エリア

≪おすすめしないエリア≫
▶関西電力エリア
▶中部電力エリア

サル君
サル君
料金をシミュレーションしながら詳しくみていくよ

サニックスでんきの料金シミュレーション比較

どのエリアでも電気使用量が少ない一人暮らしだと割高の可能性が高く、使用量が多いほどお得になります。

ただし、おすすめしない関西・中部エリアは定額制の料金プランになっており、300kWh以下の使用量だと損してしまいます。

また、単価も他のエリアと比較するとそこまで安くないので、300kWh以上の家庭でももっと節約できる『Looopでんき』や『あしたでんき』をおすすめします。

≪比較条件≫
▶1人暮らし少なめ 100kWh (仕事で朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし平均  240kWh
▶2人暮らし平均  350kWh
▶3人~4人世帯平均 450kwh

東京電力エリアのプラン名はサニックステラセーバーとなっています。

 東京電力サニックスでんき差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,846円3,251円
405円/月
4,860円/年
1人平均
30A
240kWh
6,421円6,502円81円/月
972円/年
2人平均
30A
350kWh
9,538円9,056円482円/月
5,784円/年
3~4人平均
40A
450kWh
12,881円11,378円1,503円/月
18,036円/年

電気使用量が多いとお得になりますが、一人暮らしだと割高になります。

特に3~4人家族の試算結果を見ると、東京電力エリアだとかなり安い部類に入ります。

ただし、あまり電気を使わないと割高なので注意しましょう。

中部電力エリアは300kWhまで定額の『ここまで定額プラン』です。

アンペア
中部電力サニックスでんき
10A286円126.5円
20A572円253円
30A858円379.5円
40A1,144円506円
50A1,430円632.5円
60A1,716円759円
0~120kWhまで21.07円定額
7,822円
120~300kWhまで25.54円
300kWh~28.49円26.07円

 中部電力サニックスでんき差額
1人少なめ
30A
100kWh
2,965円8,201円5,236円/月
62,832円/年
1人平均
30A
240kWh
6,451円8,201円1,750円/月
21,000円/年
2人平均
30A
350kWh
9,408円9,505円97円/月
1,164円/年
3~4人平均
40A
450kWh
12,543円12,238円305円/月
3,660円/年

3~4人以上の世帯でないと切り替えても損になります。

また、300kWh以上の家庭ならお得そうですが、さらに節約できる電力もいくつかあるのでサニックスでんきはおすすめしません。

▶Looopでんき
▶あしたでんき
▶親指でんき
▶エルピオでんき
▶楽天でんき
など

関西電力エリアは300kWhまで定額の『ここまで定額プラン』になります。

 電気使用量関西電力サニックスでんき
最低料金0~15kWh
341.02円定額
7,028円
従量料金15~120kWh
20.32円
120~300kWh
25.8円
300kWh~29.29円22.46円
 関西電力サニックスでんき差額
1人
少なめ
100kWh
2,068円7,028円4,960円/月
59,520円/年
1人平均
240kWh
5,570円7,028円1,458円/月
17,496円/年
2人平均
350kWh
8,583円8,151円
432円/月
5,184円/年
3人~4人
平均
450kWh
11,512円10,397円1,115円/月
13,380円/年

関西電力と比較すると300kWh以上の家庭ならお得そうですが、さらに節約できる電力もいくつかあるのでサニックスでんきはおすすめしません。

▶Looopでんき
▶あしたでんき
▶親指でんき
▶エルピオでんき
▶楽天でんき
など

中国電力エリアは『サニックステラセーバー』プランで、電気使用量が多いとかなり安い結果になりました。

一人暮らしは他の電力にしましょう。

電気使用量中国電力サニックスでんき差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,104円2,423円319円/月
3,828円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,816円5,630円186円/月
2,232円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,944円8,150円794円/月
9,528円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,903円10,441円1,462円/月
17,544円/年

四国電力エリアの料金プランは『サニックステラセーバー』です。

使用量が多ければかなり安いですが、少ないと割高になります。

電気使用量四国電力サニックスでんき差額
1人
少なめ
100kWh
2,224円2,467円243円/月
2,916円/年
1人
平均
240kWh
5,870円5,674円196円/月
2,352円/年
2人
平均
350kWh
9,014円8,194円
820円/月
9,840円/年
3~4人
平均
450kWh
12,064円10,485円
1,579円/月
18,948円/年

九州電力エリアは他のエリアと違ってプランが2種類あります。

▶サニックステラセーバー
⇒標準プラン

▶ブルース応援プラン
⇒電気使用量1kWhにつき1円を宗像サニックスブルース支援に充てられます

特にブルースにこだわりがなければ、サニックステラセーバープランが安くておすすめです。

他の電力と比較しても安い電気代といえます。

≪サニックステラセーバー≫

電気使用量九州電力サニックス
テラセーバー
差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,637円2,752円115円/月
1,380円/年
1人
平均
30A
240kWh
5,753円5,603円150円/月
1,800円/年
2人
平均
30A
350kWh
8,440円7,844円
596円/月
7,152円/年
3~4人
平均
40A
450kWh
11,343円9,881円1,462円/月
17,544円/年

≪ブルース応援プラン≫

電気使用量九州電力サニックスでんき
ブルース応援プラン
差額
1人
少なめ
30A
100kWh
2,637円2,592円45円/月
540円/年
1人
平均
30A
240kWh
5,753円5,708円45円/月
540円/年
2人
平均
30A
350kWh
8,440円8,340円
100円/月
1,200円/年
3~4人
平均
40A
450kWh
11,343円10,272円1,071円/月
12,852円/年

       

自宅のエリアと電気の利用状況でシミュレーション比較したい方は以下のサイトが便利です。

ぜひ活用してみてください。

サニックスでんきの評判・口コミ

サニックスでんきは『安い』という評判・口コミがありましたが、あまり多くありませんでした。

利用者の評判・口コミを重視したい人にとっては参考にならないかもしれませんが、載せるので確認してみてください。

サニックスでんきの3つのデメリット

前向きに申し込みを考えている方もサニックスでんきのデメリットを確認しておきましょう。

1.特典が一切ない

サニックスでんき契約中の割引やポイントが貯まるなどのサービスは一切ありません。

電気代が安くなる以外にも付加価値が欲しい人には物足りないかもしれません。

≪特典の例≫
Looopでんき
┗ ガスとのセット割(関東のみ)
┗ ポイント

楽天でんき
┗ ポイント

ENEOSでんき
┗ ガソリン値引き
┗ ポイント
など

2.口コミ・評判からの満足度がわからない

先ほどサニックスでんきの口コミは少ないので利用者が満足しているのか分かりません。

『Looopでんき』『あしたでんき』『ENE』は口コミも多く、利用者が満足しているレビューが多いです。

実際に使っている人の声が分かると安心して契約できますが、サニックスでんきだと使ってみないと分からないという点がデメリットでしょう。

3.使用量が少ないと高い

朝晩しか家にいない一人暮らしや使用量が少ない二人暮らしなどは、高くなってしまう可能性があります。

特に関西・中部エリアは定額プランしかないので要注意です。

生活スタイルや家族構成など関係なく、安くておすすめなのは以下の新電力です。

電気使用量が多い家庭にはおすすめしませんが、一人暮らしなら『HTBエナジー』もおすすめです。

サニックスでんきのキャンペーン情報

サニックスでんきの公式サイトでの申し込みキャンペーンは以下のエリアのみが対象となっています。
※2019年10月現在

対象エリア
▶関西エリア
▶中部エリア

キャンペーン内容
初月の電気代から4,000円引き

注意事項
▶1年未満に解約する場合、割引分を解約金として請求されます

エネチェンジがキャンペーンを実施する可能性もある

国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』ではタイミング次第で窓口限定キャンペーンを実施する可能性もあります。

常にお得になるとは限りませんが、サイトを覗いてみてください。

また、多数の電力と一括見積比較もできるので申し込み前に1番安い電力とキャンペーンを確認する際も便利でおすすめです。


窓口限定キャンペーンでお得に申し込み!
『エネチェンジ』


『エネチェンジは』は代理店で、サイトではお住いの地域と電気の使用状況をもとに料金のシミュレーションをすると、自動で電力会社の料金プランや節約額を一括見積比較し、ランキング形式で安い電力を教えてくれます。

また、知識が豊富な専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心して電力切り替えができます。

そして、大きなメリットは、エネチェンジ限定のキャンペーンで通常よりもお得に申し込みできること!

キャンペーンコードを問い合わせてゲットすればさらに、特典が上乗せのチャンス!!
使用量が増える冬前の切替完了がおすすめです!

\お得なキャンペーン実施中/

サニックスでんきの申し込みから利用開始までの流れと基本情報

申し込みから電気の利用を開始するまでは基本的に3つのステップになります。

申し込み

スマートメーターの設置工事
(すでに設置済みの方は不要)

電気の供給開始

申し込みをすると、サニックスでんきが契約中の電力への解約手続きを行ってくれます。

マンションやアパートの場合、建物単位で一括受電契約をしていると個人での契約はできません。

スマートメーターの設置工事について

基本的には立ち合い不要の無停電工事になりますが、状況によっては15分ほどの停電を伴うこともあります。

解約違約金は無料

供給開始日から1年契約で自動更新になっていますが、いつ解約しても違約金の発生はありません。

ただし、キャンペーン適用の場合、1年利用することが条件になっていることもあるので注意が必要です。

請求書や明細について

請求書や領収書の発行はしていません。

電気代や使用量の明細の確認は会員ログインすると確認できます。

支払い方法

料金支払いはクレジットカードのみです。

まとめ

サニックスでんきは東京・中国・四国・九州エリアでは安い電力会社です。

関西・中部エリアでは他の電力の方が安くなります。

ただし、評判・口コミが少ないので利用者の満足度を重視したい人はLooopでんきやあしたでんきがいいでしょう。

超優秀電力!Looopでんき

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くできます!

お試しでLooopでんきに切り替えるのも全然ありです!

電気料金のシミュレーション、申し込みは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*