シン・エナジーが沖縄で1番おすすめの理由と口コミ!沖電との料金比較と節約額!

『シン・エナジー』の沖縄での口コミ・評判、沖電との料金比較をしています。

『シン・エナジー』は沖縄在住の人に1番おすすめしたい新電力です。

auでんきやソフトバンクでんき、楽天でんきと比較しても圧倒的に安いからです。

申込手続きも5分あれば完了します。

電力切替って面倒なイメージがあるかもしれませんが、実はびっくするくらいラクで簡単な節約方法です。

解約手続きもいりませんし、工事もありませんし、電気の質も変わりません。

もしも契約電力が倒産しても、沖電がカバーするのでリスクもゼロ。

固定費削減したいなという人はぜひ参考にしてください。




どんな家庭も安く、マイルも貯まる!
『シン・エナジー』


【お得ポイント!】
◎全家庭が大手電力より確実に安くなる!
◎毎月JALマイルが貯まる!
◎初期費用・解約金0円!縛りもなし!
◎時間帯に合わせて安いプランもある!
◎利用者の口コミや満足度も高い!


他の新電力で高くなりやすい一人暮らし、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなります!

また、お昼に電気を使う家庭は『昼生活フィットプラン』、夜中心なら『夜生活フィットプラン』にすると、さらにお得な料金になります。

さらに電気代200円ごとにJALマイルが貯まります!

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、安心して契約できる点もメリットです。

電気は毎日使うものなので、1日でも早い申し込みがお得です!

沖電からシン・エナジーに切り替えた人の口コミと評判

ネット上で口コミを見てみると、『安くなった』という口コミがほとんどでした。

不満の口コミや後悔、愚痴のようなものは見つかりませんでした。

沖縄でのシン・エナジーの評判・口コミは良いと言えるでしょう。

沖電より高くなったり、損することはないので、安心して申し込みできます。

節約額について

私は二人暮らしで300円~500円ほどですが、口コミでは3,000円~4,000円安くなったという家庭もありました。

家族世帯など使用量が多めの家庭は、節約額も大きくなります。

JALマイルも貯まっているのでお得感があります。

自動販売機やマンション共用部も契約できる

毎月1万円引きのチャンスがある

利用者向けのキャンペーンとして、抽選で当たると翌月の電気代から1万円引きになるチャンスが毎月あります。

実際に当選した方もいました。

沖縄でシン・エナジーを1番おすすめする理由

ずっと沖縄の方はあまり知らないかもしれませんが、沖縄県の電気料金は全国的にみると高くなっています。

その中でシン・エナジーは、1人暮らし~4人家族までの使用量で1番安くなっています。

また、運が良ければ抽選で1万円割引のチャンスが毎月あるのも嬉しい点。

口コミを見ると実際に当選している方もいます。

シン・エナジーと他社電力会社の電気代比較

電気使用量
▶1人暮らし少なめ 30A 100kWh(朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし在宅多め  30A  240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kwh

沖縄エリア1人暮らし
少なめ
100kWh
沖縄電力2,467円
HTBエナジー2,393円
シン・エナジー2,424円
auでんき2,466円
ソフトバンク
(おうちでんき)
2,477円
楽天でんき2,700円
おきなわコープ
2,923円

沖縄エリア1人暮らし
在宅多め
240kWh
沖縄電力6,345円
HTBエナジー6,155円
シン・エナジー6,182円
auでんき6,344円
おきなわコープ
6,284円
ソフトバンク
(おうちでんき)
6,285円
楽天でんき6,480円

沖縄エリア2人暮らし
平均
350kWh
沖縄電力9,578円
シン・エナジー9,258円
HTBエナジー9,292円
おきなわコープ
9,431円
楽天でんき9,450円
ソフトバンク
(おうちでんき)
9,485円
auでんき9,577円

沖縄エリア3~4人家族
平均
450kWh
沖縄電力12,625円
シン・エナジー12,110円
楽天でんき12,150円
HTBエナジー12,248円
おきなわコープ
12,364円
ソフトバンク
(おうちでんき)
12,501円
auでんき12,624円

    
楽天でんきは使用量が相当多ければ安い可能性もあります。

SPU(スーパーポイントアップ)対象外なので、ポイントがザクザク貯まるわけではないので注意してください。

楽天でんきの最大のメリットはポイント払いすることで実質料金を下げるということ。

つまり、毎月たくさんポイントを獲得している楽天経済のヘビーユーザーにはかなりお得ですが、そうでなければ高いと感じるでしょう。

シン・エナジーの料金プランと利用者特典

シン・エナジーの料金プランと契約後の特典など、サービス全体についてご紹介します。

3つの料金プランと特徴

シン・エナジーには、ベーシックなプランの他に電気を使う時間帯や生活スタイルに合わせて、単価が安くなるプランもあります。

・きほんプラン
・昼生活フィットプラン
・夜生活フィットプラン

お昼(平日AM9時~PM18時)にたくさん電気を使う家庭は『昼生活フィットプラン』、夜(PM10時~AM8時)にたくさん電気を使う家庭は『夜生活フィットプラン』がお得になります。

注意点としては安くなる時間帯もあれば、高い時間帯もあるということ。

割高な時間に電気を使うと高くなってしまう可能性があるので、気をつけてくださいね。

私の家は『きほんプラン』にしています。

マイページでは、他のプランだった場合の電気代も計算して載せてくれているので、様子を見て後から変更するのもおすすめです。

特典1:毎月の電気代でJALマイルが貯まる

電気代200円=1マイルが貯まります。

県外に旅行などお出かけする時、JALを使うなら航空券を安くできますね。

ポイントサービスがない電力も多いのでメリットでしょう。

特典2:毎月開催の割引抽選チャレンジに参加できる

マイページから誰でも参加できる抽選で、好きなカードを選ぶだけです。

それで当たったらかなり嬉しいですね。

電気代の支払い方法

支払いはクレジットカードか口座振替です。

また、請求はマイページでの確認がおすすめです。

検針票の発行も出来ますが、有料になっています。

初期費用・解約金、縛りもない

契約期間に縛りはありません。

解約する際も違約金はないので、気軽に申し込みできます。

手数料や初期費用もありません。

たった5分!シン・エナジーへの申し込みはネットで簡単鉄続き

初期費用や工事などもなく、ネットで申し込みするだけです。

基本的には検針票があればOKです。

【申し込みで必要なもの】
▶供給地点特定番号(22ケタ)
▶契約中の電力会社の名義・お客様番号
▶契約種別
▶JALマイレージバンク番号
▶クレジットカード/口座のわかるもの

JALマイレージ番号は申し込みの際に分からなくても、後からマイページで入力できます。

検針票がない人は沖電に電話すると、教えてくれるので確認してください。

まとめ

シン・エナジーの沖縄での口コミと沖縄での料金についてでしたが、いかがでしたか?

沖電は高いのでシン・エナジーへの切り替えがおすすめです。

安くなっても質が落ちることもないので安心してくださいね。

どんな家庭にも安くなる『シン・エナジー』

電気代が割高になりやすい1人暮らしや2人暮らしなど、使用量少なめ家庭も必ず従来電力より安くなるのが『シン・エナジー』!

電気をたくさん使う時間に合わせて単価が安くなる『昼生活フィットプラン』『夜生活フィットプラン』もあります。

さらに毎月、電気代200円ごとにJALマイルが貯まる嬉しいサービス付きです。

利用者の評判・口コミからも満足度が高いので、信頼して契約できる点もメリット。

しかも解約金も0円なので、損するリスクもありません。


公式サイト

コメントを残す

*