東京ガスの電気の評判!まとめるとお得なセット割料金比較やキャンペーン情報

『東京ガスの電気』は、2017年に顧客満足度が『ENEOSでんき』『auでんき』『大阪ガス』『J:COM電力』『東京ガス』の中で1位になりました。

また、2019年2月時点で、新電力の販売量も1位になり、人気の新電力のひとつです。

大手で知名度もあって申し込み者も多いのかもしれませんね。

しかし、電気料金が安いかというと、そうでもありません。

東京ガスのガスを利用している人は電気とセットで契約してお得になると思いがちですが、私は他の新電力をおすすめします。

これから詳しく見ていきますが、今回私が行った電気料金のシミュレーション結果をみると、電気料金が安くなる人はかなり限られることが分かりました。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




窓口限定キャンペーンでお得に申し込み!
『エネチェンジ』


『エネチェンジは』は代理店で、サイトではお住いの地域と電気の使用状況をもとに料金のシミュレーションをすると、自動で電力会社の料金プランや節約額を一括見積比較し、ランキング形式で安い電力を教えてくれます。

また、知識が豊富な専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心して電力切り替えができます。

そして、大きなメリットは、エネチェンジ限定のキャンペーンで通常よりもお得に申し込みできること!

キャンペーンコードを問い合わせてゲットすればさらに、特典が上乗せのチャンス!!
使用量が増える冬前の切替完了がおすすめです!

\お得なキャンペーン実施中/

東京ガスの電気の評判・口コミ

まずは、東京ガス利用者の評判と口コミを見ていきましょう。

電話での勧誘でガスと電気をまとめると安くなると言われることが多いようです。

確かに東京電力から切り替えて安くなりやすいですが、Looopでんきや楽天でんきの方が安いことが分かって切り替えを決める人が多いようでした。

『原子力発電の電力を使いたくない』という理由で東電から、東京ガスの電気に乗り換えたという口コミも多かったです。

他に多かった口コミはマスコットキャラクターの「パッチョくん」についてでした。

パッチョファンが多く、グッズ交換できる点も契約の決め手とする人も多いようです。

そこまで電気料金の安さを追求しないという人ならいいかもしれませんね。

それではクチコミを紹介していきますね。

月額料金割引後に安い新電力に切り替える人が多い

東京ガスの申し込みをすると、2ヵ月間の電気料金が15%~20%の割引キャンペーンがあります。

東京ガスの電気の解約に違約金は発生しないので、キャンペーン期間が終了したらもっと安くなる『Looopでんき』『楽天でんき』に切り替えることができます。

新電力切り替えには、初期費用も0円で申し込みも簡単なので全然ありですね。

いちいち変えるのは面倒くさいという人には始めからLooopでんきなどをおすすめします。

Looopでんきは電気使用量が多いほど電気代が安くなります。

つまり、電気使用量が多い時期ほど、Looopでんきの方が電気料金が安くなります。

電力が切り替わるのは『次の検針日から』です。

エアコンをたくさん使う夏や冬が来る前に、申し込みをしておきましょう。

思いのほか電気料金が高い

電気とガスとまとめると『セット割』で安くなるのが東京ガスの電気のウリですが、実際はあまり安くなりません。

セット割がある=電気代が安い とは限りません。

いくつかの新電力で電気料金をシミュレーションしてみるのがおすすめです。

トラブルサポートなど、サポート体制は他の新電力と比較するとメリットですが、単純に電気代が安くなる電力会社をおすすめします。

『東京ガスの電気』シミュレーションはこちら
東京ガス公式サイト

東京ガスユーザーは原発の電気を使いたくない人も多い

東京ガスの電力は、ほとんどが天然ガスによる火力発電です。

原子力発電の電力の割合はかなり少なくなっています。

Looopでんきは東日本大震災のボランティア活動から始まった電力会社で『自然エネルギー』をできるだけ安く使ってほしいという会社です。

自然に優しい電力を使いたい人にもLooopでんきはおすすめです。

東京ガスの電気が安くなるのはキャンペーン期間中だけ

結論からいうと、東京ガスの電気はそこまで安くはありません。

しかし、申し込みキャンペーンで割引が適用されている期間だけは他の新電力と比較しても安くなります。

キャンペーン期間が終了すると乗り換えるという人も多くいるようです。

電気の申し込みで電気代が3ヵ月分10%オフ

2019年6月17日~10月8日までに申し込みすると、3ヵ月間の電気料金が10%オフになります。

例えば3~4人家庭で電気料金が10,000円だった場合、10%オフなので1,000円割引になります。

かなりお得なキャンペーンです。

≪対象条件≫
▶東京ガスの電気を新規申し込みすること

東京ガスの電気の解約金は0円

東京ガスの電気は最低契約期間はありません。

いつ東京ガスの電気を解約しても違約金の発生はありません。

実際にキャンペーン期間だけ東京ガスの電気を利用して他の新電力に切り替える人多いので安心してください。


関東エリア販売量1位!『東京ガス』


電気とガスのセット割引と言えば、『東京ガスの電気』です。

利用開始から3ヵ月間、電気代が10%オフの超お得な割引キャンペーン中!
例:平均の使用量の4人家族が東電から切り替える場合
割引なし⇒約1,000円の節約
割引中⇒約2,000円以上の節約
さらに、お得なパッチョポイントと安心のかけつけ無料サポート付きで充実の特典!

関東エリアでの販売量、さらに顧客満足度で1位を獲得した実績も見逃せないポイント。

いつ解約しても違約金はかかりません!

電気代が高くなる冬のシーズン前の切替完了をおすすめします!

東京ガスの電気の料金プランとシミュレーション比較

東京ガスの電気を契約して安くなるのは東京ガスの『都市ガス』と『電気』をセットで契約している家庭だけです。

以下は電気の供給エリアです。

▶東京都
▶神奈川県
▶埼玉県
▶千葉県
▶茨城県
▶栃木県
▶群馬県
▶山梨県
▶静岡県(富士川以東)

↓地図ではこのようになります。

これに対して、都市ガスの供給エリアは以下のマップの濃いピンクのエリアのみです。

電気と都市ガスのエリアは異なり、電気の供給エリアに対して、東京ガスの都市ガスはエリアが限定されています。

しかも、このピンクのエリアの中でもかなり限られた人しか東京ガスの電気をおすすめできません。

電気代が安くなるのは2人暮らしの平均位までの電気使用量の人だけなんです。

3人世帯以上なら家族なら他の新電力の方がもっと安い電気代になります。

まずは、東京ガスの電気の料金プランを見てみましょう。

東京ガスの電気の料金プランとセット割の割引額

一般家庭向けの料金プランは2つ

▶電気を少なく使う家族向け『ずっとも電気1S』(スマートセレクト)
▶電気を多く使う家族向け『ずっとも電気1』(ファミリーセレクト)

料金表はこちらです。

 契約アンペア
/ 電気使用量
ずっとも電気1Sずっとも電気1
基本料金10A280.80円対象外
15A421.20円対象外
20A561.60円対象外
30A842.40円842.40円
40A1123.20円1123.20円
50A1404.00円1404.00円
60A1684.80円1684.80円
従量料金140kWhまで
(1kWhあたり)
19.49円23.24円
140~350kWh24.89円23.45円
350kWh~26.99円25.93円

東京ガスの電気のメリットはガスとの『セット割』です。

セット割の割引額は、『ずっとも電気1』と『ずっとも電気1S』で以下のように違います。

▶ずっとも電気1S=1ヵ月の電気代合計額から0.5%割引
▶ずっとも電気1=基本料金-270円(税込み)

これだけでは、東京ガスの電気が安いのか高いのか分からないので、シミュレーション比較をしてみましょう。

東京ガスの電気料金のシミュレーション比較

先に結果をいうと、2人暮らし以上は東京ガスの電気が安く、一人暮らしでは東京電力の方が安くなりました。

電気使用量が多い家庭ほど東京ガスの電気の方がお得になります。

比較条件

▶1人暮らし少なめ 30A 100kWh
▶1人暮らし平均  30A  240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kwh

シミュレーション結果

()内は電気とガスの割引を適用させた場合の料金です。

電気使用量東京電力少なめ家庭向け
ずっとも1S
(セット割)
多め家庭向け
ずっとも1
(セット割)
1人暮らし
少なめ
30A100kWh
2,846円2,843円
(2,829円)
3,225円
(2,955円)
1人暮らし
平均
30A 240kWh
6,421円6,172円
(6,140円)
6,559円
(6,284円)
2人世帯
平均
30A 350kWh
9,538円8,960円
(8,915円)
9,186円
(8,911円)
3~4人世帯
平均
40A 450kWh
12,881円 11,994円
(11,934円)
12,113円
(11,836円)

東京ガスの『トリプル割』はあまりお得じゃない

トリプル割とは、『ガス』『電気』『光回線』のセット割のことです。

東京ガスと提携しているインターネット光回線のプロバイダを利用すれば、さらに割引になりますが、割引額はあまり大きくありません。

光回線戸建ての
割引き額(月額)
マンションの
割引き額(月額)
BIGLOBE光300円200円
AsahiNet光300円300円
So-net光プラス200円200円
@nifty光200円200円
DTI光250円100円
エキサイト光110円110円
ぷらら光100円
(24ヵ月限定)
100円
(24ヵ月限定)
OCN光100円
(24ヵ月限定)
100円
(24ヵ月限定)

OCN光とぷらら光新規契約することが条件です。

すでに契約している人がトリプル割を適用させることはできませんので注意してください。

OCN光とぷらら光以外のプロバイダは、すでに契約している場合でも割引は適用されます。

トリプル割の適用には東京ガスの公式サイトから別途申し込みが必要です。

電気使用量にもよりますが、『ガス』『電気』『光回線』を全部東京ガスでまとめても、Looopでんきなどを契約した方が安くなる可能性もあります。

セット割があるからといって安くなるわけではないことを覚えておきましょう。

東京ガス電気の特典・サービス

無料の電気トラブルサポート

24時間365日受付の電気に関する無料のトラブルサポートです。

申し込みは不要で、ずっとも電気契約している人なら誰でも利用できます。

≪対象≫
▶ずっとも電気の契約者
▶60分以内の出張費、調査費が無料

原因究明作業の60分以内の作業が対象です。

電球の交換、スイッチ・コンセントの取替、照明器具の故障対応など二次対応の費用はサービス対象外です。

≪トラブルの例≫
▶ブレーカーが落ちる
▶スイッチ、コンセントが使えない
▶停電する

生活まわり駆けつけサービスが無料

24時間365日受付の水まわり・玄関鍵・窓ガラスの駆けつけトラブルサポートが無料になるサービスです。

申し込みは不要で、ずっとも電気とガスをセットで利用していれば利用できます。

≪対象≫
▶東京ガスのガスとずっとも電気をセットで申し込みしていること
▶作業員1名の出張費・30分以内の作業
※部品代、特殊作業代、30分超えの作業費など別料金が発生する場合もあります。

≪トラブルの例≫
▶水道の水が止まらない
▶トイレの水が流れない
▶玄関の鍵の紛失、閉じ込め
▶窓ガラスが破損した

パッチョポイントが貯まる

パッチョポイントとは、東京ガスの会員向けのポイントサービスです。

my TOKYOGASへの登録が必要です。

毎月のガス料金、電気料金の支払いでポイントが貯まります。

▶ガス料金1,000円=5ポイント
▶電気料金1,000円=15ポイント

楽天でんきも楽天スーパーポイントが貯まりますが、200円=1ポイントなので還元率は東京ガスの電気の方がいいですね。

パッチョポイントの有効期限は3年です。

パッチョポイントの使い道

▶寄付する
▶抽選に応募する
▶パッチョグッズに交換する
▶貯まったポイントは提携している他のポイントに交換する

など

≪交換できるポイントの例≫
・Tポイント
・楽天スーパーポイント
・nanacoポイント
・Pontaポイント
・WAONポイント
・MIポイント
・dポイント

どのポイントも最低交換単位が500ポイントから可能で、だいたい2~3日かかります。

dポイントの交換は1ヵ月半~2ヵ月半と時間がかかってしまうようなので注意してください。

東京ガスの電気の申し込みの流れ、基本情報

申し込みから利用までは以下のような流れになります。

東京ガス電気の申し込み

スマートメーターの設置

電気の供給開始

申し込み方法

東京ガスの電気は3つの方法で申し込みができます。

▶公式サイト
▶電話
▶お店

『東京ガスの電気』申し込み窓口はこちら
東京ガス公式サイト

≪手続きに必要なもの≫
▶お客様番号
▶契約種別
▶供給地点特定番号(22桁の番号)
※契約中の電力会社の検針票などで確認できます。

▶登録するクレジットカードや金融機関のキャッシュカード
▶キャンペーンコード

キャンペーンコードがある人は申し込み時に入力することを忘れないで下さい。

キャンペーンコードの入手方法は以下の2つ。

・東京ガスの窓口で買い物した時にもらう
・東京ガスでリフォームにしてもらう

キャンペーンコードは簡単に誰でも手に入る条件ではないですが、東京ガスのサービスを利用してキャンペーンコードを持っている可能性がある人は探してみてください。

スマートメーターの工事について

スマートメーターとは、電気使用量を自動で計測するメーターです。

時間帯別の使用量などがwebで確認できるようになります。

スマートメーターの交換工事は原則として、立ち合い不要で停電にもなりません。

また、費用も無料です。

もしも停電になる場合は15分程度で、事前に連絡が入ります。

申し込みの注意事項

▶建物単位で電気を管理しているマンションの場合は、個別に東京ガスの電気を申し込みできません。

▶新築の引っ越し先で東京ガスの電気を利用したい場合、電気使用開始予定日までに建築中に使用している電力を解約するように建築会社に伝えてください。

▶契約アンペアが20A以下の場合、『ずっとも電気1S』しか契約できません。

支払い方法、検針票について

電気料金の支払い方法は3つです。

▶口座振替
▶クレジットカード払い
▶払込票での支払い

クレジットカード払いのみ対応の新電力もあります。

東京ガス電気では3通りの支払い方法があるのはメリットですね。

また、検針票はガスと電気をセットで契約する場合は、ガスと電気が1枚の検針票になります。

ガスと電気の合計金額と、それぞれの内訳明細が分かれて書いてあって、分かりやすいレイアウトになっています。

無料の会員ページのmyTOKYOGASでも、電気使用量や請求金額は確認できます。

東京ガスの電気の解約について

東京ガス電気を解約する時には解約金や違約金は発生しません。

他の新電力に切り替える時は連絡せずに、他の新電力に申し込みして大丈夫です。

引っ越しと同時に解約する場合は解約の連絡が必要です。

東京ガスの電気の問い合わせ先

ナビダイヤル
月~土:AM9:00-PM19:00
日祝日:AM9:00-PM17:00
0570-002239

IP電話などからかける場合
03-6735-8787

まとめ

東京ガスの電気がおすすめできるのは、割引キャンペーン期間のみです。

おすすめは『Looopでんき』『楽天でんき』『あしたでんき』ですが、キャンペーン期間だけでも東京ガスにしたい人は、それもいいと思います。

割引キャンペーン期間終了後は『Looopでんき』『楽天でんき』『あしたでんき』に切り替えるのがおすすめです。

3社とも解約金はないのでぜひ試してみてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

【まとめて比較】新電力・プランが決まらない方へ!

迷っている方に1番おすすめなのは『Looopでんき』です。
理由は、『安い』『いつ解約しても解約金無料』『評判・満足度が高い』から。
(公式サイト:https://looopdenki.com)

しかし、いくつもの電力会社を同時に比較したいという方におすすめなのがネット代理店で比較もできる『エネチェンジ』です。

エネチェンジのサイトではお住いの地域と電気の使用状況を入力すると料金のシミュレーションを行い、電力会社の料金プランや節約額を比較し、ランキング形式でみることができます。

【エネチェンジでできること】
▶エネチェンジ限定キャンペーンでお得になるチャンス!
▶知識が豊富な専門スタッフが無料でサポートしてくれるので安心!

じっくり電力会社を検討したい方は、以下の窓口からシミュレーションをして最適な新電力を決めるのもおすすめです。


安いプランを探す

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*