CDエナジーダイレクトの評判・口コミと各料金プランの注意すべきデメリット

この記事ではCDエナジーダイレクトの評判・口コミと料金プランのデメリットと注意点、契約者特典をまとめています。

CMで見て名前を知っている人も増えています。

調べた結果、特典好きにはおすすめの電力ですが、特典よりシンプルに1円でも電気代を安くしたい人には他の電力をおすすめします。

また、各料金プランは知っておくべき注意事項があります。

知らないと損することになってしまうので、CDエナジーダイレクトを検討中の方はぜひ参考にしてください




圧倒的ブランド力と安さが人気!
『Looopでんき』


満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多めの家庭は、年間3万円以上も節約できる可能性も...!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなくトップです。

関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!
また、いざという時の電気のトラブルも無料で対応してくれます。(関東限定)

電気もガスも両方安いのがLooopでんきの強みです!

少しでも損したくない人はお早めに!

CDエナジーの評判・口コミ!お得なメリットとイマイチな不満

評判と口コミは良い方です。

CMが印象に残っている様子でした。

サービスについては、ガスとのセット割とAmazonプライムが魅力と感じる人が多いようです。

高額キャンペーンも行っていることもあるので、喜ばれている様子。

サービスそのものの評判は良いと言えるでしょう。

ただ残念なのはカスタマーサービスの対応。

口コミから分かるメリットをまとめると、

1.電気・ガスともに料金が安い
2.ガスと電気がセットでまとめられる
3.キャンペーンがお得
4.ポイントなどの特典もある
5.ライフスタイルに合わせた魅力的なプラン

などがユーザーの心を掴むポイントとなっているようです。

実際の口コミを紹介するよ
ネコさん
ネコさん

一人暮らしに最安水準

一人暮らしでCDエナジーを使っているという口コミが多くありました。

後ほど詳しく料金を紹介しますが、一人暮らしには最安水準になっています。

ガスが1番安い

CDエナジーはガスも提供しています。

基本料金・単価ともに東京ガスより安く、電気とのセット割もあってかなりお得です。

申し込みキャンペーンがお得

CDエナジーはキャンペーンにも力を入れているので、お得に申し込みしたい人におすすめです。

ポイント獲得で実質料金が安い

CDエナジーでは毎月の電気代でカテエネポイントが貯まります。

それ以外にもポイントがもらえるサービスがあるので、実施的にお得になります。

特典付きプランも嬉しい

CDエナジーは色んなプランがあります。

自分の趣味嗜好にピッタリのプランがあれば、電気と合わせてお得にすることもできるので、検討してみてください。

人によっては他の電力の方が安い

使用量によっては、他の電力がお得になることもあります。

いくつかの電力と比較したり、試算することをおすすめします。

カスタマーサポートの対応に不満

カスタマーサービスの対応は評価が低い口コミがちらほらありました。

どの新電力にもつきものですし、カスタマーセンターに連絡する頻度は多くないと思うのでそこまで気にしなくてもいいかもしれません。

CDエナジーダイレクト

CDエナジーダイレクトの料金プランと注意すべきデメリット

CDエナジーの3つの基本のプランがあります。

▶ベーシックでんき
▶シングルでんき
▶ファミリーでんき

それぞれ注意点とデメリットがあるので、見ていきましょう。

一人暮らし向け『シングルでんき』

150kWh/月以下の一人暮らしの家庭向きのプラン。

料金設定そのものは東京電力と同じですが、毎月100円引きになっています。

契約アンペアは30アンペア以上なので注意してください。

20アンペア以下と150kWh以上の一人暮らしは『ベーシックでんき』の方がお得です。

標準プランの『ベーシックでんき』

基本の標準プランです。

『シングルでんき』は20アンペア以下は契約できませんが、『ベーシックでんき』は20アンペア以下も契約できます。

電気の使用状況によっては一人暮らしでも『シングルでんき』より『ベーシックでんき』がおすすめです。

使用量多めの家庭向け『ファミリーでんき』

電気使用量多めの家族向けプラン。

300kWhまでは定額制であることが注意点。

必ず8,000円近い請求が発生します。

解約する際にもデメリットとなるので、あまりおすすめしません。

また、私がシミュレーションしてみると、350kWhでは『ベーシックでんき』の方が安い電気代になりました。

400kWhで同じ料金になったので、毎月400kWh以上使う3・4人以上の家庭がいいでしょう。

CDエナジーと東京電力の電気代比較

CDエナジーの『ベーシックでんき』『ファミリーでんき』を東京電力の従量電灯Bと試算比較します。

※『シングルでんき』の料金は東電の料金から-100円になります。

料金比較の条件
▶CDエナジー
┗ ベーシックでんき
┗ ファミリーでんき

▶東京電力
┗ 従量電灯B

電気使用量
▶1人暮らし在宅少なめ 30A 100kWh
▶1人暮らし在宅多め  30A  240kWh
▶2人暮らし平均  30A 350kWh
▶3人~4人世帯平均 40A 450kwh
▶5人世帯平均  50A 530kWh

電気使用量東京電力CDエナジー
ベーシックでんき
CDエナジー
ファミリーでんき
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,846円2,780円7,852円
1人暮らし
在宅多め
30A
240kWh
6,421円6,232円7,852円
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,538円9,080円9,152円
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,881円11,985円11,940円
5人
平均
50A
530kWh
15,613円14,363円14,245円

『シングルでんき』は東電から100円割引なので、朝晩くらいしか電気を使わない1人暮らしは『シングルでんき』が安くなります。

2人暮らし~使用量少なめ3人家族は『ベーシックでんき』、使用量多めの3人家族・4人家族以上は『ファミリーでんき』といった目安がいいと思います。

『ファミリーでんき』は300kWhまで定額制です。

実際に『ベーシックでんき』よりもお得になるのは400kWhを超えてから。

30A400kWh
ベーシックでんき:10,399円
ファミリーでんき:10,399円

40A400kWh
ベーシックでんき:10,666円
ファミリーでんき:10,666円

自宅の電気使用量によく確認してから、料金プランを決めるようにしてください。

ただ、東電よりは安いのですが、個人的にはもっと安い新電力をおすすめします。

\試算・プラン詳細はこちら!/

CDエナジーダイレクトより安い新電力

CDエナジーより安くておすすめの新電力は以下の通りです。

●一人暮らし(30A以上・電気単独の場合)
シン・エナジーリミックス電気

●2人暮らし、ファミリー層
エルピオでんきLooopでんき
※どちらも電気+ガスのセット割があります

CDエナジーのオール電化向け『スマートでんき』のデメリット

CDエナジーにはオール電化向けプランもありますが、あまりおすすめしません。

料金は東電の『スマートライフ』と変わりません。

おすすめはLooopでんきの『スマートタイムプラン』です。

新電力が提供するオール電化の中では口コミが1番良く、安いと評価する人が多いからです。

特典付きプランは違約金と使用量に注意

特典があるからといって、必ずしもお得とは限りません。

全体で見ればシンプルに特典なしの方が出費が少ないこともわかりました。

基本的にはCDエナジーは解約金や違約金はないのですが、プランによっては支払いが生じます。

それぞれの特典付きプランと注意点を紹介するので、検討中の方は申し込み前に確認しましょう。

エンタメプラン

Amazonプライムがついてくるプランです。

毎月330kWh以上の電気を使わないとお得にはなりません。

一人暮らしや共働きの二人暮らしであまり電気を使わない家庭だと、損する恐れがあるので自宅の電気使用量を確認の上、申し込みしましょう。

また、このプランは1年契約となっていて、途中で解約すると解約金が発生します。

契約期間1年間の残っている期間、1ヵ月につき400円+495円の手数料が違約金となります。

よしもとでんき

大阪チャンネルがついてくるプラン。

お得になるのは毎月342kWh以上の家庭です。

また、こちらのプランも契約期間1年となっています。

残っている期間、1ヵ月につき415円+495円の手数料が解約金として発生するので注意してください。

ポイントでんき

『ポイントでんき』は電気料金は『シングルプラン』と同じで、月々のポイントが還元率が高くなっています。

楽天ポイントかdポイントか選択できます。

通常は100円=1pつまり、還元率は1%となっていますが『ポイントでんき』の場合は以下の還元率です。

ポイント還元率は高いですが、料金は『ベーシックプラン』の方が安いので自宅の本当にお得なのか、比較してみたところ、
ポイント還元1%でも『ベーシックプラン』の方がお得でした。

電気使用量ベーシックでんきポイントでんき
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,780円2,846円
28pt
=2,818円
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,232円6,421円
128pt
=6,293円
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,080円9,538円
286pt
=9,252円
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
11,985円12,881円
515pt
=12,366円
5人
平均
50A
530kWh
14,363円15,613円
936pt
=14,677円

というわけで、『ポイントでんき』はおすすめしません。

KODOMO新聞でんき

小学生から読める新聞がついてくるプランです。

読売新聞とCDエナジーが共同開発した新聞になっています。

基本料金が高めなので注意してくださいね。

CDエナジーダイレクトのお得なセット割とポイントサービス

CDエナジーの契約者特典をご紹介します。

ガスとのセット割

電気とガスのセット契約で0.5%の割引があります。

割引としてはあまり大きくありませんが、ガス料金自体が安いのでメリットがあります。

ただ、家族世帯の場合、ガスと電気をセットでまとめたいなら『Looopでんき』『エルピオでんき』の方が安くておすすめです。

ぜひチェックしてみてください。

毎月貯まるカテエネポイント

100円=1ポイントで毎月の電気代によってポイントが貯まります。

貯まったポイントは他のポイントや商品券に交換したり、電気代の支払いに充てることができます。

▶T-POINT
▶nanacoポイント
▶WAONポイント
▶dポイント
▶エディオンポイント
▶ユニコポイント
▶MI POINT

提携先は今後も拡大する予定だそうです。

家族割でポイントがもらえる

CDエナジー、中部電力、大阪ガスとの間で電気またはガスの契約をしていると、
家族割ポイントとして毎月100ポイントがプレゼントされます。

※WEB会員サービス『カテエネ』への登録が必要です。

ライフイベントでお祝いのポイントがもらえる

『祝割』とは結婚や出産など、人生のイベントがあった時にカテエネポイントが6ヵ月間、毎月500ptもらえるサービスです。

合計3,000円分がお祝いがもらえることになります。

出産や子どもの進学が多いほど、お得のチャンスになるので、ファミリー層にとってはかなりお得です。

【対象イベント】
▶結婚
▶出産
▶子供の進学(幼稚園~高校)
▶マイホーム購入
▶還暦

2022年4月30日までの限定キャンペーンなので、早めに申し込みしましょう。

CDエナジーの申し込みキャンペーン

2021年10月8日までキャンペーン開催していました。(終了済み)

電気もガスも確実に安くなり、さらに電気+ガスのセット割もあるので、まとめるのがおすすめです。

【特典内容】
1.電気またはガスを単体の場合
⇒QUOカードPay 1,000円分

2.電気+ガスをセットの場合
⇒QUOカードPay 2,000円分

3.アンケートを回答すると抽選で10名に1名が当たるQUOカードPay 8,000円分をプレゼント

【注意点】
▶新規申し込みであること
▶供給開始から1年以上契約すること
▶供給開始から2ヶ月以内に会員サイト『カテエネ』に契約情報の登録をすること
▶アンケートは供給開始後にメールに送られてくるので、回答期間中に回答すること

まとめ

CDエナジーダイレクトの電気は、特典が魅力的と言えるでしょう。

特典好きにはおすすめの電力です。

シンプルに1円でも電気代を安くしたい人には他の電力の方が満足できるでしょう。

こだわりたいポイントで申し込み先を選んでくださいね。

超優秀電力!Looopでんき

満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くなることもあります!

キャンペーンの詳細、電気料金のシミュレーションは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

コメントを残す

*