二人暮らしにおすすめの安い電力会社2021!共働き・同棲に最強の電気ガスセットも!

この記事では『二人暮らし』におすすめの電力会社ランキングベスト5を紹介しています。

2人暮らしと言っても、専業主婦、共働き、ペットを飼っている、IHのコンロを使っているなど、家庭の特徴によって安くなる新電力は変わってきます。

さらに、ポイントやセット割などの特典、基本料金0円、解約金無料など家庭によって求める要素の違いなども考慮して電力会社を厳選しました。

評判や口コミから電気使用量や契約アンペアの大きさなども参考にしてください。

ぜひお得な電力に申し込みにしてお二人の電気代を安くしてくださいね。




キャッシュバック増額中!
格安料金と高額キャンペーン!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
9月30日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)

電気も安いですが、都市ガスもトップクラスの安さ!
さらにセット割で毎月100円引きになります。光熱費をまとめるには最適です!

大きな広告を掲げずに、料金や還元を徹底的に追及し、お得な基本料金値引きキャンペーンやキャッシュバックも実施する超優良電力です。

料金をどこまでも安くしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

二人暮らし・同棲カップルの電気使用量に関する口コミ

口コミを見てみると、二人暮らしの電気使用量はライフスタイルによってかなり差があります。


▶共働きで二人とも昼間は留守で電気を使わない
▶どちらか一人は家にいて電気を使う時間帯が多め
▶低めのアンペアで基本料金を抑えるか、60Aまで基本料金0円の電力がいいのか
▶ペットがいる家庭
など
これから二人暮らしする人は参考にしてね
ネコさん
ネコさん

二人暮らしも従来電力よりも新電力の方が安い

一人暮らしや二人暮らしだと新電力に切り替えてもあまり節約にならないのでは?という疑問を持つ人もいると思いますが、安くなる電力会社もちゃんとあるので切り替えた方がお得です。

二人暮らしの契約アンペアの大きさについて

二人暮らしの場合30A~40Aが一般的。

二人とも仕事が忙しくあまり家にいなければ30Aでも間に合うかもしれませんが、自宅でパソコンやゲームをよくしたり、ペットがいる家庭は40Aあった方が良さそうです。

ペットがいる家庭

ペットを飼っていると電気代がかなり高くなります。

使用量が多いほど新電力の方が大幅に安くなるので、電力会社の見直しをおすすめします。

IHはアンペア高めがおすすめ

コンロがIHの家庭は40Aなど高めのアンペアをおすすめします。


圧倒的ブランド力と安さが人気!
『Looopでんき』


満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多めの家庭は、年間3万円以上も節約できる可能性も...!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなくトップです。

関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!
また、いざという時の電気のトラブルも無料で対応してくれます。(関東限定)

電気もガスも両方安いのがLooopでんきの強みです!

少しでも損したくない人はお早めに!

二人暮らし・共働き・同棲に安いおすすめの電力会社ベスト5

『二人暮らし・同棲カップルの電気使用量に関する口コミ』の通り、二人暮らしと一口に言ってもライフスタイルによって電気代に差が出ます。

なので、おすすめの電力会社も以下の要素で変わります。

1.契約アンペア
使う電力は30Aで間に合うのか、40A以上がいいのか

2.電気使用量
共働きなのか専業主婦なのか、ペットやIHを使っていて多めなのか、平均的なのか

料金比較の結果、電気使用量が平均~やや少なめなら『シン・エナジー』『リミックスでんき』が安くなります。

40A以上だったり、使用量が多いと『エルピオでんき』が最安になります。

30A以下で電気使用量が平均以下の家庭

契約アンペアが30Aで間に合う二人暮らしの家庭は『シンエナジー』をおすすめします。

私もシン・エナジーを利用しています。

どちらも必ず従来の大手電力より安くなり、特に2人暮らしの電気使用量だとかなりお得な新電力です。

シン・エナジーの魅力は2つ。

200円=1マイルのJALマイルが貯まったり、他の家族や友人など2世帯以上で契約することで割引が適用されるなどの特典。

解約で違約金が発生する電力会社もありますがシン・エナジーは無料なので、解約する時になんの負担や心配もなく安心です。

60Aまで基本料金0円、電気を多めに使う家庭

Looopでんきとあしたでんきは基本料金0円で従量料金が一律の電力会社です。セット割があるのでガスと電気をまとめて契約したい人にもおすすめです。(関東限定)

電気使用量が増えるほどお得になりやすく、10A~60Aまで基本料金0円なので、ブレーカーが落ちにくいメリットがあります。

40A以上あるいは、契約アンペアに縛られたくない家庭、電気使用量が多めの家庭、逆にかなり少なめの家庭がお得になります。

ペットを飼っている家庭なら間違いなくあしたでんきかLooopでんきをおすすめします。

少しでも単価が安い方がいいなら『あしたでんき』。

ユーザーの満足度重視なら『Looopでんき』がおすすめです。

新電力に参入してからずっと評判が良く、2020年3月にも関東エリアの女性が選ぶ新電力ランキングで【価格満足度】と【サービス満足度】の2つの部門で1位を獲得しています。(サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

ちなみに、あしたでんきもLooopでんきもいつ解約しても違約金が無料なので気軽に契約できます。

それぞれの違いや特徴は以下の通り。

Looopでんきのメリット・デメリット
・利用者の評判・口コミの良さが新電力の中で抜群に良い
・あしたでんきが対応していない北海道・北陸・四国エリアも契約できる
・Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
・無料の電気のかけつけサポートがある(東京電力エリア限定)
・ガスとのセット割で安くなる(東京電力エリア限定)

あしたでんきのメリット・デメリット
・Looopでんきよりも0.5円ずつ従量料金が安い
・大手、東京電力が親会社で安心感がある
・特典が一切ない
・対象エリアがLooopでんきより狭い

一律5%オフ!『リミックスでんき』

『リミックスでんき』の5%オフの割引プランが二人暮らしにはおすすめです。

電気使用量が多くなると他のプランの方が安いので、ペットがいる家庭やテレワーク中心のワークスタイルのお家には向いていません。

また、40A以上を希望する場合はリミックスでんきの別プランの『使い得プラン』か『Looopでんき』、『あしたでんき』が安くなります。

まだ知名度は低めなので口コミが少なく、利用者のレビューが分からないのがデメリット。

評判を気にしない家庭はぜひ検討してください。

リミックスでんきの電気の評判・口コミはこちら
リミックスでんきの評判!世帯別料金比較でお得なプランを解説

二人暮らし・共働き・同棲におすすめ電力会社のシミュレーション比較

比較条件
▶東京電力エリア

▶30A 100kWh (かなり少なめ)
▶30A 240kWh (やや少なめ)
▶30A 350kWh (2人暮らし平均)
▶40A 240kWh (使用量少なめ,アンペアは高め)
▶40A 350kWh (使用量平均,アンペアは高め)
▶40A 450kWh (多め)

※ガスセット割は適用していません

関東エリア2人暮らし
少なめ
30A100kWh
東京電力2,846円
あしたでんき2,600円
Looopでんき
2,640円
リミックスでんき2,703円
シン・エナジー2,735円
ENEOSでんき2,846円
エルピオでんき2,972円

関東エリア2人暮らし
30A240kWh
東京電力6,421円
リミックスでんき6,098円
シン・エナジー6,102円
ENEOSでんき6,188円
あしたでんき6,240円
Looopでんき
6,336円
エルピオでんき6,158円

関東エリア2人暮らし
30A 350kWh
東京電力9,538円
エルピオでんき8,829円
シン・エナジー8,974円
ENEOSでんき8,971円
リミックスでんき9,059円
あしたでんき9,100円
Looopでんき
9,240円

関東エリア2人暮らし
40A240kWh
東京電力6,707円
エルピオでんき6,111円
あしたでんき6,240円
Looopでんき
6,336円
シン・エナジー6,358円
リミックスでんき6,370円
ENEOSでんき6,474円

関東エリア2人暮らし
40A 350kWh
東京電力9,824円
エルピオでんき8,782円
あしたでんき9,100円
ENEOSでんき9,257円
シン・エナジー9,230円
Looopでんき
9,240円
リミックスでんき9,331円

関東エリア2人暮らし
40A 450kWh
東京電力12,648円
エルピオでんき11,360円
あしたでんき11,700円
ENEOSでんき11,879円
Looopでんき
11,880円
シン・エナジー12,001円
リミックスでんき12,235円

  

二人暮らしで電気ガスをまとめる場合!セットが最強に安い電力会社!【関東】

2人暮らしで電気・ガスをセットでまとめる場合におすすめなのは『エルピオでんき』か『ENEOSでんき』です。

3番目に安いHTBエナジーは1年以内の解約で2,000円の違約金が発生するので、あまりおすすめしません。

二人暮らし
平均
電気
30A350kwh
ガス
20㎥
割引合計
エルピオでんき
エルピオ都市ガス
8,829円3,518円-100円引き12,247円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
8,971円3,477円0円12,448円
HTBエナジー
(ウルトラ30)
まじめなガス

9,062円3,555円-102円引き12,515円
Looopでんき
Looopガス
9,100円3,560円電気単価
26.4円⇒26円
12,660円
東京ガス電気
東京ガス
9,106円3,665円0.5%引き12,681円
東電
東電ガス
9,536円3,555円-102円引き12,989円

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

格安料金とお得なキャンペーン『エルピオでんき』と『エルピオ都市ガス』

電気だけでも『エルピオでんき』は安いですが、関東圏内なら『エルピオ都市ガス』もまとめて契約すると最高に安くなります。

『エルピオでんき』と『エルピオ都市ガス』のメリットは2つ。

▶電気・ガスともに最安水準の格安料金
▶毎月100円割引でさらにお得
▶キャンペーンが1番お得

料金の安さは比較表を見てもダントツですが、キャンペーンは電気が最大2万円、ガスが1万円のキャッシュバックと基本料金無料です。

電気は契約アンペアによって金額が変わります。また、ガスの特典は基本料金無料はガスのみの申し込みだと1ヵ月間、電気とガス一緒だと3ヵ月間になります。

とにかく光熱費を安く節約するなら『エルピオでんき』がおすすめです。

豊富な特典なら『ENEOSでんき』と『ENEOS都市ガス』

最安ではありませんが、ENEOSでんきもおすすめの新電力です。

アンケートや口コミなどの利用者満足度も高く評価されています。

ENEOSでんきの場合、ENEOSガスとのセット割はありませんが元のガス料金が東京ガスよりも安いので割引なしでもお得になります。

電気・ガスともに使用量が多くなると、Looopでんきやエルピオでんきでまとめる方がお得になるので、使用量は必ず確認してくださいね。

また、ENEOSでんきはTポイントやANAマイルなど貯めたいポイントを選べたり、ガソリン代の割引、かけつけサポートなど豊富な特典も大きな魅力。

顧客満足度も高いので信頼がおけるのもメリットです。


キャッシュバック増額中!
格安料金と高額キャンペーン!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
9月30日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)

電気も安いですが、都市ガスもトップクラスの安さ!
さらにセット割で毎月100円引きになります。光熱費をまとめるには最適です!

大きな広告を掲げずに、料金や還元を徹底的に追及し、お得な基本料金値引きキャンペーンやキャッシュバックも実施する超優良電力です。

料金をどこまでも安くしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

電力会社の選び方と確認項目

電力会社を選ぶ時には、契約アンペアや電気使用量の他にも確認しておくといい項目があるので紹介するよ
ネコさん
ネコさん

安さ、特典など重視する点で選ぶ

電力会社切り替えでは電気代が安くなることが重要ですが、さらに、電力会社によってはポイントが貯まったり、ガスやインターネットとセットで契約すると割引になるなどの特典があります。

特典なしで1円でも安くしたいのか、料金以外にもポイントが欲しいのか、セットでまとめて安くしたいのかなどによって申込先が絞れます。

ただし、セット割引やポイント還元などがあっても、トータルではそんなにお得じゃないこともあるので注意しましょう。

解約金や初期費用が無料かどうか

1番のおすすめは契約手数料なしで、解約金も0円の電力です。

例えば、HTBエナジーも二人暮らしのは安めですが1年以内の解約で解約金が2,000円かかってしまいます。

一方シン・エナジーは解約金0円です。

また、申し込みキャンペーンがある場合、『4ヵ月間利用すること』など条件が書いてあります。

通常は縛りがなくても、セット割引きやキャンペーン適用には縛りがある可能性もあるので注意しましょう。

電力申し込みから供給開始までの期間

電力会社への申し込みはWEBで5分ほどで完了します。

申し込みから利用開始までの目安は約2週間~1ヵ月と言われていますが、早い電力だと4日~2週間ほどで供給開始になります。

電気代を安くするためにはできるだけ早めの申し込みがおすすめです。

申し込み後にキャンセルしたくなった場合は、利用開始までに電力会社に連絡すれば問題なくキャンセルできます。

また、契約中の電力へ解約手続きをするのでご自身で解約の連絡をしなくて大丈夫です。

支払い方法の確認

新電力の支払い方法はクレジットカードのみか、クレジットカードと口座振替の2種類が主流です。

振込用紙による支払いができる電力はほとんどありません。

また、請求の確認もWEBのマイページの電力が多く、検針票がない場合が多いです。

あったとしても別途100円~200円で有料のパターンが主流。

シン・エナジーでも請求書が欲しい場合は100円(税抜き)になります。

利用者の満足度を口コミ・評判を確認する

知名度が低くても安くておすすめできる新電力もあれば、知名度は高くても実はそんなに安くない電力もあります。

電話や訪問営業で『絶対安くなります』と言われて即決で申し込みしたものの、実際は割高になってしまったという口コミが多い電力もあります。

対策として『評判・口コミ』を見て利用者が満足しているか確認してみることをおすすめします。

シン・エナジーは、利用者の満足度も高い点もおすすめの理由です。

必ずシミュレーションをすること

ほとんどの電力会社は公式ホームページで電気代のシミュレーションができるようになっています。

必ず自宅の電気使用量でシミュレーションすることをおすすめします。

新電力切り替え時の基礎知識

アパートやマンションなどの場合

アパート・マンションなどの賃貸物件も電力切り替えができます。

ただし、物件によっては一括受電契約をしていると個人での契約ができません。

借りている物件がどちらか分からない場合は不動産屋さんやオーナーに確認しましょう。

契約した電力が倒産した場合

新電力のことがよく分からないと『倒産しないか心配』という方いますが、もしも契約した電力会社が撤退することになっても関東なら東京電力がフォローすることになっているので、突然電気が止まることはありません。

また、電気代が安くなるからといって、送配電ネットワークはこれまでと同じなので、質が悪くなることもないので安心して安い電力に切り替えてください。

スマートメーターの設置工事について

新電力切り替えでは『スマートメーター』の設置工事があります。

所要時間は約30分ですが、立ち合い不要で停電工事にもなりません。

アパートやマンションなどの集合住宅の場合でも管理会社などに許可を取る必要はありませんが、念のためトラブル防止で伝えておくといいでしょう。

※すでにスマートメーターが設置してある場合は工事不要です。

まとめ

二人暮らしでも家庭のシチュエーションによっておすすめできる電力や節約額はかなり変わります。

今回紹介した電力会社ベスト5の中から選べば安くなります。

口コミを見ても評判が良いので、後悔するリスクは低いと思います。

ぜひ検討してみてください。

格安料金とキャンペーンが超お得『エルピオでんき』

3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなるのが『エルピオでんき』。

当サイトでも大人気です。
最大2万円超お得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

ガスの申し込みでさらに1万円キャッシュバックにガスの基本料金3ヵ月無料も追加!!

【エルピオでんきの人気の理由】
▶超格安料金!
▶高額キャンペーンがダントツでお得!
▶格安ガスもセットで毎月100円割引
▶初期費用無料
▶解約金も0円で縛りなし
▶利用者の満足度も高い

電気料金のシミュレーションや開催中のキャンペーン詳細は以下のボタンからご確認いただけます。


公式サイト

コメントを残す

*