2人暮らしにおすすめの電力会社2022!共働き・同棲に安い電気ガスセットも

この記事では『二人暮らし』におすすめの電力会社ランキングベスト5を紹介しています。

2人暮らしと言っても、専業主婦、共働き、ペットを飼っている、IHのコンロを使っているなど、家庭の特徴によって安くなる新電力は変わってきます。

さらに、ポイントやセット割などの特典、基本料金0円、解約金無料など家庭によって求める要素の違いなども考慮して電力会社を厳選しました。

評判や口コミから電気使用量や契約アンペアの大きさなども参考にしてください。

ぜひお得な電力に申し込みにしてお二人の電気代を安くしてくださいね。

二人暮らし・共働き・同棲に安いおすすめの電力会社ベスト5

『二人暮らし・同棲カップルの電気使用量に関する口コミ』の通り、二人暮らしと一口に言ってもライフスタイルによって電気代に差が出ます。

なので、おすすめの電力会社も以下の要素で変わります。

1.契約アンペア
使う電力は30Aで間に合うのか、40A以上がいいのか

2.電気使用量
共働きなのか専業主婦なのか、ペットやIHを使っていて多めなのか、平均的なのか

料金比較の結果、電気使用量が平均~やや少なめなら『シン・エナジー』『リミックスでんき』が安くなります。

40A以上だったり、使用量が多いと『そらエネでんき』、電気+ガスまとめるなら『エルピオでんき』が断トツです。

共働きや同棲カップルなど!30A以下で電気使用量が少なめの2人暮らし

契約アンペアが30Aで間に合う二人暮らしの家庭は『シンエナジー』をおすすめします。

私もシン・エナジーを利用しています。

どちらも必ず従来の大手電力より安くなり、特に2人暮らしの電気使用量だとかなりお得な新電力です。

シン・エナジーの魅力は2つ。

どんな生活スタイルでも必ず安くなる料金プランであること。

スタンダードな『きほんプラン』なら確実に安く、日中をメインに電気を使う、あるいは夜がメインという家庭は『生活フィットプラン』でさらに安くできる可能性があります。

家族が増えたり、使用量が多くなったら『シンぷるプラン』がお得になります。

さらに200円=1マイルのJALマイルが貯まったり、毎月1万円割引の抽選会など電気代以外にもお得なこと

解約で違約金が発生する電力会社もありますがシン・エナジーは無料なので、解約する時になんの負担や心配もなく安心です。

昼夜も在宅、ペットがいる!電気を多めに使う2人暮らし

そらエネでんきは、太陽光発電で地球に優しい電気であることが特徴。

特におすすめなのは『得するプラン』

新電力の中でも断トツの安さです。

他にもエコに特化したプランや寄付で社会貢献できるプランなどもありますが、どのプランにしてもトップクラスの安さです。

また、電力会社の多くは電気代に“燃料費調整額”という料金が含まれます。

簡単に言うと、発電の燃料費で原油価格に左右されます。

1kWhごとの電気代に上乗せされるか、割引になるのか毎月変わります。

しかし、そらエネでんきは太陽光発電なので、燃料調整額がありません。

なので、「使用量が同じなのに高い」ということもありません。

地球に優しく、安定して安い電気を使いたい方にピッタリの電力会社です。

もちろん、縛りなしで解約金・初期費用は無料です。

ブレーカーを気にしたくない!基本料金0円希望の2人暮らし

Looopでんきとあしたでんきは基本料金0円で従量料金が一律の電力会社です。

電気使用量が増えるほどお得になりやすく、10A~60Aまで基本料金0円なので、ブレーカーが落ちにくいメリットがあります。

40A以上あるいは、契約アンペアに縛られたくない家庭、電気使用量が多めの家庭、逆にかなり少なめの家庭がお得になります。

ガスと電気をまとめて契約したい人、満足度なら受賞実績が多い『Looopでんき』がおすすめです。

少しでも単価が安い方がいいなら『あしたでんき』。

Looopでんきは単価は0.4円、あしたでんきより高いですが、契約者イベントやアンケートでAmazonギフト券がもらえたりするので積極的にキャンペーンを参加すると、あしたでんきより安い可能性もあります。

電気代以外のお得さでも喜ばせてくれるのが『Looopでんき』の大きなメリットです。

あしたでんきもLooopでんきもいつ解約しても違約金が無料なので気軽に契約できます。

それぞれの違いや特徴は以下の通り。

Looopでんきのメリット・デメリット
・利用者の評判・口コミの良さが新電力の中で抜群に良い
・あしたでんきが対応していない北海道・北陸・四国エリアも契約できる
・契約者イベントやアンケートでAmazonギフト券がもらえる
・無料の電気のかけつけサポートがある(東京電力エリア限定)
・ガスとのセット割で安くなる(東京電力エリア限定)

あしたでんきのメリット・デメリット
・Looopでんきよりも0.5円ずつ従量料金が安い
・大手、東京電力が親会社で安心感がある
・特典が一切ない
・対象エリアがLooopでんきより狭い

一律5%オフ!『リミックスでんき』

『リミックスでんき』の5%オフの割引プランが二人暮らしにはおすすめです。

電気使用量が多くなると他のプランの方が安いので、ペットがいる家庭やテレワーク中心のワークスタイルのお家には向いていません。

また、40A以上を希望する場合はリミックスでんきの別プランの『使い得プラン』か『Looopでんき』、『あしたでんき』が安くなります。

まだ知名度は低めなので口コミが少なく、利用者のレビューが分からないのがデメリット。

評判を気にしない家庭はぜひ検討してください。

リミックスでんきの電気の評判・口コミはこちら
リミックスでんきの評判!世帯別料金比較でお得なプランを解説

二人暮らし・共働き・同棲におすすめ電力会社のシミュレーション比較

比較条件
▶東京電力エリア

▶30A 100kWh (かなり少なめ)
▶30A 240kWh (やや少なめ)
▶30A 350kWh (2人暮らし平均)
▶40A 240kWh (使用量少なめ,アンペアは高め)
▶40A 350kWh (使用量平均,アンペアは高め)
▶40A 450kWh (多め)

※ガスセット割は適用していません

関東エリア30A100kWh
東京電力2,846円
あしたでんき2,600円
Looopでんき
2,640円
リミックスでんき2,703円
シン・エナジー2,735円
そらエネでんき2,810円
エルピオでんき2,972円

関東エリア30A240kWh
東京電力6,421円
そらエネでんき5,820円
リミックスでんき6,098円
シン・エナジー6,102円
あしたでんき6,240円
Looopでんき
6,336円
エルピオでんき6,158円

関東エリア30A 350kWh
東京電力9,538円
そらエネでんき8,185円
エルピオでんき8,829円
シン・エナジー8,974円
リミックスでんき9,059円
あしたでんき9,100円
Looopでんき
9,240円

関東エリア40A240kWh
東京電力6,707円
そらエネでんき6,040円
エルピオでんき6,111円
あしたでんき6,240円
Looopでんき
6,336円
シン・エナジー6,358円
リミックスでんき6,370円

関東エリア40A 350kWh
東京電力9,824円
そらエネでんき8,405円
エルピオでんき8,782円
あしたでんき9,100円
シン・エナジー9,230円
Looopでんき
9,240円
リミックスでんき9,331円

関東エリア40A 450kWh
東京電力12,648円
そらエネでんき10,555円
エルピオでんき11,360円
あしたでんき11,700円
Looopでんき
11,880円
シン・エナジー12,001円
リミックスでんき12,235円

  

二人暮らしで電気ガスをまとめる場合!セットが最強に安い電力会社!【関東】

2人暮らしで電気・ガスをセットでまとめる場合に1番おすすめなのは『エルピオでんき』です。

『ENEOSでんき』も安いですが、ポイント還元率が高く、アンケートに協力するとAmazonギフト券がもらえる『CDエナジー』がおすすめです。

二人暮らし
平均
電気
30A350kwh
ガス
20㎥
割引合計
エルピオでんき
エルピオ都市ガス
8,829円3,518円-100円引き12,247円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
8,971円3,477円0円12,448円
CDエナジー
ベーシックでんき
ベーシックガス
9,080円3,550円電気ガス
0.5%割引
12,566円
Looopでんき
Looopガス
9,100円3,560円電気単価
26.4円⇒26円
12,660円
東京ガス電気
東京ガス
9,106円3,665円電気
0.5%引き
12,681円
東電
東電ガス
9,536円3,555円-102円引き12,989円

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

格安料金とお得なキャンペーン『エルピオでんき』と『エルピオ都市ガス』

電気だけでも『エルピオでんき』は安いですが、関東圏内なら『エルピオ都市ガス』もまとめて契約すると最高に安くなります。

『エルピオでんき』と『エルピオ都市ガス』のメリットは2つ。

▶電気・ガスともに最安水準の格安料金
▶毎月100円割引でさらにお得
▶キャンペーンが1番お得

料金の安さは比較表を見てもダントツですが、キャンペーンは電気が最大2万円、ガスが1万円のキャッシュバックと基本料金無料です。

電気は契約アンペアによって金額が変わります。また、ガスの特典は基本料金無料はガスのみの申し込みだと1ヵ月間、電気とガス一緒だと3ヵ月間になります。

とにかく光熱費を安く節約するなら『エルピオでんき』がおすすめです。

当サイトでも人気上昇中!『CDエナジーダイレクト』

CDエナジーはメリットは以下の4つ。

1.電気とガス確実に安くまとめられ、さらにセット割引きでお得になる
2.毎月の料金でポイントが貯まる(100円=1pt)
3.キャンペーン頻度も多く、お得に申し込みできる
4.契約後もお得なアンケートなどユーザーを大切にしてくれる

最安ではありませんが十分安いですし、利用者の口コミが良く、契約していることへの満足度が高いのでおすすめです。

豊富な特典なら『ENEOSでんき』と『ENEOS都市ガス』

最安ではありませんが、ENEOSでんきも人気の新電力です。

アンケートや口コミなどの利用者満足度も高く評価されています。

注意したいのはENEOSでんきの場合、ENEOSガスとのセット割がないこと。

ガス料金自体は安いですが、電気・ガスともに使用量が多くなると、Looopでんきやエルピオでんきでまとめる方がお得になります。

使用量は必ず確認してくださいね。

また、ENEOSでんきはTポイントやANAマイルなど貯めたいポイントを選べたり、ガソリン代の割引、かけつけサポートなど豊富な特典も大きな魅力です。

二人暮らし・同棲カップルの電気使用量に関する口コミ

口コミを見てみると、二人暮らしの電気使用量はライフスタイルによってかなり差があります。


▶共働きで二人とも昼間は留守で電気を使わない
▶どちらか一人は家にいて電気を使う時間帯が多め
▶低めのアンペアで基本料金を抑えるか、60Aまで基本料金0円の電力がいいのか
▶ペットがいる家庭
など
これから二人暮らしする人は参考にしてね
ネコさん
ネコさん

二人暮らしも従来電力よりも新電力の方が安い

一人暮らしや二人暮らしだと新電力に切り替えてもあまり節約にならないのでは?という疑問を持つ人もいると思いますが、安くなる電力会社もちゃんとあるので切り替えた方がお得です。

ただし、使用量がものすごく少ない二人暮らしは一人暮らしにおすすめの新電力も参考にしてみてください。

二人暮らしの契約アンペアの大きさについて

二人暮らしの場合30A~40Aが一般的。

二人とも仕事が忙しくあまり家にいなければ30Aでも間に合うかもしれませんが、自宅でパソコンやゲームをよくしたり、ペットがいる家庭は40Aあった方が良さそうです。

ペットがいる家庭

ペットを飼っていると電気代がかなり高くなります。

使用量が多いほど新電力の方が大幅に安くなるので、電力会社の見直しをおすすめします。

IHはアンペア高めがおすすめ

コンロがIHの家庭は40Aなど高めのアンペアをおすすめします。

まとめ

二人暮らしでも家庭のシチュエーションによっておすすめできる電力や節約額はかなり変わります。

今回紹介した電力会社ベスト5の中から選べば安くなります。

口コミを見ても評判が良いので、後悔するリスクは低いと思います。

ぜひ検討してみてください。


\今、口コミで話題の新電力/
『CDエナジー』

設立からわずか2年で電気・ガスの申し込み件数20万件を突破!

1.新電力トップクラスの安さ!
電気を使うほどお得な「ファミリーでんき」、一人暮らしも確実に安い「シングルでんき」など、誰でも安くなる料金プラン◎

2.ガス料金も安い!
東京ガスより安いガス料金+セット割でさらにお得!!

毎月貯まるポイントは、電気代の支払いや他のポイントとの交換に使えます!

初期費用0円!いつでも無料で解約できます!

電力切り替えは次回検針日です!
早めの申し込みをおすすめします!

大手、中部電力と大阪ガスが共同が設立した新電力です!

コメントを残す

*