ミツウロコでんきは一人暮らしに高い?お得に契約する3つのポイント

ミツウロコでんきについて「一人暮らしでも安いの?」「一人暮らしが契約する際の注意点やデメリットは?」など、本当に一人暮らしにもお得かどうか気になっていませんか?

結論、ミツウロコでんきは料金面では一人暮らしにはあまり安くありませんが、申し込みキャンペーンを受け取ることで他社よりもお得に利用できます。

ただし、利用後に後悔しないためにも毎月の電気代、キャンペーン窓口や特典の条件など申し込み前に要注意なこともあります。

このページでは、3年以上多くの新電力を調査・比較してきた私が、下記の流れで利用者の評判・口コミも交えながら、ミツウロコでんきをお得に利用する際のポイントを解説していきます。

●一人暮らしでミツウロコでんきを契約する3つのポイント
●ミツウロコでんきの申し込み~利用までの流れ
●ミツウロコでんきへの切り替えでよくある6つの質問

最後まで読めば、一人暮らしでミツウロコでんきを1番お得に契約する方法や注意点が分かるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ミツウロコでんきとは?

『ミツウロコでんき』は、株式会社ミツウロコグループホールディングスの電力サービスです。

料金プランは電気使用量や使い方に合わせて多数用意されており、特に安くなりやすいのは電気使用量の多い家庭です。

しかし、ミツウロコでんきはお得な申し込み窓口を選ぶことで、電気使用量に関わらず一人暮らしにもお得に利用できます。

結論として、一人暮らしでミツウロコでんきがおすすめの人・おすすめしない人をまとめると、以下のようになります。

おすすめの人
▶後からもらえるキャッシュバックで結果的にお得になることがOKな人
▶30アンペア以上の人

おすすめしない人
▶毎月の料金が安い電力を探している人
▶申し込みキャンペーンやキャッシュバックをお得と考えない人
▶1年以上の長期的な契約を希望する人
▶20アンペア以下の人

それでは、一人暮らしでミツウロコでんきを契約する際のメリットや注意点など、お得にするポイントを解説していきます。

一人暮らしでミツウロコでんきを契約する3つのポイント

一人暮らしでミツウロコでんきを契約するとき、お得に利用するには以下3つが重要なポイントになります。

1.電気料金はあまり安くならない
2.お得に利用するにはキャンペーン窓口からの申込みが必須
3.シングル応援プランはPontaポイントプレゼントの対象外

それぞれ詳しく解説していきます。

1.電気料金はあまり安くならない

冒頭でミツウロコでんきは一人暮らしでもお得と述べましたが、電気料金そのものはあまり安くなりません。

ミツウロコでんきにはいくつかの料金プランがありますが、スタンダードなプランは以下の2つです。

▶従量電灯(標準的なプラン)
▶シングル応援プラン(一人暮らし向けプラン)

それぞれの料金プランを詳しく見ていきましょう。

標準プランは一人暮らしだと割高になる可能性が高い

ミツウロコでんきの従量電灯(標準的なプラン)は、電気使用量が少ないと割高な単価になっているため、一人暮らしだとお得ならない可能性が高いです。

例えば、ミツウロコでんきの料金を東京電力と比較すると、電気使用量が多い家庭向けの料金設定であることが分かります。

 ミツウロコでんき東京電力
20A
572円
30A858円
40A1,144円
~120kWh21.83円19.88円
121~300kWh23.05円26.48円
300kWh~25.71円30.57円

関西エリアなどアンペア契約でない地域の場合も、単価は割高になっています。

一人暮らしの平均電気使用量でミツウロコでんきの料金を試算してみると、どのエリアでも高くなってしまいました。

エリアミツウロコでんき
(従量電灯)
従来電力
北海道4,843円4,807円
東北4,159円3,979円
関東4,169円4,038円
中部4,332円4,148円
北陸3,600円3,518円
関西3,390円3,244円
中国3,469円3,339円
四国3,603円3,441円
九州3,816円3,678円

在宅ワークなどで電気使用量が多い人であればお得になる人もいますが、一人暮らしの平均的な電気の使い方では逆に高くなってしまいます。

しかし、ミツウロコでんきの評判を調べると、割高を承知で契約する一人暮らしもいました。

「一人暮らしに合わない料金であることを知りながら、なぜミツウロコでんきを選んだのか?」と気になった人もいるかもしれません。

後ほど詳しく説明しますが、ミツウロコでんきは申し込み窓口によって、毎月の電気代が高くなったとしてもお得になる可能性が大きいからです。

ただし、電気代そのものは一人暮らしに高いことを覚えておいてくださいね。

続いて、一人暮らし向けプランの料金もチェックしてきましょう。

シングル応援プラン(一人暮らし向け)もあるけど…

ミツウロコでんきには、一人暮らしなど電気使用量が少ない家庭向けに『シングル応援プラン』があります。

割高にはなりませんが、ほとんど安くならないことが分かりました。

例として、東京電力と比較してみたところ、電気使用量が少ないと1円も変わりません。

 ミツウロコでんき
シングル応援プラン
東京電力
20A572円
30A858円
40A1,144円
~120kWh19.88円19.88円
120~300kWh26.08円26.48円
300kWh~28.95円30.57円

電気使用量が増えればお得になることが分かりますが、電気使用量が少ない一人暮らしではあまり期待できません。

実際に一人暮らしの平均電気使用量で試算してみましたが、どのエリアも安くなったのは10円程度でした。

エリアミツウロコでんき
(シングル応援プラン)
東京電力
北海道4,793円4,807円
東北3,968円3,979円
関東4,026円4,038円
中部4,137円4,148円
北陸3,508円3,518円
関西3,236円3,244円
中国3,328円3,339円
四国3,429円3,441円
九州3,666円3,678円

トップクラスの電力だと一人暮らしでも150円くらい安くなるので、シングル応援プランはあまりお得とは言えません。

しかし、前述したようにミツウロコでんきには料金面を上回るお得さがあるので、続きも見ていきましょう。

ご自宅の電気使用量でシミュレーションする場合は、以下の公式サイトから試算してみてくださいね。

20アンペア以下でも契約できる

ミツウロコでんきは、これまで紹介した「従量電灯」も「シングル応援プラン」も10アンペアから契約可能です。

30アンペア以上が契約対象の新電力が多いため、20アンペア以下でも契約できる新電力を探している人にはメリットの一つになりますが、ミツウロコでんきはおすすめしません。

というのも、料金以上にお得になるためには申し込み特典をもらうことがポイントになります。

しかし、20アンペア以下は対象外とするケースが多いからです。

それでは、キャンペーンについても詳しく見ていきましょう。

2.お得に利用するにはキャンペーン窓口からの申込みが必須

ミツウロコでんきのキャンペーンは新電力の中でも高額特典のため、キャンペーンを実施している窓口からの申し込みすることで他社よりもお得なる可能性があります。

利用者の評判・口コミを調査しても、キャンペーン目的で契約する人がたくさんいます。

ただし、これまで紹介してきた通り、毎月の電気はあまり安くないため、お得なのは一時的です。

キャンペーンが終了後は他社への切り替えを視野に入れつつ、ミツウロコでんきを契約することをおすすめします。

代表的なキャンペーン窓口の特典を調べた結果、おすすめ窓口は以下のように変わります。

▶ギフト券や現金還元なら比較サイトがおすすめ
▶ポイント還元ならポイントサイトがおすすめ

それぞれ詳細をチェックしていきましょう。

ギフト券や現金還元なら比較サイトがおすすめ

ポイント還元ではなく、ギフト券や現金キャッシュバックをもらいたいという人には『エネチェンジ』や『価格コム』などの比較サイトがおすすめです。

時期によってギフト券なのか、現金なのかキャッシュバックなのか還元方法は変わります。

2022年1月のキャンペーンを例にすると以下のようになります。

エネチェンジのキャンペーン

『エネチェンジ』は大手の電力比較サイトで扱っている電力も多く、独自のキャンペーンが実施されていることも多いので人気の窓口になっています。

ミツウロコでんきのキャンペーンの場合、契約アンペアが大きいとキャンペーン金額も高くなり、エリアによっても少し変わります。

【特典内容】
・11,000円~最大18,000円

【受け取り方法】
・12ヵ月目の末日頃に届くメールで手続き後、振込で受け取る

【条件】
・10ヶ月間の電気代の支払い額がキャッシュバック金額よりも多いこと
・エネチェンジからの申し込みであること
・30A以上のプラン

【対象外のケース】
・10A~20A
・過去にミツウロコでんきの特典を受け取っている場合
(エネチェンジ以外の窓口も含む)

30アンペアだと11,000円~14,000円くらいになっているようです。

つまり、電気使用量が平均の一人暮らしなら、ミツウロコでんきで電気代が月100円高くなっとしてもキャンペーン受け取りまでで、1万円位はお得になります。

また、夏や冬などで電気使用量が多い場合にはミツウロコでんきは割安なので、年間で見れば意外とお得だったり、そこまで割高じゃないかもしれません。

ミツウロコでんきの申し込み窓口について、口コミを見るとエネチェンジも人気の申し込み窓口になっています。

エネチェンジからミツウロコでんきの申し込みを検討する際は、下記の公式サイトから最新の情報を確認して下さいね。

価格コムのキャンペーン

2022年1月時点で『価格コム』のミツウロコでんきのキャンペーンを見ると、30アンペアだとほとんどのエリアが1万円でした。

エネチェンジの金額と比較すると少し劣りますが、新電力としては高額特典と言えます。

【特典内容】
・10,000円~最大18,000円

【受け取り方法】
・11ヵ月目の末日頃に届くメールで手続き後、銀行口座またはローソンで特典を受け取る

【条件】
・価格コムからの申し込みであること

お得な窓口を利用して電力切り替える際には、特典内容だけでなく受け取り方法などもチェックしましょう。

この口コミは他のキャンペーンも比較して価格コムに決めたのか、タイミングを見計らっていたのか分かりませんが、10,000円という高額キャンペーンが決め手だったようですね。

この方のように特典受け取りまで注意しましょう。

ポイント還元ならポイントサイトがおすすめ

ポイントサイト経由での申し込みについての口コミも非常に多くありました。

特典内容を確認すると、2022年1月時点ではエネチェンジや価格コムには見劣りする金額でした。

【特典の例】
▶ハピタス:6,000円分
▶モッピー:4,000円分
(※2022年1月時点)

口コミを確認すると過去には2万円分の案件だったこともあるので、タイミングによってはかなりお得になる可能性もあります。

ただし、普段からポイントサイトでポイ活をしている人なら問題ないと思いますが、これまで利用したことない人はポイントの期限や交換方法、手数料などを確認して利用しましょう。

注意:キャンペーンの対象条件をよく確認すること

ミツウロコでんきに限りませんが、キャンペーンの対象条件は申し込み窓口によって異なっています。

例えばミツウロコでんきなら、シングル応援プランが対象外と記載されている窓口もあれば、30アンペア以上が対象としか書いていない窓口もあります。

契約内容がキャンペーン対象外だった場合、後悔のもとになってしまうので、特に以下のような項目はよく確認するようにしてくださいね。


・特典内容
・特典がもらえる時期
・特典受け取り方法
・対象のプラン
・最低利用期間
など

稀に最低利用期間前に解約すると違約金が発生するキャンペーンもあるので、キャンペーンの条件は注意しましょう。

3.シングル応援プランはPontaポイントプレゼントの対象外

ミツウロコでんきを契約すると、2年間で最大Pontaポイントが5000ptがもらえますが、『シングル応援プラン』は対象外です。

【Pontaポイント付与のタイミング】
▶新規契約・電力の供給開始で3,000Pontaポイント進呈
▶2年間契約を継続すると、半年ごとに500Pontaポイント進呈

電気が供給開始されてから3ヵ月後に3,000Pontaポイントがプレゼントされます。

『従量電灯』と『シングル応援プラン』どっちがお得かを比較すると、割高でも『従量電灯』を契約してPontaポイントをもらう方がお得になる可能性があります。

夏や冬など電気使用量が多くなったケースを想定して料金を試算すると、以下の比較の通り『従量電灯』がお得であることが分かります。

関東
一人暮らし
従量電灯シングル応援プラン
平均
30A
150kWh
4,169円4,026円
多め
30A
240kWh
6,243円6,373円

従量電灯は電気使用量が増えれば割安なので、割高であっても最高で100円ちょっとです。

仮にそれが1年続いたとしても、Pontaポイントでカバーできる額なので『従量電灯』をおすすめします。

ミツウロコでんきの申し込み~利用までの流れ

電力の切り替え手続きはとても簡単です。

必要なものを準備すれば5分くらいで手続きできるので、サクッとお申し込みできます。

また、契約中の電力会社への解約手続きは、HTBエナジーが対応するので申し込みするだけで大丈夫です。

申し込みから利用開始までは以下の3つのステップになります。

1.検針票などを準備する
2.申し込み
3.利用開始

準備するもの~利用開始までの流れを確認していきましょう。

1.検針票などを準備する

ミツウロコでんきの申し込み前には以下の3つを準備しましょう。

▶検針票
▶クレジットカードまたは口座情報
▶メールアドレス(マイページのIDになります)

もし検針票がない方は以下の情報を契約中の電力に確認しましょう。

・22桁の供給地点特定番号
・契約中の電力会社のお客様番号

2. ネットで申し込み

ミツウロコでんきの申し込みページから検針票や支払い情報の入力をしていきます。

入力方法には以下の2種類があるので、お好きな方法を選んでくださいね。

パターン① 自分で情報を手入力する
パターン② 検針票をスマホで撮影

情報の入力を簡略化したい方は画像のアップロードがおすすめです。

\初期費用・解約金無料/

3. 利用開始

申し込み完了したら、後は待つだけ。

利用開始日はご自宅の検針日からになりますが、検針日直前の申し込みだと次回になる可能性もあるため、最大1ヵ月位を目安にしましょう。

※検針日は地域によって異なるため、検針票から確認してくださいね。

ミツウロコでんきへの切り替えでよくある6つの質問

最後に、ミツウロコでんきへの切り替えでよくある6つの質問をまとめました。

疑問がある方は申し込み前に解消しておきましょう。

1.初期費用や解約金はある?
2.アパートやマンションなどの賃貸物件も契約できる?
3.スマートメーターの設置工事や立ち合いは必要?
4.電気代が高騰する可能性はない?
5.電気とガスのセット割はある?
6.電気のトラブルサポートはある?

それぞれのQ&Aを確認していきます。

1.初期費用や解約金はある?

ミツウロコでんきは切り替えに伴う費用は無料です。

また、いつ解約しても解約金・違約金もありません。

2.アパートやマンションなどの賃貸物件も契約できる?

アパートやマンションなどの賃貸物件も契約できます。

ただし、管理会社やオーナーさんが建物全体で電力を契約している物件だと自由に新電力を契約できません。

3.スマートメーターの設置工事や立ち合いは必要?

スマートメーターが設置されていない物件の場合、申し込み後に設置工事がありますが費用はかかりません。

また、立ち合いも不要です。

4.電気代が高騰する可能性はない?

HTBエナジーの料金プランは、固定料金なので料金が高騰することはありません。

※電力会社によって、日本卸電力取引所(JEPX)の価格によって料金単価が変動するプラン(市場連動型プラン)を採用していると、料金が高くなるケースもあります。

5.電気とガスのセット割はある?

結論からいうと、ガスとのセット割はあります。(110円割引/月)

ただし、ミツウロコガスを提供する会社は2つあって、それぞれ料金プランが違うので注意が必要です。

例えば関東エリアだと、一般家庭向けのプランには以下の2種類があります。

ミツウロコグリーンエネルギーが提供する『まる得プラン』
ミツウロコヴェッセルが提供する『スタンダードプラン』

どちらもミツウロコグループの会社でホームページも非常に似ていて分かりづらいのですが、よく見ると料金プランや定義書の会社名が違うので注意しましょう。

6.電気のトラブルサポートはある?

ミツウロコでんきを契約すると、電気のトラブルを無料でサポートしてくれるサービスがあります。

無料になるのは60分以内の作業となりますが、本来だったら1万円するようなサービスを24時間365日対応してくれます。

マンションやアパートにお住まいだと管理会社に連絡することが多いかもしれませんが、緊急時には安心です。

まとめ

一人暮らしがミツウロコでんきをお得に契約する際に抑えるべきポイントを紹介してきましたが、いかがでしたか?

ミツウロコでんきは高額キャンペーンを受け取ることで一時的にお得になりますが、毎月の電気代をみると、一人暮らしにはあまりお得ではありません。

それを知った上でミツウロコでんきを契約することをおすすめします。

また、申し込みする際は、特典の条件に注意して窓口を選んでくださいね。

毎月の電気代を安くしたいなという方や長期的な契約を検討する場合は、以下のような記事を参考にしてご自身にとってベストな電力を見つけてくださいね。


\口コミで話題の新電力/
『CDエナジー』

1.新電力トップクラスの安さ!
電気を使うほどお得な「ファミリーでんき」、一人暮らしも確実に安い「シングルでんき」など大人気の新電力◎

2.ガス料金も安い!
東京ガスより安いガス料金+セット割でさらにお得!!
毎月貯まるポイントは、電気代の支払いや他のポイントとの交換も可能!

初期費用0円!いつでも無料で解約できます!

電力切り替えは次回検針日です!
早めの申し込みをおすすめします!

コメントを残す

*