ピタでんの安いと評判の「使った分だけ」!「使いたい放題」は損するので要注意!

この記事では『ピタでん』の評判・口コミ、料金プランのシミュレーション比較、特典、デメリットなどをまとめています。

ピタでんは注目の料金の安さで、おすすめの新電力です。

申し込みキャンペーンがないのでお得に申し込みしたい方は電力比較サイトの『エネチェンジ』からの申し込みがお得になります。

また、ピタでんの電力供給元のF-Powerが業務改善勧告を受けたことや赤字を出したことで、心配する声もありました。

ピタでんが影響を受けてなにかあっても、他の電力がフォローするので問題ありませんが、気になる人は『Looopでんき』『楽天でんき』『あしたでんき』がおすすめです。

この記事では、ピタでんの料金プランとシミュレーション比較、デメリットや注意事項、口コミ・評判をまとめています。

ぜひ電力切り替えの参考にしてください。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!




絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

ピタでんは評判・解約金を気にしない人におすすめ

ピタでんの料金プランは2種類あります。

▶『使った分だけ』=単身、共働き、3人~4人世帯平均までの電気使用量の家庭向け
▶『使いたい放題』=5人世帯以上など電気使用量が多い家庭向け

しかし、今回の料金のシミュレーション結果では過半数のエリアが『使いたい放題』では割高になりました。

おすすめは『使った分だけ』です。

ピタでんは1年未満の解約で違約金が発生するデメリットがありますが、『使った分だけ』はかなり安くなります。

申し込み時点で1年以内の解約の可能性が低ければ、おすすめできる電力です。

ただし、満足している口コミもありますが、口コミの数自体はそこまで多くはないので、評判を重視する人は『あしたでんき』や『Looopでんき』をおすすめします。

サル君
サル君
それぞれの料金プランを見ていくよ

ピタでんの料金プランとシミュレーション比較

ピタでんには2つのプランがあります。

▶使った分だけ
⇒スタンダードなプラン

▶使いたい放題
⇒電気を多く使う家庭向け

おすすめは『使った分だけ』。『使いたい放題』はまったくお得にならないこともあるので注意が必要です。

それぞれ詳しくみていきましょう。

ピタでんの安いと評判の『使った分だけ』プラン

『使った分だけ』は基本料金0円で従量料金一律のとてもシンプルな料金プランです。

ピタでんの電力供給元『F-Power』が北海道エリアから撤退したため、ピタでんも北海道エリアが対象外になるのではないかと、心配の声がありましたが、引き続き北海道エリアはピタでんの対象エリアとなっています。

使った分だけ基本料金従量料金
北海道エリア0円28.25円
東北エリア25.25円
東京エリア25.25円
中部エリア25.25円
北陸エリア20.75円
関西エリア21.20円
中国エリア23.15円
四国エリア23.50円
九州エリア22.25円

従来電力だとできるだけ低いアンペアの方が節約になりますが、ピタでんは気にする必要がありません。

10A~60アンペア関係なく基本料金0円であることのメリットは、ブレーカーが落ちることを気にせずに同時にたくさんの電気を使えることです。

実際にピタでん(使った分だけ)と従来電力のシミュレーション比較をしてどれくらい安くなるのか検証してみましょう。

≪比較条件≫
▶1人暮らし少なめ 100kWh(朝晩しか家にいない人)
▶1人暮らし平均  240kWh
▶2人暮らし平均  350kWh
▶3人~4人世帯平均 450kWh

電気使用量北海道電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
3,358円2,825円533円/月
6,396円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
7,395円6,780円615円/月
7,380円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
10,920円9,887円1,033円/月
12,396円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
14,952円12,712円2,240円/月
26,880円/年

平均の電気使用量以下の一人暮らしでも年間6,000円、3~4人世帯なら26,000円以上も電気料金が安くなります。

北海道エリアの方は圧倒的にピタでんに切り替えた方が節約できます。

電気使用量東北電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,796円2,525円271円/月
3,252円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,145円6,060円85円/月
1,020円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,074円8,837円237円/月
2,844円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,273円11,362円911円/月
10,932円/年

北海道エリアほどではありませんが、東北エリアも電気使用量に関わらずピタでんがお得です。

ピタでんに切り替えるメリットは十分ありますね。

電気使用量東京電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,794円2,525円269円/月
3,228円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,304円6,060円244円/月
2,928円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,365円8,837円528円/月
6,336円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,648円11,362円1,286円/月
15,432円/年

東京電力エリアも同様にピタでんの方が安い電気代になります。

月々数百円でも年間で数千円の節約になるので、長い目でみればあなどれません。

電気使用量中部電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,910円2,525円385円/月
4,620円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
6,333円6,060円273円/月
3,276円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
9,236円8,837円399円/月
4,788円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
12,414円11,362円1,052円/月
12,624円/年

中部エリアは一人暮らしでも1年で3,000円以上、3人世帯以上で12,000円ほどの節約となります。

電気使用量北陸電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,464円2,075円389円/月
4,668円/円
1人暮らし
平均
30A
240kWh
5,374円4,980円394円/月
4,728円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
7,805円7,262円543円/月
6,516円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
10,345円9,337円1,008円/月
12,096円/年

北陸エリアも年間4,000円以上、世帯人数が増えれば1万円以上安くなりますね。

電気使用量関西電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,030円2,120円90円/月
1,080円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,469円5,088円381円/月
4,572円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,426円7,420円1,006円/月
12,072円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,302円9,540円1,762円/月
21,144円/年

関西エリアだと電気使用量少なめの一人暮らしは、従来電力の方が安い結果となりました。

一人暮らしでも電気使用量が平均くらいならピタでんに切り替えた方がお得ですね。

申し込み前には必ず公式サイトでシミュレーションしましょう。

電気使用量中国電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,065円2,315円250円/月
3,000円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,708円5,556円152円/月
1,824円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,778円8,102円676円/月
8,112円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,682円10,417円1,265円/月
15,180円/年

中国電力エリアも一人暮らしで使用量が少なめだと従来電力の方が電気代が安いですね。

ピタでんは安いですが、エリアによっては一人暮らしだとお得にならないこともあるようです。

電気使用量四国電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
100kWh
2,183円2,350円167円/月
2,004円/年
1人暮らし
平均
240kWh
5,763円5,640円123円/月
1,476円/年
2人世帯
平均
350kWh
8,851円8,225円626円/月
7,512円/年
3~4人世帯
平均
450kWh
11,846円10,575円1,271円/月
15,252円/年

四国エリアも関西・中国電力エリアと同様に一人暮らしで平均の電気使用量以下の場合はピタでんの方が高くなってしまうので注意しましょう。

電気使用量九州電力ピタでん差額
1人暮らし
少なめ
30A
100kWh
2,593円2,225円368円/月
4,416円/年
1人暮らし
平均
30A
240kWh
5,660円5,340円320円/月
3,840円/年
2人世帯
平均
30A
350kWh
8,303円7,787円516円/月
6,192円/年
3~4人世帯
平均
40A
450kWh
11,157円10,012円1,145円/月
13,740円/年

九州エリアはどんな家庭でもピタでんの方がお得になりますね。

エリアによっては『使いたい放題』は損するプラン

『使いたい放題』は、500kWhまではいくら電気を使っても同じ料金で、500kWhを越した場合は、1kWhごとに従量料金が発生していきます。

≪料金表≫

使いたい放題基本料金
~500kWhまで
従量料金
500kWh以降
北海道エリア14,000円27円
東北エリア13,000円27円
東京エリア12,000円27円
中部エリア11,000円27円
北陸エリア11,000円27円
関西エリア11,000円23円
中国エリア11,000円27円
四国エリア11,000円27円
九州エリア12,000円27円

3人~4人世帯平均の電気使用量は430~450kWhなので、目安は5人以上の世帯や電気を多く使う家庭がお得のプランということになります。

しかし、実際に料金をシミュレーションし、『使った分だけ』と比較したところ、『使いたい放題』がお得になったのは4つのエリアだけでした。

▶比較条件
6人世帯平均 650kWh
6人世帯
平均
650kWh
使った分だけ使いたい放題
北海道エリア18,362円18,050円
東北エリア16,412円17,050円
東京エリア16,412円16,050円
中部エリア16,412円15,050円
北陸エリア13,487円15,050円
関西エリア13,780円14,450円
中国エリア15,047円15,050円
四国エリア15,275円15,050円
九州エリア14,462円16,050円

使いたい放題で安くならなかったのは以下の5つの地域

▶東北エリア
▶北陸エリア
▶関西エリア
▶中国エリア
▶九州エリア

500kWhまでの定額なので、500kWhを超えるなら『使いたい放題』の方が安くなるのかと思ったら安くならないエリアもあるという落とし穴になっています。

安くならない上記のエリアでは、従量料金が割高な使いたい放題だと、逆にどんどん損してしまうので、『使いたい放題』は申し込みしないようにしましょう。

なんて恐ろしいプランなの!?
ネコさん
ネコさん
サル君
サル君
両方のプランをシミュレーション比較しないと気づかない人が多いよね、きっと!

ただ、よく考えてみると、『使った分だけの単価×500 < 使いたい放題の基本料金』なら使った分だけプランを契約した方が安いということがわかります。

例:北海道エリア
使った分だけ:28.25円×500kWh=14,125円
使いたい放題の基本料金=14,000円

500kWh以上なら『使いたい放題』がお得

 
例:関西エリア
使った分だけ:21.20円×500kWh=10,600円
使いたい放題の基本料金=11,000円

500kWh以上でも『使った分だけ』の方が安い

その他の『北海道エリア』『東京電力エリア』『中部エリア』『四国エリア』は電気使用量が多いなら、使いたい放題がお得になるので安心してください。

念のためどのエリアの方も『使いたい放題』と『使った分だけ』両方のシミュレーションをすることをおすすめします。

申し込むプランを誤らなければ、ほとんどのシチュエーションで安くなるので、ここだけは注意しましょう。

ピタでんの評判と口コミ

ピタでんに関する口コミはあまり多くありませんが、いくつか紹介したいと思います。

使った分だけの評判が良い

基本料金が0円でも電気単価が高ければ電気料金は安くなりませんが、ピタでんは安いと評判で、実際にピタでんに切り替えて安くなったという口コミもたくさんありました。

ピタでんと同じように『楽天でんき』や『Looopでんき』も基本料金0円、一律の電気単価になっていますが、ピタでんが1番安くなっています。

ただ、楽天でんきにはお得な楽天スーパーポイント、Looopでんきにはトラブルサポートや不動の人気があります。

単純に安さ重視の方にはピタでんがおすすめです。

また、ピタでんだけではありませんが、ほとんどの新電力が申し込み手数料などもないので簡単に切り替えられるのもメリットです。

1ヵ月で5,000円も安くなった1年で6万円以上も電気代が安くなることになります。

かなりお得になりますね。

ピタでんは電気使用量が多ければ多いほど、お得になりやすいので、電気を多く使う家庭はピタでんに切り替えることをおすすめします。

電気使用量が多い方がさらにお得になりますが、他の新電力と比較しても単価がかなり安いので、平均より少ない家庭でも電気料金が安くできます。

どんな家庭でも電気代がやすくなる可能性が高いのはピタでんの大きなメリットでしょう。

使いたい放題の口コミと評判

エリアによっては『使いたい放題』はかなり安くなります。

ほとんどの新電力はWEBやスマホのアプリで電気使用量や料金を確認することができます。

この口コミの方もそれで使用量を確認しているでしょう。

使用量や料金を予測してくれる機能があり、東京電力なら2万円になるところがピタでんでは3,000円安くなる見込みのようです。

東電エリアで700kWhなら『使いたい放題』の方がお得ですね。

申し込み時に操作ミスがあったのでしょうか?

本当は300円の電気使用量なのに定額料金の請求なら、6,000円超えどころか1万円超えなのでかなりのダメージですね。

それにしても300円はかなり安い電気代ですが、別荘や空き家の場合、基本料金0円というのはまさにぴったりなプランです。

というのも、従来電力なら全く電気を使わない月でも数百円の最低月額料金が発生しますが、基本料金0円のピタでんやLooopでんきの場合は0円になります。

評判・口コミなどの情報の少なさが不安

満足度の高い口コミや評判の良さで大人気のLooopでんきよりも単価を安くして後から市場に参入したピタでんですが、利用者の口コミの少なさがデメリットとなっています。

新電力が倒産したら他の電力がフォローします

2018年に電力供給元のF-Powerが解約時の違約金について説明不十分として、業務改善勧告を受けたことと、120億円の赤字を出したことでピタでんに申し込みして大丈夫なのかと心配する口コミがいくつかありました。

仮に契約中の新電力が倒産してしまった場合でも、他の電力会社がカバーするので、突然電気の供給が止まることはないので安心してください。

それでも心配な人は親会社が東京電力の『あしたでんき』や人気No.1の『Looopでんき』がおすすめです。

ピタでんの6つのデメリット

どの新電力にもデメリットがあるようにピタでんにもいくつかデメリットがあります。

解約金が発生する

ピタでんは、1年以内の解約で違約金2,000円(税抜き)が発生します。

最低契約期間や違約金が0円で料金も安い新電力もあるので、この点はピタでんのデメリットになります。

ただ、ピタでんの電気料金はかなり安いですし、J:COM電力は違約金が最大で2万円もしますので、それと比較すれば2,000円はそこまで気にしなくてもいいと思います。

利用者の口コミが少ない

利用者の口コミが少ないので、契約後の対応や本当に満足できるのか、後悔はしないのか分かりづらいのがデメリット。

しかもピタでんでは解約金も発生するので、できれば評判はどうなのかの情報は欲しいところです。

プランの変更に制限がある

ピタでんの場合、プランの変更は1年に1回までで2,000円の料金が発生します。

セット割やポイントサービスなどの特典がない

ピタでんは電気料金は安いですが、お得なキャンペーンやポイントが貯まるサービス、何かとセットで契約すると値引きされるといった特典が一切ありません。

電気代が安くなるだけでは物足りない人もいるかもしれませんね。

オール電化向けプランがない

ピタでんにはオール電化向けプランがありません。ただ、新電力は多いので大きなデメリットではないかもしれません。

オール電化向けプランがある新電力
▶ミツウロコでんき「とくとくナイト」
▶坊っちゃん電気「マドンナプラン」
▶エルピオ電気「深夜お得プラン」
▶ナンワエナジー「スタンダードオール電化」
▶親指でんき「日曜から夜更かしプラン」 など

問い合わせ先がフリーダイヤルじゃない

新電力だけでなく、他のサービスなどもそうですが問い合わせが混みあって繋がりにくい時間帯などがあります。

その場合、ピタでんはフリーダイヤルではないので通話料金がかかってしまうことがデメリットになります。

ピタでんカスタマーセンター
受付時間:平日AM9:00-PM18:00
TEL:0570-019-500

絶大な信頼と安さで超優秀!
『Looopでんき』


3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多く使う家庭なら年間3万円以上も節約!
関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなく業界No.1です。

しかも使い勝手のいいAmazonギフト券と交換できるポイントを貯めることができます。
電気代が高くなるシーズン前の早めの申し込みがおすすめです!

ピタでんの申し込みキャンペーン

ピタでんの公式サイトでは申し込みがお得になるキャンペーンは実施されていません。

しかし、電力比較サイトの『エネチェンジ』のホームページから申し込みすると代理店窓口限定キャンペーンでお得に申し込みできる可能性が高いです。

エネチェンジではそれぞれの電力の申し込みキャンペーン以外にも『キャンペーンコード』を入手するとさらにお得になります。

入手方法は簡単でお問い合わせフォームか電話で聞くと教えてくれます。

また、住所や自宅の電気使用量などを入力すると一括見積比較もできるので、かなり便利です。

ピタでん以外の電力もエネチェンジ限定キャンペーンで通常よりお得になるケースも多いので、ぜひのぞいてみてください。

ピタでんの申し込み方法や利用に関する基本情報

利用までの流れ
申し込み ⇒ スマートメーターの設置 ⇒ 利用開始

ピタでんに申し込むことを決めたら、契約中の電力会社には連絡しなくて大丈夫です。

解約手続きはピタでんが行うので、そのまま申し込みをしてください。

※建物を一括受電契約しているマンションでは個人で申し込みすることはできないので、オーナーの方に確認しましょう。

申し込み方法

申し込みはピタでん公式サイトから行います。

準備するもの
▶お客様番号
▶契約種別
▶供給地点特定番号(22桁の番号)
※契約中の電力会社の検針票などで確認できます。
▶登録するクレジットカードや金融機関のキャッシュカード

支払い方法

電気料金の支払い方法は2種類あります。

▶クレジットカード
▶口座振替

検針票や明細内訳の確認方法

ピタでんでは検針票や明細内訳の発行はなく、WEBのマイページから電気使用量や請求を確認することになります。

また、領収書の発行も対応していないので、マイページの請求を印刷しましょう。

ピタでんを解約する場合

引っ越しと同時に解約する場合はピタでんに連絡が必要ですが、同住所で他の新電力に切り替えたい場合は連絡不要です。

新しく契約する新電力がピタでんの解約手続きを行ってくれます。

まとめ

ピタでんはどんな家庭でも電気料金が安くなりやすいおすすめの新電力です。

ただし、東北エリア・北陸エリア・関西エリア・中国エリア・九州エリアの方は『使いたい放題』プランは損してしまうので契約しないようにしましょう。

また、料金以外にも特典が欲しい人は『Looopでんき』や『楽天でんき』、特典はいらないけど安い新電力が良い人は『あしたでんき』がおすすめです。

◇◆申し込み前に!必ず確認しておくべき電力◇◆
知らないと損する!絶対外さない超優秀電力ベスト2019!

超優秀電力!Looopでんき

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くできます!

お試しでLooopでんきに切り替えるのも全然ありです!

電気料金のシミュレーション、申し込みは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*