ピタでんを一人暮らしで契約する2つのメリットと注意点を細かく解説

「ピタでんって一人暮らしにも安い?」「一人暮らしにはどんなメリット・デメリットがあるの?」など、気になっていませんか?

ピタでんの料金やサービスの概要を調査した結果、ピタでんは一人暮らしにもおすすめの電力です。

しかし、一部のエリアでは電気使用量が多くないと割高になったり、解約金が発生するケースがあるなど契約前に確認すべき注意点も見つかりました。

このページでは、3年以上多くの新電力を調査・比較してきた私が、下記の流れで利用者の評判・口コミも交えながら、料金とサービスの特徴・注意点を解説していきます。

●一人暮らしでピタでんを契約する2つのメリット
●一人暮らしでピタでんを契約する際の6つの注意点
●ピタでんのキャンペーンと1番おすすめの窓口
●ピタでんの申し込み~利用までの流れ
●ピタでんへの切り替えでよくある7つの質問

最後までチェックすれば、ピタでんで満足できるのか?自分にとってのベストな電力か?を知ることができるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ピタでんとは?

『ピタでん』とは、事業者向けに電力を供給していた株式会社F-Powerの家庭向け電力サービスです。

そんな『ピタでん』は、業界トップクラスの安さで口コミでも料金に定評があります。

標準的な一人暮らしなら安くなるケースがほとんどですが、エリアによって電気使用量が少ないと割高になったり、解約が発生するケースなど注意点もあります。

一人暮らしで『ピタでん』がおすすめ人、おすすめしない人をまとめると以下のようになります。

おすすめの人
▶特に30A以上の人に特におすすめ
▶電気使用量が極端に少ない人(北海道・東北・関東・中部・北陸・九州エリア)
▶電気使用量が多い人(全エリア)

おすすめしない人
▶1年未満で解約する可能性がある人
▶関西・中国・四国エリアで電気使用量が少ない人
▶20アンペア以下の人

そさぞれの詳細について、利用者の評判・口コミを交えながら、『ピタでん』のメリット・注意点、おすすめのキャンペーン窓口を解説していきます。

一人暮らしでピタでんを契約する2つのメリット

一人暮らしがピタでんを契約するメリットは次の2つです。

1.基本料金0円でお得
2.一律料金で単価が安い

それぞれのメリットを利用者の評判・口コミを交えながら解説していきます。

1.基本料金0円でお得◎

ピタでんは10A~60Aまで基本料金0円であることが、お得なメリットの一つです。

特におすすめなのは、以下のような一人暮らしです。

▶特に30A以上の人に特におすすめ
▶電気使用量が極端に少ない人にもおすすめ(北海道・東北・関東・中部・北陸・九州エリア)

理由をそれぞれ見ていきましょう。

特に30アンペア以上の人におすすめ

特にピタでんがおすすめなのは30A以上の一人暮らしです。

30Aは一人暮らしの標準的な大きさなので、ほとんどの一人暮らしがピタでんでお得な電気代にすることが出来ます。

例えば、東京電力で30Aを契約していると基本料金だけで毎月858円かかりますが、ピタでんには決まった固定費はありません。

そして、以下の試算の通り、契約アンペアのが高いほど、基本料金無料のメリットが大きくなります。

 基本料金従量料金
150kWhの場合
合計
東京電力20A
572円3,180円3,752円
30A858円4,038円
40A1,144円4,324円
50A1,430円 4,610円
60A1,716円4,896円
ピタでん10A~60A0円3,856円3,856円

上記の通り、ピタでんは契約容量が大きくても料金は変わらないので、ブレーカーを気にしたくない人や部屋が大きめで40A以上を希望する人にピッタリでしょう。

利用者の評判を調べると、「基本料金なしが良かったので契約した」という口コミが多くありました。

電気使用量が極端に少ない人にもおすすめ(北海道・東北・関東・中部・北陸・九州エリア)

ほとんど家にいない人や全然電気を使わないような人も、ピタでんの基本料金無料はメリットになります。

本当に電気使用量が少ない一人暮らしは、最低料金なしで使った分の単価を支払う方が断然お得になります。

下記の表では、使用量が少ないとピタでんの単価の方が高いものの、実際に比較してみると、基本料金がないピタでんがお得になりました。

単価/kwh東京電力ピタでん
120kWhまで19.88円25.71円
300kWhまで26.48円
301kWh以上30.57円

以下は、電気使用量がかなり少ないケースでシミュレーションした結果です。

 電気使用量従来電力ピタでん
北海道電力エリア20A
50kWh
1,880円1,438円
東北電力エリア1,589円1,285円
東京電力エリア1,566円1,285円
中部電力エリア1,624円1,285円
北陸電力エリア1,376円1,056円
九州電力エリア1,467円1,136円

上記の電気使用量では、それぞれのエリアでピタでんが300円位安いので、年間3,000円以上の節約になります。

ピタでん以上に安くなる電力はそうそうありません。ピタでんがこれだけ安いのは、単価に理由があります。

さらに続きを確認していきましょう。

2.一律料金で単価が安い◎

ピタでんは単価が一律になっています。

しかも、他の基本料金無料の新電力と単価を比較するとトップの安さです。

エリアピタでんあしたでんき楽天でんき
北海道28.77円対象外30円
東北25.71円26円26.5円
関東25.71円26円26.5円
中部25.71円26円26.5円
北陸21.13円対象外22円
関西21.59円22円22.5円
中国23.57円24円24.5円
四国23.93円対象外24.5円
九州22.66円23円23.5円

これだけではあまり変わらないように見えるかもしれませんが、一人暮らしの平均使用量では100円以上の差になることもあります。

【例:東京電力エリアで150kWh使用した場合の料金】
ピタでん:3,856円
楽天でんき:3,975円
(楽天ポイント:19pt獲得)

獲得ポイントを含めてもピタでんが安くなります。

100円程度の差ですが、長い目で見れば、大きな差になるので個人的には1番安い電力がおすすめです。

ネット上の評判を調べると、ピタでんが1番安いという口コミがたくさんありました。

電気使用量が多い人に特に安い

ピタでんは電気使用量が多い一人暮らしに特に安くなります。

口コミにあったように、電気使用量が少ない人でも安いのですが、一律単価のため使用量が多い人ほど割安になっていきます。

夏や冬など、エアコンのつけっ放しや暖房器具で電気代を心配する人も多いですが、ピタでんだったら電気使用量が増えても電気代を抑えることができます。

2つのパターンの電気使用量で比較した結果を見ていきましょう。

※各エリアで安い新電力を厳選して比較対象にしています。

北海道平均
150kWh
多め
240kWh
北海道電力4,807円7,530円
ピタでん4,315円6,904円
Looopでんき4,425円7,080円
楽天でんき4,500円7,200円

東北標準
30A
150kWh
多め
30A
240kWh
東北電力3,979円6,259円
ピタでん3,856円6,170円
シン・エナジー3,910円6,108円
リミックスでんき3,780円5,945円
あしたでんき3,900円6,240円

関東平均
30A
150kWh
多め
30A
240kWh
東京電力4,038円6,421円
ピタでん3,856円6,170円
リミックスでんき3,835円6,098円
シン・エナジー3,872円6,102円
CDエナジー
3,938円
6,232円
あしたでんき
3,900円6,240円

中部平均
30A
150kWh
多め
30A
240kWh
中部電力4,148円6,451円
ピタでん3,856円6,170円
シン・エナジー3,989円6,137円
リミックスでんき3,939円6,120円
あしたでんき3,900円6,240円

北陸平均
30A
150kWh
多め
30A
240kWh
北陸電力3,518円5,476円
ピタでん3,169円5,071円
シン・エナジー
きほんプラン
3,403円5,273円
シン・エナジー
シンぷるプラン
3,300円5,280円
リミックスでんき3,341円5,199円

関西平均
150kWh
多め
240kWh
関西電力
(従量電灯)
3,244円5,558円
ピタでん3,238円5,181円
シン・エナジー3,099円5,244円
リミックスでんき3,082円5,279円
関電
(なっトクでんき)
3,140円5,309円

中国平均
150kWh
多め
240kWh
中国電力3,339円5,816円
ピタでん3,535円5,656円
シン・エナジー3,150円5,395円
リミックスでんき3,172円5,517円
あしたでんき3,600円5,760円

使用量平均
150kWh
多め
240kWh
四国電力3,441円5,870円
ピタでん3,589円5,743円
シン・エナジー3,315円5,698円
リミックスでんき3,269円5,576円
まちエネ3,394円5,713円

九州平均
30A
150kWh
多め
30A
240kWh
九州電力3,678円5,753円
ピタでん3,399円5,438円
シン・エナジー
(きほんプラン)
3,594円5,520円
シン・エナジー
(シンぷるプラン)
3,495円5,592円
あしたでんき3,450円5,520円
リミックスでんき3,493円5,464円

  
どのエリアでも電気使用量が多い方が節約額は高く、これ以上使用量が増えた場合もピタでんがどんどんお得になります。

特に関西・中国・四国エリアは、結果から分かるように、電気使用量が多い一人暮らしにピタでんがおすすめです。

また、他社新電力が最安のケースもありますが、安い電力に厳選しているため、ピタでんもトップクラスの安さです。

せっかくなら契約アンペアを上げたいという人には、1番お得になります。

実際に使用量が多いという利用者のレビューを見ても、「だいぶ安くなった」と実感できる価格であることが分かります。

一人暮らしでピタでんを契約する際の6つの注意点

一人暮らしでピタでんを契約する際、以下6つの注意点があります。

1.20アンペア以下には高くなりやすい
2.関西・中国・四国エリアは使用量が少ないと割高に
3.特定の時間に電気を使うなら他社の方が安い可能性も…
4.1年未満の解約には違約金が発生する
5.『使いたい放題』プランは最低料金が高い
6.プラン変更には手数料と限度がある

それぞれの注意点を確認していきましょう。

1.20アンペア以下には高いケースもがある

これまで20A以下の家庭がピタでんを利用すると、以下のように割高になるケースもあるので注意しましょう。

 電気使用量従来電力ピタでん
北海道電力エリア20A
150kWh
4,466円4,315円
東北電力エリア3,649円3,856円
東京電力エリア3,752円3,856円
中部電力エリア3,862円3,856円
九州電力エリア3,381円3,399円
北陸電力エリア3,276円3,169円

エリアによって差は異なりますが、安くなっていないエリアもあります。

30A以上の家庭にはピタでんは安くなりますが、20A以下の人には高くなるケースもあります。

20Aでも安くなる電力を希望する方は以下の新電力をおすすめします。

▶CDエナジー(関東のみ)
▶東京ガス(関東のみ)
▶まちエネ
▶アストでんき

2.関西・中国・四国エリアは使用量が少ないと割高に

関西・中国・四国エリアは電気使用量が少ない人がピタでんに切り替えると割高になってしまいます。

それぞれのエリアで電気使用量が少ない時の電気代を比較してみました。

 電気使用量従来電力ピタでん
関西電力エリア100kWh2,067円2,159円
中国電力エリア2,104円2,357円
四国電力エリア2,224円2,393円

上記の電気使用量は少なめですが、どのエリアも高くなっています。

前章で見たようにピタでんがお得になるのは、関西なら平均以上、中国・四国エリアでは多めの電気使用量でした。

特に中国・四国エリアは注意しましょう。

ピタでんを検討する際は、過去の電気使用量をご確認の上、公式サイトでシミュレーションすることをおすすめします。

3.特定の時間に電気を使うなら他社の方が安い可能性も…

特定の時間に電気を使う人であれば、時間帯によって安くなるプランを契約した方が安いケースもあります。

実際に料金表を見比べてみましょう。

※シン・エナジーの生活フィットプランを比較対象にしています

関東ピタでん昼生活
フィットプラン
夜生活
フィットプラン
30A0円471.90円471.90円
平日9時~18時25.71円
(一律)
21.05円33.05円
平日8時~9時、
18時~22時、
休日8時~22時
26.09円26.09円
毎日22時~翌日8時20.98円17.98円

赤文字部分のピタでんより安い時間に、電気を使えば、基本料金を払っても安い可能性あります。

ただし、ある程度電気を使うこと、ピタでんより高い時間にあまり電気を使わないことにも注意が必要です。

ピタでんはいつでも安い電気を使えるメリットがありますが、夜型生活の人や在宅ワークでお昼に電気を使うことが多い人は、「いつ電気を使うのか?」という視点でも検討することをおすすめします。

下記の口コミのように、時間帯に特化したプランに検討し直す人や実際にピタでんを解約して切り替える人もいます。

4.1年未満の解約には違約金が発生する

ピタでんは、1年未満での解約には2,200円(税込)の違約金が発生します。

解約金がない新電力も多いため、人によってはデメリットになり得るポイントでしょう。

1年以上利用した後は無料で解約できますが、すぐに切り替える可能性がある人は注意してください。

5.『使いたい放題』プランは最低料金が高い

これまで紹介してきた基本料金0円のプランは『使った分だけ』プランと言います。

ピタでんにはもう一つ『使いたい放題』というプランがあります。

『使いたい放題』は電気使用量多めの家庭向けのプランで、500kWhまで定額料金になっています。

『使いたい放題』の料金の例
関東:12,220円
関西:11,200円
※500kWh超過分は、1kWhごとに料金が課金されます

最低料金が1万円を超えるようなプランなので、一人暮らしの人が誤って申し込みしてしまうと大きな損失になる可能性があります。

電気使用量がかなり多めの人が契約した場合も、解約のタイミングによっては少ししか電気を使っていなくても多額の電気代になるので注意してください。

6.プラン変更には手数料と限度がある

ピタでんはプラン変更の際に、2,200円(税込)の手数料が発生するので注意しましょう。

また、その後は1年経過しないとプラン変更はできません。

※プラン変更の手続きはマイページから。

ピタでんのキャンペーンと1番おすすめの窓口

ピタでんの申し込みは公式サイトが1番おすすめです。

2022年1月現在は、どの窓口でもキャンペーンを実施していません。

過去には価格コムでもピタでんのキャンペーンはありましたが、公式サイトと同じ特典でした。

電力比較サイト『エネチェンジ』の場合は、窓口限定キャンペーン対象外になっているためお得になりません。

格別にお得になる窓口もないので、安心してお申し込みできる公式サイトをおすすめします。

新しい情報が入り次第、キャンペーン情報を更新していきます。

ピタでん公式サイトの最新キャンペーン

2022年1月現在は、キャンペーンはお休みです。

2021年は、ほぼ毎月開催されており、以下の特典と条件でした。

【特典内容】
▶使った分だけプラン
⇒Amazonギフト券2,000円分

▶使いたい放題プラン
⇒Amazonギフト券4,000円分

【対象条件】
▶キャンペーンコードを連絡事項に入力すること
コードは公式サイトに記載されており、毎月変わります。

【特典送付時期】
▶電気利用開始から4ヶ月後

ピタでんの申し込み~利用までの流れ

電力の切り替え手続きはとても簡単です。

必要なものを準備すれば5分くらいで手続きが完了するので、サクッとお申し込みできます。

また、契約中の電力会社への解約手続きは、ピタでんが対応するので申し込みするだけで大丈夫です。

申し込みから利用開始までは以下の3つのステップになります。

1.検針票、支払情報を準備する
2.web申し込み
3.利用開始

準備するもの~利用開始までの流れを確認していきましょう。

1.検針票とクレジットカードの準備

検針票とクレジットカードを準備しましょう。

もし検針票がない方は以下の情報を契約中の電力に確認しましょう。

▶22桁の供給地点特定番号
▶契約中の電力会社のお客様番号

※ピタでんはクレジットカード決済のみ対応しているため、口座振替はできません。

2.Web申し込み

ピタでんへの申し込み方法はwebのみです。

電話での申し込みはできないので注意しましょう。

公式サイトから申し込みページにアクセスしたら、必要な項目を入力していきます。

3.利用開始

Webでの申し込み手続きが完了したら、後は待つだけです。

利用開始日はご自宅の検針日からになりますが、検針日直前の申し込みだと次回になる可能性もあるため、最大1ヵ月位が目安です。

※検針日は地域によって異なるため、検針票から確認しましょう。

ピタでんへの切り替えでよくある7つの質問

最後に、シン・エナジー切り替えでよくある質問を7つの項目にまとめました。

疑問がある方は申し込み前に解消しましょう。

1.初期費用はある?
2.アパートやマンションなど、賃貸物件でも契約できる?
3.スマートメーターの設置工事はある?
4.電気料金が高騰する可能性はない?
5.最低契約アンペアとをアンペア数を上げる方法は?
6.燃料費調整額と再エネ賦課金は発生しますか?
7.倒産したらどうなるの?

それぞれチェックしていきます。

1.初期費用はある?

ピタでんに切り替える際、初期費用は一切ありません。

手数料なしで契約できます。

2.アパートやマンションなど、賃貸物件でも契約できる?

アパートやマンションなどの賃貸物件も契約できます。

ただし、管理会社やオーナーさんが建物全体で電力を契約している物件だと自由に新電力を契約できません。

3.スマートメーターの設置工事はある?

スマートメーターが設置されていない物件の場合、申し込み後に設置工事がありますが費用はかかりません。

また、立ち合いも不要です。

4.電気料金が高騰する可能性はない?

ピタでんは、固定料金なので、料金が高騰することはありません。

契約したプランが電力市場の影響を受けて、高くなることはないので安心して電気を使えます。

5.最低契約アンペアは?アンペア数を上げる方法は?

ピタでんは10A~契約できます。

ピタでんに問い合わせすると、アンペア変更は無料で対応してもらえます。

現在、アンペア契約の方は容量を上げてしまうと基本料金が高くなってしまうため、ピタでん利用開始後にアンペア変更することをおすすめします。

6.燃料費調整額と再エネ賦課金は発生しますか?

この記事でメインで紹介した『使った分だけ』は、燃料費調整額と再エネ賦課金が別途発生します。

使用量多い家庭向け『使いたい放題』では、燃料費調整額と再エネ賦課金はありません。

※燃料費調整額とは、発電に用いる燃料費のこと。

※再エネ賦課金とは、太陽光など繰り返し使える自然のエネルギーで発電した電気を仕入れるためのお金です。

7.倒産したらどうなるの?

2021年3月24日にピタでんを運営するF-Powerが電力市場価格の高騰によって倒産になりましたが、会社更生法適用後、新たにスポンサーとなった日本GLPの下で事業を継続することになっています。

ピタでんの場合は事業継続のため、電力の供給停止には至っていません。

もしも、契約していた新電力が撤退になってしまった場合は、関東なら東京電力、関西なら関西電力など大手電力がフォローするので停電にはなりません。

その際の料金は大手電力の従量電灯が採用されます。

まとめ

一人暮らしでピタでんを契約するメリット・注意点を解説してきましたが、いかがでしたか?

ピタでん、ほとんどの一人暮らしには安くなるのでおすすめの新電力です。

特に契約アンペアを高くしたい人ほどお得になります。

一方で、ピタでんは1年未満の解約には違約金がかかりますが、料金がかなり安いので、個人的にはあまりデメリットとは感じませんでしたが、気になる方は他社をおすすめします。

また、少数ですが契約する際にプラン選択を誤ってしまう人もいるようなので、申し込みする際には注意してくださいね。

\口コミで話題の新電力/
『CDエナジー』

1.新電力トップクラスの安さ!
電気を使うほどお得な「ファミリーでんき」、一人暮らしも確実に安い「シングルでんき」など大人気の新電力◎

2.ガス料金も安い!
東京ガスより安いガス料金+セット割でさらにお得!!
毎月貯まるポイントは、電気代の支払いや他のポイントとの交換も可能!

初期費用0円!いつでも無料で解約できます!

電力切り替えは次回検針日です!
早めの申し込みをおすすめします!

コメントを残す

*