東京電力と東京ガスまとめるならどっちが安いか徹底比較!意外な落とし穴が判明!


『東京電力』と『東京ガス』どちらで電気とガスをまとめたら安いのか?を調べました。

世帯別の料金とセット割、ポイントサービス、キャンペーンの比較などもまとめています。

どちらかでまとめた場合、電気とガスをバラバラで契約するよりもセット割でお得になるメリットもありますが、他の電力でまとめる方が安いというデメリット潜んでいます。

せっかくなら東電と東京ガス、まとめてどっちか安くしたいと検討中の方はぜひ参考にしてください。




格安料金と高額キャンペーンで人気!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
10月31日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

【エルピオでんきのお得ポイント】
1.最安水準の料金の安さ
2.いつでもお得な高額キャンペーン
3.解約金がないのでリスクなく申し込みできる
4.全エリア対応!無料の駆け付けサービス付き
業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)
関東圏では電気・ガスのセット契約が新電力の中でも1番安くなります。
利用者の口コミでも『キャンペーン』と『安さ』については高く評価されています。

料金を最安にしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

東京電力と東京ガスまとめると安いのは?世帯別料金・セット割の比較

※東京ガスの『ずっとも電気1』『ずっとも電気1S』は新規申込を終了し、『基本プラン』として新登場しました。

今回は1人暮らし~4人家族までの家庭が東京電力と東京ガスでそれぞれ電気とガスをまとめた場合について、料金比較をしました。

結論をいうと、一人暮らしは東京電力でまとめた方が安く、2人以上の家庭は東京ガスでセットにした方がお得になることが分かりました。

まずは電気とガスとまとめる際のプランの組み合わせとセット割について紹介します。

東京電力のまとめる組み合わせ

【電気】
・スタンダード:102円(税込)割引
一般的なプラン

・プレミアム:102円(税込)割引
毎月の電気代平均が17,000円以上の家庭向き

【ガス】
・とくとくガスプラン
一般的なプラン

・とくとくガスAPプラン
Amazonプライム付のプラン

・とくとくガス床暖プラン
ガス床暖房のある家庭向き

   

東京ガスでまとめる組み合わせ

【電気】
・基本プラン:月々の電気代から0.5%割引

【ガス】
・一般料金
従来のプラン

・ずっともガス
20㎥以上使うならお得。ポイント付与もある。

※『ずっとも電気1』『ずっとも電気1S』が廃止になり、ガスとのセット割があるのは『基本プラン』のみになりました。

解約金や縛りについて

東京電力、東京ガスともに解約金・違約金は0円です。

いつでも無料で解約できます。

電気ガスの料金シミュレーション比較

比較条件は以下になります。

【比較条件】
東電
電気:スタンダードSプラン
ガス:とくとくガスプラン

東京ガス
・1人暮らし~2人暮らし
基本プラン×一般料金

・3人~4人家族
基本プラン×ずっともガス

【ガス使用量】
1人暮らし 平均10㎥
2人暮らし 平均20㎥
3~4人家族 平均30㎥

【電気使用量】
1人暮らし 30A 100kWh(昼間は家にいない人)
2人暮らし 30A 350kWh
3~4人家族 40A 450kWh

比較結果:一人暮らしは『東京電力』、二人暮らし以上は『東京ガス』

※セット割引きを適用した料金を表示しているので、電気だけ契約する場合は料金が変わります。

 東京電力
東京ガス
1人暮らし
電気
(割引適用)
2,744円2,821円
ガス
2,145円2,212円
合計4,889円5,033円
2人暮らし電気
(割引適用)
9,432円9,106円
ガス
3,555円3,665円
合計12,987円12,771円
3~4人暮らし電気
(割引適用)
12,775円12,112円
ガス
4,820円4,969円
合計17,595円17,081円

2人以上の家庭は東京ガスでまとめ、1人暮らしなら東京電力でまとめるのがいいでしょう。

東京ガスはガス料金が高いのですが、電気代が東電よりもかなり安くなります。

東京ガスでは新規申し込みすると、3ヵ月間の基本料金無料のお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーン中なら東京ガスの方が圧倒的にお得になります。

ただし、電気とガスの使用量のバランスによってはまとめるべき電力は以下のように変わります。

電気を多く使う or 電気代が高い家庭
⇒東京ガスでまとめる

ガスを多く使う or ガス代が高い家庭
⇒東京電力でまとめる


関東エリア販売量1位!『東京ガスの電気』

電気とガスのセット割引と言えば、『東京ガスの電気』!

基本料金3ヵ月無料キャンペーン開催中!
30Aなら2,500円分、40Aなら3,400円が無料になるお得な特典です!
毎月の料金でポイントも貯まります。

関東エリアでの販売量、さらに顧客満足度で1位を獲得した実績も見逃せないポイント。

いつ解約しても違約金はかかりません!

少しでも安くしたい場合は早めの切替をおすすめします!

東電と東京ガスのポイントやその他サービスが充実しているのは?

利用中のサービスの違いも見ていきましょう。

ポイントの付与が多いのは東京ガス

東京電力

東電のスタンダード(S/L)プランは1,000円につき5ポイント

TポイントやPontaポイントなど提携先への交換はできます。

2021年2月以降は電気代の支払いに利用できなくなりました。

東京ガス

東京ガスの基本プランは、1,000円につき15ポイント

さらにずっともガスの場合は1,000円につき5ポイントです。

東京ガスもTポイントやPontaポイントなど提携先への交換はできます。

トラブルサポート

東京電力

電気設備・水回り・鍵・窓ガラスのトラブルに無料のサポートサービスが付帯しています。

また、ガス機器・床暖修理も無料です。

東京ガス

ずっとも電気には無料の電気設備に関するトラブルサポートがありましたが、基本プランにはありません。

また、レシピ動画サイト『クラシル』で有料の『人気順検索』は無料サービスになっています。

東電と東京ガスの申し込みキャンペーン、お得なのはどっち?

東京電力のキャンペーンは最大1,000ポイントのプレゼント。

一方、東京ガスは期間関係なくいつでも基本料金が3ヵ月間無料キャンペーン開催しています。

30Aでも858円するので、3ヵ月なら2,500円、40Aなら3ヵ月で3,400円が無料になります。

金額にしたら東京ガスの特典の方がお得ですね。



東電・東京ガスでまとめるデメリットと意外な落とし穴

電気とガスをセットでまとめられる電力は他にもあります。

しかも東電・東京ガスよりもお得にまとめることができます

以下は東京電力エリアで3~4人家族平均の電気・ガスで比較した結果です。

3~4人家族
平均
電気
40A450kwh
ガス
30㎥
割引合計
エルピオでんき
エルピオ都市ガス
11,360円4,735円-100円15,995円
Looopでんき
Looopガス
11,700円4,840円電気単価が
26.4円⇒26円
16,540円
ENEOSでんき
ENEOS都市ガス
11,879円4,770円0円16,649円
CDエナジー
ベーシックでんき
ベーシックガス
11,985円4,818円0.5%割引16,718円
東京ガス電気
東京ガス
12,112円4,969円0.5%引き17,081円
東電
東電ガス
12,877円4,820円-100円17,597円

まとめて安くしたいという人は、東電や東京ガス以外の電力でまとめることを検討してみてください。

また、まとめなくても良いけど安心できる電力と契約したい人は東電の子会社の『あしたでんき』がおすすめです。

東電が親会社という安心感もあるだけでなく、トップクラスの安さなので、少しでも安い電気を希望する人には文句なしにおすすめです。

基本料金0円・一律単価・解約金無料で、気軽に切替もできます。



格安料金と高額キャンペーンで人気!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
10月31日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

【エルピオでんきのお得ポイント】
1.最安水準の料金の安さ
2.いつでもお得な高額キャンペーン
3.解約金がないのでリスクなく申し込みできる
4.全エリア対応!無料の駆け付けサービス付き
業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)
関東圏では電気・ガスのセット契約が新電力の中でも1番安くなります。
利用者の口コミでも『キャンペーン』と『安さ』については高く評価されています。

料金を最安にしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

まとめ

東京電力と東京ガス、まとめるならどちらが安いのか参考になりましたか?

一人暮らしなら東電、二人暮らし・3人以上の家族なら東京ガスが安くなりますが、他の電力でセットにするとさらにお得です。

他の記事も参考にしてみてください。

超優秀電力!Looopでんき

満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くなることもあります!

キャンペーンの詳細、電気料金のシミュレーションは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

コメントを残す

*