auでんきの評判・口コミが悪い3つのデメリット!高い料金とセット割の落とし穴

auユーザーにお得と言われるauでんきの評判・口コミから料金やセット割、解約などまとめました。

高いので解約するという口コミが多く、満足度は低め。

フタをあけてみたら従来電力と0.1~0.2円しか変わらない料金。

セット割のポイント還元率がお得さのカギとなりますが、電気代に応じて最大で5%、使用量が少ないと1%。

電力切り替えのお得さはセット割の有無ではなく、電気料金そのものが安いかどうかです。

ぜひ参考にしてください。




格安料金と高額キャンペーンで人気!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
10月31日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

【エルピオでんきのお得ポイント】
1.最安水準の料金の安さ
2.いつでもお得な高額キャンペーン
3.解約金がないのでリスクなく申し込みできる
4.全エリア対応!無料の駆け付けサービス付き
業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)
関東圏では電気・ガスのセット契約が新電力の中でも1番安くなります。
利用者の口コミでも『キャンペーン』と『安さ』については高く評価されています。

料金を最安にしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

auでんきの評判・口コミが悪い3つのデメリット

auでんきを徹底調査してみると、まったくお得にならないというのが正直な感想です。

スマホを替えにauショップに行った時に断り切れずに契約してしまう人が多いようです。

電力について全く知識がないとお得そうに感じてしまうかもしれませんが、他の新電力の方が圧倒的に安いです。

auでんきだと、かなり損してしまうので早めにキャンセル・乗り換えをおすすめします。

※auでんき解約に費用はかかりません。また、私がおすすめする新電力は初期費用も0円なので安心して切り替えできます。

auでんきの3つのデメリットを口コミを見ながら紹介していきます。

1.電気料金が高い

高すぎて解約を決める人が多くいました。

2.セット割のポイント還元分しかお得にならない

この後、料金プランのご紹介をしますが、auでんきは電気代は従来電力とほぼ同じで安くなりません。

それを『セット割』をつける事でお得感をつけています。

しかし、auでんきから乗り換えた方がずっと安いです。

中には5,000円も安くなった人もいます。

3.営業・対応の悪さ

解約金の説明がなかったようです。

解約金はなくなったから説明しなかったのかもしれませんね。

でも騙されたと感じてしまったようですね。

強引で恐怖を感じるほどのセールスだったようですね。

強引にauでんきを契約させられてしまったようです。

スタッフによって対応が違うのは普通ですが、auでんきに関しての評判・口コミは不満が多かったです。

社内教育や方針になにか問題があるように感じてしまいます。

その他:明細が分かりづらい

アプリの請求額とスマホの請求額が違っているようです。

本当に違うのか分かりませんが、もし勘違いだったとしたら、請求明細がわかりづらいということですね。

請求が分かりづらいと困惑しているようです。


圧倒的ブランド力と安さが人気!
『Looopでんき』


満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多めの家庭は、年間3万円以上も節約できる可能性も...!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなくトップです。

関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!
また、いざという時の電気のトラブルも無料で対応してくれます。(関東限定)

電気もガスも両方安いのがLooopでんきの強みです!

少しでも損したくない人はお早めに!

auでんきの料金が高い理由と安くならない料金プラン

一般家庭向けのプランは「でんきMプラン」のみです。

電力切り替えの目的は電気料金を安くすることのはずですが、auでんきの料金プランは従来電力とほぼ変わりません。

例えば以下は東京電力エリアの料金プランですが、基本料金はまったく変わらず従量料金は0.01円しか変わりません。

 使用量東京電力auでんき
Mプラン



10A286円
15A429円
20A572円
30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円



0~120kWh19.88円19.87円
120~300kWh26.48円26.47円
300kWh~30.57円30.56円

ちなみに関西電力エリアもほとんど変わりません。

 電気使用量関西電力auでんき
Mプラン
最低料金0~15kWh
341.02円341.00円
従量料金15~120kWh
20.32円20.30円
120~300kWh
25.8円25.70円
300kWh~29.29円28.69円

実際にシミュレーション比較してみても、2円~4円と驚くほど安くなりません。
ここまで電気料金が変わらない電力も珍しいくらいです。

東京電力エリアで3~4人家族平均の電気使用量の場合(40Aで450kWh)

▶東京電力=12,881円
▶auでんき=12,877円

新電力で1番選ばれている超人気のLooopでんきは、ポイントやセット割などはありませんが、3~4人家族ならauでんきよりも年間15,000円くらい安くできます。

仮に還元されるポイントを含めても、特典なしのLooopでんきの方が安くなります。

auでんきのセット割の落とし穴とポイント還元のデメリット

auでんきは料金が従来電力とほとんど変わらないので、『セット割』がいかにお得かが安くする鍵になります。

セット割は、Pontaポイントによるキャッシュバック特典になっています。

つまり、Pontaカードを持っていないと、キャッシュバック特典は受けられません。

重要な還元率は電気料金によって変わります。

▶8,000円以上:5%キャッシュバック
▶5,000円~8,000円未満:3%キャッシュバック
▶5,000円未満:1%キャッシュバック


7,000円⇒210ポイント
10,000円⇒500ポイント
消費税抜きの電気料金で還元額は計算されます。

要するに最大でも5%安くなるだけ。

一人暮らしなど電気使用量が少ない場合は1%しか安くなりません。

東京電力エリアで3~4人家族平均の電気使用量の場合(40Aで450kWh)

▶東京電力=12,881円
▶auでんき=12,877円
▶Pontaポイント=643pt

auでんきの解約方法

解約したいのに連絡が繋がらないという口コミも多かったので解約についても触れておきます。

解約する際はいつ解約しても違約金は発生しません。

【利用開始前のキャンセル】
申し込みしたauショップまたはお客様センターに連絡

【利用開始後の解約】
手続き不要です。
切り替え先が手続きを行うので他の電力にそのまま申し込みしてください。

◇◆悩みたくない人へ!イチ押しの電力◇◆
一人暮らし~二人暮らし➡『シン・エナジー』
2人以上、電気多め世帯➡『エルピオでんき』

まとめ

auでんきはセット割のポイント還元を合わせても電気料金は安いとは言えません。

0.1円~0.2円単価が安くなっても他の電力の方が圧倒的にお得です。

超優秀電力!Looopでんき

満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

評判・口コミが良いだけでなく、価格.comの調査で人気No.1を獲得した実績もある選ばれ続けている新電力です!

Looopでんきはどんな生活スタイルでも安くなりやすいです。

電気料金が多いほどお得になりますが、一人暮らしでも電気代が安くなりやすいのが特徴です。

▶初期費用無料
▶10A~60Aまで基本料金0円
▶解約金0円
▶最低契約期間なし
▶Amazonギフト券に交換できるポイントが貯まる
▶無料トラブルサポート(東京電力エリア)
▶都市ガスとのセット割でさらにお得(関東圏内)

3~4人家族なら平均で1ヵ月1,000円~1,500円、年間1万円~3万円も安くなることもあります!

キャンペーンの詳細、電気料金のシミュレーションは以下の公式窓口からどうぞ。


『Looopでんき』公式サイトはこちら

コメントを残す

*