auでんきは一人暮らしにおすすめ?評判から分かった4つのポイント!

auでんきについて「一人暮らしにも安い?」「ポイント割引ってお得なの?」「高いという口コミもあるけど本当?」など、気になっていませんか?

結論、auでんきがおすすめな一人暮らしは、auのスマホ(UQモバイル、povo含む)、ネット、ガスなど、auのサービス利用している人です。

電気だけに視点をフォーカスすると、料金面でもポイントでもお得とは言えませんが、auでまとめることで割引になったり、ポイント還元率が大きくなっていくので、ヘビーユーザーほどお得になります。

このページでは、これまで多くの新電力を調査・比較してきた私が、下記流れで利用者の評判・口コミも交えながら、auでんきのメリットや注意点を解説していきます。

● auでんきの評判から分かった一人暮らしが契約する4つのポイント
● auでんき申し込み~利用までの流れ
● auでんきへの切替でよくある7つの質問

最後まで読み終わると、ご自身にとってベストな電力会社なのか分かるので、ぜひ参考にしてくださいね。

auでんきとは?

auでんきとは、KDDI株式会社が提供する電気。

2021年8月には申し込み件数300万件を突破している、人気が高いサービスです。

auのスマホや光回線、UQモバイルを利用するユーザーにはポイント還元やスマホの月額料金が安くなるといった特典があり、auのヘビーユーザーほどお得になります。

一方で、電気代は変わらないという点に注意が必要です。

一人暮らしでauでんきがおすすめな人をまとめると、以下のようになります。

【おすすめの人】
▶auのスマホ、auひかり、UQモバイル、povoなど他のサービスを利用している人
▶auでまとめてポイントをたくさん貯めたい人

【おすすめしない人】
▶auのサービスを使っていない人
▶ポイント還元ではなく、電気料金を安くしたい人

では、auでんきの評判・口コミから分かったメリット・注意点など、契約する際にポイントを解説していきます。

auでんきの評判から分かった一人暮らしが契約する4つのポイント

一人暮らしでauでんきを契約するにあたって、抑えるべき4つのポイントが以下になります。

1.電気代は安くならない
2.auでんきはポイントで割引になる!
3.auのサービスをまとめることでポイントがどんどんお得に!
4.UQモバイルが自宅セット割で安くなる!

auでんき利用者の評判・口コミと一緒にそれぞれの詳細を解説していきますね。

1.電気代は安くならない

auでんきは、公式サイトやauショップで「料金変わらず」「料金そのまま」と謳っている通り、電気代は安くならないという注意点があります。

auでんきの一般家庭向けのプランは「でんきMプラン」のみ。

以下は東京電力エリアの料金ですが、基本料金はまったく変わらず従量料金は0.01円しか変わりません。

 使用量東京電力auでんき
Mプラン



20A572円
30A858円
40A1,144円



~120kWh19.88円19.87円
~300kWh26.48円26.47円
301kWh~30.57円30.56円

それ以外のエリアでも同じように、ほとんど変わらない電気料金になっています。

実際に私が電気代をシミュレーションして比較したところ、一般的な一人暮らしだと2円しか変わりませんでした。

【例:東京電力エリアの標準的な一人暮らし(30A 150kWh)】
東京電力:4,038円
auでんき:4,036円

しかし、利用者の口コミを見ると、スマホの割引やポイント還元などが目的だから気にしないという人が多めです。

「auでんきが高い」「高くなった」という口コミも一部見受けられたので、理由についても考えてみました。

auでんきが高いという口コミについて、、、

あくまで私の見解ですが、auでんきだから高くなったということではないと思います。

実は電気代は、使った電気以外にも「燃料費調整」「再エネ賦課金」という項目で料金が請求されます。

「再エネ賦課金」は年に1回改定され、「燃料費調整」は毎月変動するため、前月と同じ電気使用量でも料金が変わることはよくあります。

一般的には、東京電力などの従来の電力会社と同じ料金を採用するので、auでんきだけが高くなることはありません。

「燃料費調整」とは

発電にかかるコストで原油価格によって毎月変動します。ガソリンが高い時は燃料費も高い可能性があります。

ただし、必ずしも上乗せされるわけではなく、原油価格が安い時には割引してくれます。

「再エネ賦課金」とは

ざっくり言うと、環境問題や災害時にも電気を確保するために、太陽光や風力など自然のエネルギーを普及させるようという動きがあります。

しかし、普及するまではお金がかかるため、国民みんなで負担しようというお金です。

2.auでんきはポイントで割引になる!

auでんきは料金が安くならない代わりに、Pontaポイントによる還元で実質料金を割引しています。

なので、Pontaカードを入手しているか、Pontaカードアプリのダウンロードが必要です。

そして、ポイントをもらうためには、以下のような条件があります。

【ポイント還元の条件】
以下のauのサービスを契約していること

・auのスマホ、UQモバイル
・auひかり、auひかりちゅら
など

※ auでんき契約者本人、または同居する家族が利用していること

前章でauでんきは電気料金が安くならないとお伝えしたように、お得かどうかのカギとなるのは『ポイント還元率』にあります。

どのくらいのポイントがもらえるのか?にフォーカスして確認してきましょう。

※povoもポイント還元の対象です。ただし、povo2.0を利用している人はau IDの統合が必要になります。

注意:電気だけでみるとポイント込みでも他の電力会社に劣る

結論からいうと、電気だけだとポイント還元はあまりお得とは言えません。

auでんきにするなら、ネットやスマホ、クレジットカードなどもauでまとめることで全体的にお得になります。

auでんきのポイント還元率は毎月の電気代によって以下のように変わります。

▶8,000円以上:5%
▶5,000円~8,000円未満:3%
▶5,000円未満:1%

※消費税抜きの電気料金で還元額は計算されます。

一人暮らしの平均の4,000円の電気代だった場合、40円しか安くなりません。
(1%=1,000円につき10円)

他の電力会社と比較すると、およそ月150円、年間1,800円くらいの差になります。

関東電気代
30A 150kWh
ポイント実質料金
auでんき4,036円40pt3,996円
シン・エナジー3,872円19pt3,853円
CDエナジー3,938円39pt3,988円

意外と同じくらいに見えるかもしれませんが、問題は電気代が高くなる夏・冬の時期。

人によって個人差はありますが、2,000円~3,000円高くなって嘆く人がたくさんいるので、注意して欲しいポイントです。

電気使用量が増えた時にできるだけ料金を抑えたいなという人は、auでんきよりも安い電力会社をおすすめします。

auでんきの評判・口コミを見ると、他の電力会社に切り替えたらポイントをもらうよりもずっとお得だったという人もいました。

一人暮らしだと以下の口コミほどの料金が変わることはないと思いますが、参考としてシェアしておきますね。

3.auのサービスをまとめることでポイントがどんどんお得に!

auでんきの最大のメリットは、まとめるとお得になることです。

auでんき+スマホだけでもお得感はありますが、さらにお得にしたい方は以下の2つも押さえてきましょう。

①ガスもセットで安くなる
②au PAYカード支払うとさらにポイントがもらえる

auでんきの評判を調べると、ほとんどの人がスマホの割引やポイントなど「まとめてお得にする」という目的でした。

中には以下の口コミのように、auで3万円分のポイントを貯める強者もいました。


auのガスについても詳しく見ていきましょう。

①ガスもセットで安くなる

auでんきを契約する人には、ガスもセットで契約することをおすすめします。

というのも、安いガス料金に加えて、セット特典でさらにお得になるからです。

ガスの対象エリアは4ヵ所で、以下のプランがあります。

ガスプラン料金セット割
東電ガス for au東京ガスより安い毎月102円分が
Pontaポイントで
還元される
関電ガス for au大阪ガスより安い
※関西では特に安い
ガス料金が
さらに3%割引き
中電ガス for au東邦ガスより安いガス料金の2%分が
Pontaポイントで
還元される
ほくでんガス for au北海道ガスより安いガス料金の3%分がPontaポイントで
還元される

ガス使用量に関わらず一人暮らしでも安くなるので、ガスも節約したい人には契約する価値があります。

関西エリアはセット割特典が料金割引ですが、その他のエリアはポイント還元なので注意してくださいね。

②au PAYカード支払うとさらにポイントがもらえる!

auでんきとガス料金をau PAYカードで支払うと、さらに100円=1ptが貯まります。

【例:一人暮らしで、auでんき+「東電ガス for au」をau PAYカードで支払った場合】
※東電ガスの場合は、ガス料金へのポイントは200円=4ポイント付与されます

電気:4,000円 ⇒ 40pt
ガス:2,200円 ⇒ 44pt
ガスセット割:102pt
au pay:6,200円 ⇒ 62pt

合計ポイント:248

上記でもらえるポイントの他にも、auポイントプログラムのステージが上がると、au PAYカード還元率が高くなるため、かなりお得になる人もいます。

ぜひ、これを機に支払いカードやポイントが分散している人はau PAYカードにまとめましょう。

4.UQモバイルが自宅セット割で安くなる!

UQモバイルの「くりこしプラン+5G」の人がauでんきにすると、UQモバイルの月額料金が下記のように割引されます。(自宅セット割)

(出典:UQモバイル公式サイトより)

すでに紹介したPontaポイントももらえるので、UQモバイルユーザーには特にお得です。

実際にauでんきの評判・口コミを調査すると、UQモバイルの割引目的でauでんきに切り替えた人や検討する人たちが多くいました。

※auスマホやpovoは「自宅セット割」の対象外なので注意しましょう。

auでんき申し込み~利用までの流れ

電力の切り替え手続きはとても簡単です。

必要なものを準備すれば5分~10分くらいで手続きできるので、サクッとお申し込みできます。

また、契約中の電力会社への解約手続きは、auでんきが対応するので申し込みするだけで大丈夫です。

申し込みから利用開始までは以下の3つのステップになります。

1. 検針票を準備
2.申し込み
3.利用開始

準備するもの~利用開始までの流れを確認していきましょう。

1. 検針票・au IDを準備

auでんき公式サイトにアクセスしましょう。

auでんきの場合、検針票の準備が不要なケースもあります。

契約中の電力会社を選択、申し込みをクリックして、以下のポップアップが出てきたら検針票が必要です。

検針票がない方は以下の情報を契約中の電力会社に確認しましょう。

▶22桁の供給地点特定番号
▶契約中の電力会社のお客様番号

2. ネットで申し込み

auショップや電話でも申し込みは可能ですが、おすすめはネット申し込みです。

申し込みボタンをタップした後、au IDでログインします。

もしもau IDをまだお持ちでない場合は、ここで新規作成をしましょう。

一般家庭向けには「でんきMプラン」一択です。内容を確認して完了してくださいね。

3. 利用開始

あとは待つだけ。

申し込み完了から約1ヶ月~1ヶ月半くらいで利用開始になります。

利用開始前に書面でお知らせが届くので確認して下さいね。

※一般的には検針日を基準に切り替わるため、具体的な日程を早く知りたい方は検針票を確認しましょう。

auでんきへの切替でよくある7つの質問

最後に、auでんきへ切り替えにあたって、よくある質問を7つの項目にまとめました。

疑問がある方は申し込み前に解消してくださいね。

1.初期費用や解約金はある?
2.アパートやマンションなど、賃貸でも契約できる?
3.スマートメーターの設置工事はある?
4.電気料金が高騰する可能性はない?
5.auでんきの請求はいつ届く?
6.Pontaポイントはいつ還元される?
7.auでんき契約者がau以外の携帯でも、家族のau携帯にポイント還元させることはできる?

それぞれの質問に答えていきますね。

1.初期費用や解約金はある?

初期費用や解約金は無料です。

また、申し込み後のキャンセルも無料になっています。

2.アパートやマンションなど、賃貸でも契約できる?

アパートやマンションなどの賃貸物件も契約できます。

ただし、管理会社やオーナーさんが建物全体で電力を契約している物件だと自由に新電力を契約できません。

3.スマートメーターの設置工事はある?

契約の際の初期費用はありません。

スマートメーターが設置されていない物件の場合、申し込み後に設置工事がありますが費用はかかりません。

また、立ち合いも不要です。

4.電気料金が高騰する可能性はない?

auでんきは、固定料金なので料金が高騰することはありません。

※電力会社の中には、稀に「市場連動型プラン」と言って、日本卸電力取引所(JEPX)の価格によって料金単価が変動するプランを採用しているケースがあります。

5.auでんきの請求はいつ届く?

auでんきの請求は、利用月の翌々月です。

例:5月利用分
⇒ 7月に請求される

※注意:auでんきを解約した場合、最終月の請求と新しい電力会社の請求が重なるケースがあります

6.Pontaポイントはいつ還元される?

請求月の上旬に還元されます。

例:5月利用分のポイント
⇒ 7月の上旬にポイント還元される

ポイントの確認は、My auまたはau PAYアプリからできます。

7.auでんき契約者がau以外の携帯でも、家族のau携帯にポイント還元させることはできる?

同居する家族であれば、ポイント還元可能です。

結論からいうと、別々に住む家族の場合もポイント還元は可能です。

条件として、契約しているau携帯とauでんきの住所を合わせる必要があります。

auでんきによると、契約住所と実際に電気を利用する住所は、別々にすることが可能で、名義も異なっていてもOKだそうです。

つまり、スマホの契約住所を電気を使いたい住所に変えるか、電気の契約住所をスマホに合わせれば、別に住む家族でもポイントがもらえます。

まとめ

auでんきの評判・口コミも交えて、一人暮らしでauでんきを契約する際のメリット・注意点など、押さえておきたい4つのことをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

電気料金は安くなりませんし、還元されるPontaポイントを見ても他の電力会社の方がお得です。

しかし、家の支出全体で見た場合、auでまとめると全体的に今までよりお得になることが大きなメリットになります。

逆にauのサービスをそこまでまとめていない人は、他の電力会社をおすすめします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

\口コミで話題の新電力/
『CDエナジー』

1.新電力トップクラスの安さ!
電気を使うほどお得な「ファミリーでんき」、一人暮らしも確実に安い「シングルでんき」など大人気の新電力◎

2.ガス料金も安い!
東京ガスより安いガス料金+セット割でさらにお得!!
毎月貯まるポイントは、電気代の支払いや他のポイントとの交換も可能!

初期費用0円!いつでも無料で解約できます!

電力切り替えは次回検針日です!
早めの申し込みをおすすめします!

コメントを残す

*