らんぷへようこそ

らんぷでは電力自由化による新電力について、こんなことを書いています。

・電力会社の評判・口コミ
・電気料金の比較
・キャンペーンや特典などお得なポイント情報
・提供エリア
・メリット
・デメリット

などを調査しています。できるだけ分かりやすく、お得になる情報を発信していきます。



格安料金と高額キャンペーンで人気!
『エルピオでんき』


3~4人家族で月々平均1,500円、年間約18,000円も安くなります!
10月31日までお得なキャンペーン開催中!

1.最大22,000円分の値引きキャッシュバック!
2.都市ガスで10,000円キャッシュバック+基本料金3ヵ月無料!!
※電気利用中でガスのみ申し込みの場合は基本料金無料は1ヵ月になります。

【エルピオでんきのお得ポイント】
1.最安水準の料金の安さ
2.いつでもお得な高額キャンペーン
3.解約金がないのでリスクなく申し込みできる
4.全エリア対応!無料の駆け付けサービス付き
業界トップ級の最安価格で節約額第1位を記録しました。(2016年6月時点)
関東圏では電気・ガスのセット契約が新電力の中でも1番安くなります。
利用者の口コミでも『キャンペーン』と『安さ』については高く評価されています。

料金を最安にしたい方は『エルピオでんき』をおすすめします。
\損したくない人は1日も早めの申し込みがお得!/

電力自由化のメリット!新電力へ切り替えた方がいい理由

電気の使い方はそのままで『努力なし』で電気代が安くなることが新電力切り替えの最大のメリットです。

しかも手伝きはとても簡単!

面倒くさいイメージがあるかもしれませんが、ネットで5分ほどで手続きは完了します。

たった5分で節約ができてしまいます。

ラクしてお得にしたい人、面倒くさがりの人にこそ、電力会社の切り替えはおすすめです。

新電力で使う電気そのものは変わらない

電力会社を切り替えても、供給される電気は同じです。

質が落ちることはないので安心して利用できます。

また、仮に契約した電力会社が倒産するようなことになってもその地域の大手電力がカバーするので、急に電気が使えなくなることはありません。

(例)
▶ 関東エリア ⇒ 東京電力
▶ 関西エリア ⇒ 関西電力

電力会社切り替えで必要なものと解約のタイミング

ここでは電力会社切り替えのタイミングと準備するものについてです。

ちなみに、アパートやマンションなどの物件でも電力切り替えは可能です。

ただし、建物単位で一括管理をしている物件の場合は個別の契約はできません。

お住いの物件がどちらか不明な場合は、不動産屋さんやオーナーさんに確認しましょう。

契約中のプランの解約金

まず、確認して欲しいのは契約中の電力会社で『解約金』が発生するかどうかです。

電力自由化前からずっと大手電力会社の『従量電灯』を利用している家庭は違約金はないはずです。

ただし、大手電力でも新しくできたプランだと契約期間や解約金があったり、申し込みキャンペーンによっては最低利用期間などの縛りがあるので確認が必要です。

新電力の場合も、電力会社によっては解約金が発生するので確認しましょう。

金額と契約期間によっては、契約満了前に解約して乗り換えた方が安いこともあります。

『解約金』『契約期間』『いくら安くなるのか』で検討してください。

違約金のない場合は、できるだけ早く切り替えることをおすすめします。

申し込みで必要なもの

ネットで申し込み際に必要な情報は以下になります。

※検針票や検針票がない方は領収書などで確認できます。

▶ 契約中の電力会社名
▶ お客様番号
▶ 供給地点特定番号(22ケタ)
▶ 切り替え希望日
▶クレジットカードや口座のわかるもの

切り替えから利用開始までの流れ

1.新しい電力会社に申し込み
2.スマートメーターの設置工事
3.利用開始

スマートメーターとはデジタルタイプの電力メーターです。

これによって使用量をウェブ上で確認できるようになります。

基本的には立ち合い不要、設置費用もかかりません。

※スマートメーターがすでに設置済みの場合は工事はありません。

おすすめの電力会社の選び方と注意点

新しい電力会社を選ぶ時のチェックポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

電気料金そのものが安い電力会社にすること

キャンペーンが高額だったり、ポイント還元がウリだったり、他サービスとのセット割があるとお得感があります。

付加価値やサービスがお得そうに見えても、元々の電気料金が高くてトータルの出費で考えると高くなってしまうプランなどもあります。
逆に、お得なサービスがない代わりに電気料金をどこよりも安い電力会社もあります。

なので『電気代そのものが安い』ということが重要になります。

市場連動型プランは避けること

『市場連動型プラン』とは、日本卸電力取引所(JEPX)の取引価格に連動して料金が変わるプランです。

レートが安い場合にはメリットとなりますが、高くなるリスクもあります。

2020年の年末から2021年3月の電力市場の高騰時には、電気代が10倍近くなったという口コミもあります。

各電力も対策をしているので今後、そのような異例の高騰にはなりにくいとは思いますが、当サイトでは『市場連動型プラン』はおすすめしません。

詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

初期費用が0円であること

多くの電力会社が申し込みでの初期費用が0円ですが、まれに手数料を設定している電力会社もあります。

払わなくていい電力会社がおすすめです。

解約違約金が0円であること

解約金についても多くの電力会社が無料になっています。

あっても1,000円~2,000円(税抜き)くらいが相場です。

5,000円以上、1万円以上は超高額なので、たとえセット割など割引があってもおすすめしません。

電気使用量と契約アンペアの大きさ

使用量少なめの一人暮らしと4人家族などでは、どんな電力会社が合っているのか変わってきます。

関西、四国、中国エリアなどはアンペア契約ではありませんが、
料金が一律なのか、量によって単価が変わるのかなど電力会社によって違います。

なので、どの地域に住んでいても自宅での『電気使用量』は重要なポイントです。

オール電化の家庭はプランに注意すること

オール電化向けのプランは増えてきているものの、まだまだ少ないです。

電力会社によっては申し込みが出来なかったり、オール電化向けプランに限定されてしまいます。

キャンペーンを利用する時は条件に注意すること

お得な申し込みキャンペーンには通常『適用条件』というものがあります。

(例)
▶〇ヵ月間利用すること
▶キャッシュバックは〇ヵ月後に送られてくるメール案内に沿って自分で手続きすること
など

新電力でよくあるキャンペーンの相場は2,000円~3,000円分でギフト券が多いようです。

数万円など高額すぎる特典の条件は注意して読んでください。

キャンペーンを利用する時には、できるだけ簡単に特典を受け取れるようにしましょう

評判・口コミの良い電力会社がおすすめ

評判・口コミは顧客満足度の指標の一つ。

満足できるサービスを提供しているのか?ユーザーを大切にしているのか?デメリットな何か?など、利用者のリアルな本音を聞くことができます。

残念ながら口コミが悪い電力会社もあります。

使用量の少ない一人暮らしには高くなってしまうプランを契約させたり、言われていたよりも安くない電気料金で乗り換えようとすると高額な解約金や縛りで解約できなかったり…。

契約後に後悔しないためにも評判・口コミからデメリットや評価の悪い部分を知っておくことをおすすめします。



圧倒的ブランド力と安さが人気!
『Looopでんき』


満足度二冠!!『価格満足度』と『サービス満足度』の2つの部門で1位を獲得しています。
(2020年3月サンケイリビング新聞社の『ウーマンリサーチ』発表)

3~4人家族だと、関東エリアなら1,000円、関西エリアなら1,500円安くなる!(平均の使用量の場合)
電気を多めの家庭は、年間3万円以上も節約できる可能性も...!

最大の60アンペアでも基本料金0円!ブレーカーが落ちにくいことも嬉しいところ。

料金の安さ・評判の良さ・満足度の高さは間違いなくトップです。

関東エリアは都市ガスとセットでさらに年間2,000円もお得に!
また、いざという時の電気のトラブルも無料で対応してくれます。(関東限定)

電気もガスも両方安いのがLooopでんきの強みです!

少しでも損したくない人はお早めに!